2012_12
30
(Sun)16:26

あっという間の年末

 吐き風邪のその後ですが、例によってほーちゃん→さーちゃん→旦那→あたひ、という順番でクリスマスごろまでしっかり続いていたのでした(汗)。年賀状……あと旦那の友人だけだ。
 ようやく落ち着いたと思うのですが、気づけばもう明日で今年も終わりです。うそーん。

 おせちの方は黒豆ときんとんを作り終えました。明日メインの肉巻きと煮物を作る予定。
 新年は二日から実家なので今回は少なめです。

 というわけでブログのテンプレも冬仕様に(仮)。
 この一年はろくにHTMLも組めなかった……
 来年辺り思いっきりHPのデザインリニュしたいなぁ。創作もいっぱいしたいなぁ。
 ……たぶん無理(逃)。

 先週読んだ本「金蘭の王国 君とはじまりの約束を」
「金蘭の王国 恋の嵐は王宮に吹いて」
「金蘭の王国 月満ちる鏡の里へ」
「金蘭の王国 君想う夜に夢の花は咲く」
「金蘭の王国 約束の日は遥かに」
 積読本シリーズ一気読み。中華風ファンタジーだと思っていたけど、どっちかというと古代日本っぽい世界観のアジア系でした。とはいえ内容はけっこうはっちゃけてます。除湿で妖怪退治するところとか(違)。最後の方はラブロマンスもしっかり堪能させてくれて、読み応えたっぷりでした。

 先週週末に読んだ本「ドラゴンは姫のキスで目覚める3 甘い策略にご注意を」
「ドラゴンは姫のキスで目覚める4 祝福のキスは波乱のあとで」
 二巻まで読んでてその後すっかり忘れてたシリーズ。どうにか完結まで読むことができました。
 ヘタレなドラゴンも恋をして成長しております。それにしてもシンシアのキャラ、ここまで奇抜だったっけ……(笑)。

 今週読んだ本「熱愛 南国王子のシンデレラ」
 南国風のロマンスということでいまの時期に読んで気分だけでも熱くなれた、かな(仮)。性に奔放なマディが妙に可愛かった(ぇ)。

 一昨日読んだ本「囚愛 籠のなかの花嫁」
 こちらは中華風(というか香港風?)ロマンス。お互い一途に思っているがゆえの激しさ、みたいなものを最初から最後まで感じることができました。ラストは思わず泣きそうになったっ。

 Web拍手お返事。
 ノロさんにやられてブログから遠ざかってましたが、ぽちぽち拍手をありがとうございます。
 なんとか元気になって新年を迎えられそうです。

 そんなこんなで今年最後の日記がこんなんですいません(逃)。
 どうか風邪には気をつけて、みなさん良いお年をお過ごしくださいな。
2012_12
16
(Sun)15:57

吐き風邪到来

 ほーちゃんの嘔吐で今日ははじまりました。
 明け方に昨日食べたものをぜんぶ出して、そのあとは飲んだものも受け付けず。
 そういえば幼稚園でノロだかロタだかはやってるなぁとか、幼稚園バスで一緒の年少さんの子がつい先日まで吐き風邪してたっていってたなぁとか、すぐさま思い浮かぶ時点で「あ、幼稚園でもらったのね」と素直に受け入れた自分がいます。
 熱はないのですがやはりだるいようで、今日は一日ぐったりしております。
 明日は幼稚園お休みさせて病院行き決定であります。
 それよりさーちゃんにうつったら大変だと思いつつ、さーちゃんはまったく親の心配を気にせず今日もおねえちゃんのあとをついて回っているのであります。ふー。

 先週読んだ本「乙女風味百鬼夜行 怖がり令嬢と視える婚約者」
 前作とは打って変わって可愛らしいラブコメディ。雑誌掲載された短編をもとに作られたほのぼのした気分になれる連作短編集です。双子萌は作者さんの趣味だったのだね。美少女だけどおばかさん、ってキャラクターが憎めなくて好きです。あと、花の描写がとても綺麗でした。素敵な物語をありがとうございます♪

