2011_06
29
(Wed)14:08

夏風邪巡回

 どーもごぶさたしてました。
 この間家族みんなで夏風邪ひいたり娘たちを連れて実家に帰ったりしてたためブログの更新まで手が届きませんで。ええ、いつものことです。ちなみに夏風邪はいまだ我が家を巡回中。先週あたりから幼稚園でも風邪やらプール熱やら流行り出したとかで(なぜかおたふくかぜの子もいた)うちもその洗礼にあったわけです。最初は咳だけだったけど先週末に熱が出て幼稚園早退したのを皮切りに高くなったり低くなったり繰り返し。お薬飲んだら落ち着くけど子どもはおとなしく寝てくれないため長引くのが常。そしてそんな状態で赤ちゃんにキスしたりするから当然さーちゃんにも(汗)。こっちも咳とくしゃみを寝ながらしております(器用だ)。早く治ればいいんだけどこの陽気だともうちょっとかかるかなぁ……
 昨日は旦那が会社を早上がりして病院行って風邪の引きはじめだと薬をもらってるし。
 梅雨だ梅雨だといいつつ晴れて暑い日が続いてたりするし。差が激しいからねー。
 ほんと、風邪は厄介でありまふ。

 そんで読み終えた本のメモ。まだまだ積読溜まってます。
 本棚の本が溢れて来たのでもうちょっとしたら整理もしたい今日この頃です。

 先週読んだ本「薄桜鬼 参」
 近藤さんが投降された場面では思わず泣きそうになりました。どんどん切なくなりますね。

 先週読んだ本2「風読みの巫女とはぐれ退鬼師 恋月夜の儀式」
 シリーズ二巻ようやく読みました~。ツンデレなヒーローとヒロインの恋は一歩前進したようで微笑ましいです。

 先週読んだ本3「瑠璃の風に花は流れる 闇の聖王」
 こちらはクライマックス直前。ラストの台詞に痺れました。完結巻がでる秋が楽しみです。

 さいきん読んだ本「風水天戯 巻之二 結べ! 師弟のきずな」
 主人公とちっちゃな仙人がひとを救うための風水を通じて絆を深める第二巻。太極拳が思いがけずカッコ良い(笑)。

 週末に読んだ本「フォーチュン・オブ・ウィッカ3 タロットは夢をいつわる」
 夢の中で呪われたヒロインが呪いを解くために翻弄される姿とふたりの関係の微妙な変化と華やかな舞台が魅力的でした。

 創作的小話。
 そろそろノベル参加される方は追い込みかけてるのでしょうか……頑張れば一本くらい送れそうな気がしないでもないけど(妊娠中に途中まで書いていた「暁」を書きあげられればの話)どうしようかなぁ(悩)。なんてことを思いながらファイル開いてちょこちょこ書き足したりしてました。ギリギリ祭するつもりで臨めばなんとかなるんで誰か励ましてあたひを追い詰めて(オイ)。

 Web拍手お返事。
 パソコンから離れている間も拍手をありがとうございまする。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2011_06
19
(Sun)12:31

睡眠不足な日々

 家事育児はほぼ通常運行に戻ったものの、まだまだ体調は本調子ではありませぬ。
 この一週間はまともに眠った気がしません(汗)。常に授乳してるかあやしているかうとうとしているか……
 さーちゃんの授乳の感覚はだいたい三時間おきくらいなのだが、夜だとなぜか二時間おきに欲しがったりするのだ。
 夜寝る前は寝る前でたっぷりおっぱいあげるのであげてるこっちがうとうとしてくる始末。
 首が据わっていれば添い寝してあげてもいいのだが、生後一カ月ちょいの現在だとふにゃふにゃしていて怖いのでいまはまだ起きあがって膝の上での授乳です(だけど生まれた頃よりかはしっかりしてきたと思う)。
 まぁ赤ん坊なのでこれは仕方がないこと。
 そしてもうひとり我が家には夜泣きする娘、ほーちゃんが(笑)。
 こちらも日中興奮したりすると必ず夜中にわけがわからない状況で泣きわめくという(どうやら夜驚症というらしい)。ここ数日は寝像が悪いくらいで夢遊病のように暴れることはないのだが、こっちも成長とともに症状がおさまるまで見守らねばならないため要するに大変なのです。幼児期の夜泣きのなかではあまりにひどいようなら精神安定剤処方されるなんて話もきいたけど、まぁ我が家のは赤ちゃんがえりの延長なので一年くらいすれば自然とおさまることでしょう。とはいえこっちが寝ている時にやられるとイライラしちゃうのも事実(苦笑)。
 それに授乳中だからコーヒーが飲めないのもちょっと辛いです。寝不足の朝をしゃっきりさせるカフェインレスのいい飲料って何かないかなぁ……