 一昨日読んだ本「狐と乙女の大正恋日記 貴女に、永遠に憑いていきます?」
 思ったより駆け足な感じのシリーズ最終巻。四人兄弟の父上が登場が急展開につながった模様。
 四人の父親がどんな人か想像できなかったのですが、叔父さんが苦労されてるのがよくわかるような人柄でした。そして主人公ふたりは箱根です(何)。ここで小田急使いますか(笑)。架空のファンタジーだけど妙にリアリティがありました。初々しい恋人たちの姿も微笑ましかったです。ラストの冬馬さんカッコ良い。

 Web拍手お返事。
 昨日の日記にさっそく拍手をありがとうございます!
 ほーちゃんは誕生日前日に風邪ひいちゃいました……ケーキはしばらくおあずけです(泣)。
2012_12
15
(Sat)16:47

冬休みの足音

 いよいよ幼稚園の冬休みが秒読み段階です。
 今週の半ばからお弁当もなくなってしまい、お昼ご飯を食べたら公園行って夕方まで遊ばせっぱなし、な日々が続いておりました。
 今日も幼稚園は午前保育があったのですが、今日は旦那が仕事休みの土曜日なので、午後から旦那の実家に連れて行ってもらっています。さーちゃんとあたひはお留守番です(ようやくゆっくりパソコンできる~)。
 ちなみに一歳半健診ではさーちゃん、極度の人見知りと場所見知りで終始泣き続け、発達の検査ができず(泣)。
 三ヶ月後にもう一度様子を見せに行く羽目に陥ったのでした。
 一人目より二人目のほうが育てやすいなんて嘘だ~!

 雑誌cobalt一月号読了。軽く一言感想。
「炎の蜃気楼 幕末編 獅子吼える~決戦前夜~」……前夜、とタイトルにあるようにいいところで話が終わっております(ボソ)。
「伯爵と妖精 ―極上のパウンドケーキはいかが?―」……バター妖精のバターで作ったパウンドケーキ、美味しいんだろうなぁ。自分も思わず作りたくなりました。
「悪魔のような花婿 天使な小悪魔」……赤ちゃんってこういうもんです(ぇ)。いきなりはいはいからつかまり立ちは早すぎるけど。
「ぼんやり姫と雪色の恋」……ヒストリカル特集に入ってはいるものの、どちらかというとファンタジー色が濃いかな。
「猫様のギフト」……思春期にこんな贈り物があったら素敵。
「乙女銃士 ~マスケティアの華麗なる嘘つき~」……マスケティアというと豆文庫の某作品を思い出すが、こちらは性別を偽装して頑張ってるキノコの成長物語(笑)。
「むしめづる姫異聞 ―王朝スキャンダル―」……ジャパネスクを思い出すなぁ。帝の軽いキャラが味わい深い。
「執事の完璧なる淑女教育」……ヒストリカルでこのあたりが舞台って珍しいなぁと思いつつ、楽しく読めました。
「コンシェルジュの煌めく星」……女の子が喜びそうな要素がふんだんに入ってて、自分も一緒になってドキドキしてました。
「すべての道は吸血鬼へ続く」……イラストの数がふだんより多かった気がする(ボソ)。
「星塵秘話」……後味は悪いけど世界観は好き。

 Web拍手お返事。
 12/10に拍手をありがとうございます!
 明後日はほーちゃんの五歳の誕生日です。

 それから忘れていた先月の読書メーターです。
 追記に載せときますね~。

続きを読む »

2012_12
10
(Mon)14:40

せわしなく年末準備

 週末はお風呂の大掃除に窓掃除、幼稚園のリサイクルに衣類を出したり。
 それでもまだまだ整理整頓しようと思えばできそうな今日この頃です。
 というか明日で幼稚園のお弁当が終わってしまいます。早すぎる~。

 大掃除だけでなくクリスマスに向けてのあれやこれやも漠然と考え中。
 それから年賀状もとりあえず買っておきました。今週末あたり作業ができればいいのだが。
 どれから手をつけましょう(逃)。
 その前に明日は幼稚園で十二月生まれのお誕生会とさーちゃんの一歳半健診があるのです。ひゃー。

 本を読む暇はないけど、なんとかコバルト最新号を半分くらい読んでます(笑)。
 読み終わったらまた感想書きますね~。

 創作的小話。
 年末準備やら幼稚園の行事やら忙しくてそれどころじゃ(以下略)。
 だけど書きたい欲求はあるのでなんとかしたいなぁ。

 Web拍手お返事。
 いつもありがとうございます、以下お返事です!