 以下ざっくり今週読んだ本のこと。ようやく読むペースも通常運行になってきた(仮)。

 先週読んだ本「乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと誘惑のマドンナ」
 マドンナさんの正体があの方だったのに驚き。そして頑張るパパの方向性がぶっ飛んでる所に爆笑。

 さいきん読んだ本「悪魔のような花婿 薔薇の横恋慕」
 いろんな伏線がこれでもかと暴かれる快感(オイ)。どのキャラもとっても魅力的でした。

 数日前に読んだ本「月の瞳のエゼル ~恋の扉と閉ざされた鏡~」
 最初の頃から比べると主人公が弾けてきました(笑)。恋をして変わっていく姿が微笑ましいです。

 一昨日読んだ本「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと陽のあたる階段」
 いよいよ身分違いの結婚に向けて動き出したふたり。だけど階級の差という壁に阻まれ前途多難。とことん応援したくなります。

 昨日読んだ本「姫君達の晩餐 焼き菓子で物語は終わる」
 童話シリーズ完結巻。ずっと謎だった二百年前の魔法が解き明かされ真実を知るのですがこれがまた複雑なこと(笑)。母親になる早苗に共感しっぱなしでした。めでたしめでたしはやっぱりいいものですね。

 Web拍手お返事。
 6/13 12:00と18:00にそれぞれ拍手をありがとうございます。
 眠いけど眠いだけでそれ以外は元気です(笑)。
2011_06
13
(Mon)12:29

通常運行(主に家事育児)

 ようやく自分の産後一カ月健診も終わり、これでいつもどおりに動けるかなぁと思ったものの、現実はなかなかそうもいきませぬ。バタバタな朝はほーちゃんを幼稚園バスに送って家に戻ればさーちゃんの授乳と家事の山。洗濯機をかけながらしばらく掃除をさぼっていたお風呂マットの裏側のカビを撃退しようとするも、カビキラーが途中で終わってしまったため今日はこれまで(笑)。掃除機かけてたらまたさーちゃんのスーパーミルクタイム(わかるひとしかわからないネタ)が入って気づけば午前中があっという間に過ぎていきます。パソコンひらく時間ができるのはようやっとお昼頃ってな感じ。それもメールチェックするので手一杯(ネットサーフィンしているうちにほーちゃんのお迎えの時間になる……早いよっ)。ブログの更新はどうしても後回しになってますスイマセン(逃)。

 そんな感じで気づけば生後一カ月を過ぎたさーちゃん、昨日は初めて電車に乗っておでかけしました。でも終始寝てました。
 あたひも電車に乗ったのは久々で、行くだけで疲れました(オイ)。ちなみにさーちゃんはパパの横抱っこでほーちゃんは歩き(最後の方は疲れてきてたけど一緒に追いかけっこしたら家まで頑張ってくれた)。特に何を買うなどという目的もなく(旦那がベースのネジを探して楽器屋見たけどなかった)、ランチをするにも客でごった返してるので早々に戻り、結局最寄駅前のファーストフードでほーちゃん所望のポテトに落ち着くというなりゆきまかせっぷり(いつものこと)。さーちゃんの首がすわって外出が楽になったらほーちゃん幼稚園行ってる間に本屋とか本屋とか本屋とか行きたい(←中毒症状出てます・くどい)。ひとりでゆっくり本屋で二時間立ち読みとかしてた独身時代が懐かしすぎる。っと、話がズレた。