続きを読む »

2012_12
05
(Wed)16:26

妹の結婚式

 十二月の一日は実妹の結婚式でした。
 前日から帰省して北陸からやってきた親戚と合流し、翌日は早朝から美容院に行って髪の毛を結い上げたりドレスを着たり。ほーちゃんとさーちゃんもドレスでおめかし。とはいえさーちゃんは人見知りと場所見知りがひどくて終始泣いておりました(汗)。
 朝一で旦那も実家に来て、準備ができたところでタクシーに乗って結婚式が行われる神社へ。
 妹は神社で本格挙式をしたのであります。朱色の色打ち掛けが素敵でした。
 赤い番傘のしたで新郎新婦が神殿に向かって歩いていく姿がまた絵になること。うっとり。
 挙式のあとはお隣の別館(?)にて披露宴。去年できたばかりの新しい披露宴会場でした。
 ほーちゃんはリングガールとして新郎新婦へ指輪を手渡す大役を任されたものの、眠気にやられてグロッキーな状態で本番に臨むというダメダメっぷりを披露してしまう始末。というか娘ふたりが結婚披露宴の途中でお昼寝してしまい椅子でベッドを作ってもらうという状況に陥るとは誰が想像したでしょう(汗)。新郎新婦はじめお騒がせしました@我が家の娘たち。
 お色直しは白のウェディングドレス。ドレスの裾が波打つようでこれまた素敵。
 鏡開きやらプロフィールDVDの上映やら日本舞踊やらギター弾き語りやらミシュラン一つ星のシェフがプロデュースしたお料理やらバンサンカンの引き出物カタログやらいたるところでこだわりを見たような気がします。そのぶん新郎の着物は自前だったり装花がシンプルだったりと引き締めるところは引き締めてる感じ。いろいろ考えていたんだなー、と思ったり。
 とはいえ我が家のさーちゃんが寝る以外はほぼ泣いていたので(笑)、じっくり結婚式を楽しむ余裕もなく。写真もあんましとれませんでした(汗)。
 とはいえ、正月に帰省したら妹夫婦と食事する機会もあるだろうし、そのときにはプロのカメラマンが撮影してくれた写真をあれこれ見せてくれることでしょう。
 非日常的な晴れやかな祝いの場は心が踊ります。
 なにはともあれ結婚おめでとう、妹よ。

 先月読んだ本「花神遊戯伝 よろしく響け、この異世界」
 主人公の周りの濃いキャラクターたちに相変わらず圧倒されてる感じです。朝火さんの発言ひとつひとつに感嘆しきり(何)。異世界に迷い込んだ主人公の成長もゆっくりながら感じられた、かな。

 月初めに読んだ本「花宵の人形師 あるじ様と奪われたくちづけ」
 同居ラブらしき展開がいたるところで見えた一方、スローペースな展開にヌルさも感じたり。全貌が見えないからよけいそう感じるのかも。とはいえ謎めいた色っぽい男たちが少しずつ本性をのぞかせていく姿はたまりませぬ。

 Web拍手お返事。
 バタバタしているあいだも拍手をありがとうございます。
 十二月はまだまだ予定がたくさんです。次はほーちゃんの誕生会とさーちゃんの一歳半健診(同日)だっ!

 創作的小話。
 とりあえずcobalt最新号は入手しました。ノベル、今回の受賞者さんたちはどの方も常連さんみたいですね。名前のあった方々おめでとうございます。
 あたひゃこれ見てロマンよりジュリエット頑張る、と思ったり思わなかったり(?)。
 っていうか創作する時間がまずないんですけど(涙)。