 そういうわけで雑誌cobalt最新号読み終わったんでいつものようにヒトコト感想書いときます。
「伯爵と妖精 ―しあわせのしるし―」……幼いころのリディアのイラストが可愛いです。エドガーの言動も可愛いです(オイ)。
「乙女☆コレクション スズメと夏祭りのベーゼ」……まさかリーゼントで登場するとは@眼鏡執事。
「魔女の処方箋 ―薔薇色の媚薬―」……洋風のお話になってもやっぱり初夜萌えなんでしょうか(笑)。
「悪魔様のお気に入り ~炎の試練~」……フェンリルがご主人さまのために頑張る健気な姿にトキメキ。
「アンとリチャード」……水谷悠珠さんとのコンビは久々ですね。ほんわかしつつもドキドキしちゃいました。
「甘い生活」……さりげなく他のシリーズとリンクしてるところは流石。不器用な再婚夫婦の今後に幸いあれ。
「鬼舞 見習い陰陽師と六条の借家」……いま漢字変換したら「六畳」になってしまいました、平安時代で六畳はありえない(ボソ)。
「都市伝説 ―遊園地―」……悪い子の定義が微妙に思える(笑)。でもその曖昧さが恐怖に繋がるのかも。
「密やかな紅」……官能小説with中華風下剋上! 野田みれいさんの色っぽいイラストがまた素敵。
「熱砂の恋」……文庫じゃないからちょっと読みづらく感じたけど王道な物語はカッコ良かったです。
「オペラグラスの正しい使い方」……短編では珍しく華やかで可愛らしいお話だと思いました。女の子受けはするね。
「戻れ!」……ホラーっぽいけどあくまでラブコメなのかな? 朝子ちゃんみたいな主人公は嫌いじゃないです。
 あと、小説じゃないけど四位広猫さんの漫画版「嘘姫」がめっちゃ切なかったデス。
 あとむしろまとまった時間が取れない最近は短編集とか読んだ方がいいのかもしれない、なんて思う今日この頃(とはいえなんだかんだ長編も読んでしまうのだろうきっと)。

 Web拍手お返事。
 遅~くなりましたが6/4 18:00と23:00にそれぞれ拍手をありがとうございました♪
 おかげさまで産後健診問題なしです。ホッ。
2011_06
04
(Sat)16:43

生後一カ月

 今日でさーちゃん生後一カ月です。
 昨日は小児科に一カ月健診行って、身長が五センチ以上伸びてたという驚愕の事実を目の当たりにしました(笑)。
 三十日でこれだけ伸びるのだね、どおりで生まれたて仕立ての洋服が小さくなるわけだ。
 ちなみにほーちゃんが一カ月だったときは五センチも伸びてませんでした。まあ生まれたときが大きかったからでしょうけど。
 来週はあたひの一カ月健診があります。それが済めばすこしは落ちつける……かなぁ?

 気づけば六月に入ってますが、相変わらずバタバタしてて自分の時間が取れませぬ。
 本を一冊読むのに何日かかるんじゃ、って感じ(え、ふだんが早すぎるの?)。
 まぁそういうわけで積読は溜まっていくのさ相変わらず。
 そんで読み終えた本も少ないですが忘れないように書いとこうと思います。メモメモ。

 先週読んだ本「王子様の花嫁学校」
 前作と比べてとても可愛らしい仕上がりの今作品。市井の娘が王子様の花嫁候補になってなぜか夜のレッスンまでしちゃう弾けっぷりが(笑)。女の子たちの友情や時計職人の一途な姿もポイント高かったです。

 さいきん読んだ本「マフィアに捧げるラブソング」
 1920年代のアメリカを舞台にしたちょっぴりオトナなラブストーリー。マフィア同時の抗争シーン(?)はまさかの展開に驚き。ちなみに女の子が主人公なので血腥くはないです(たぶん)。感動のラストまで一気に読めちゃいました。

 今日読んだ本「半分だけの妖精に、キスを。」
 久しぶりな時海先生の読み切り作品。そして増田メグミ先生との久々コンビ! カラーピンナップだけでもこれは一見の価値ありだと(笑)。物語はキス満載だけど色気は少なめ、かも?

 創作的小話(本人蚊帳の外)。
 まぁそういうわけで六月ですよ。青色雑誌はちゃんと定期購読で届いてますがロマンはやっぱりな選外だし(ダメじゃん)、短編はそもそも参加した記憶もないため(オイ)今回自分の影はどこにもないです(懸賞も最近外れ続きでしょんぼり)。お名前のあった方々おめでとうございます~!
 とはいえ今月号も仲良くしていただいている創作仲間さんの作品やら新刊情報やら盛りだくさんなのでじっくり読ませていただきたいと思います。キスハグですよむふふ(ぇ)。
 特に雑誌で注目なのは香月せりかさんもとい葉月エリカ先生の官能デビュー作品ですよ! まさかその後ろにゆきの飛鷹先生の作品が並ぶとは(ボソ)。
 それから新人さんたちの文庫表紙カラーイラストも素敵です。今月は長尾さんと彩里さんが祝文庫デビュー(もちろん買いました)!
 ほかにも気になる新刊があっちこっちで勃発中。
 そんなわけで積読はどんどん溜まっていくのですよ(逃)。

 Web拍手お返事。
 ぐだぐだな中でも拍手をありがとうございます~。
 以下、お返事です。

続きを読む »