2011_05
29
(Sun)17:09

梅雨と台風

 気づけば梅雨入りして、台風もやってくるという今日この頃、いかがお過ごしでしょうか(笑)。
 こっちは季節の変わり目の風邪を引いたなか子育てをしてるのでてんやわんやです。喉の痛みと咳と一週間くらい格闘中。授乳中なので漢方薬でしょぼしょぼ対抗してます。だから長引く(逃)。
 しかもほーちゃんの赤ちゃんがえり(?)やさーちゃんの授乳に追われているうちにあっという間に時間が過ぎてる感じ。実家から母上の応援もちょこちょこ入るので家事自体はそれほどしてなくても、なんか妙に疲れる日々を送っております。まぁそのうち慣れるというか思い出すんでしょうけど(特に夜ね)。
 そんなこんなで長い五月も気づけばあと数日。六月に入ったらすこしは外出できるかな。でもどっちにしろ梅雨で外に出るのが億劫になるのが目に見えていたり……

 スローペースとはいえ読み終えた本も溜まってきております。以下ざっくりメモメモ。

 先週読んだ本「マリーナ・ロマンス 巫女と海賊」
 肉食系(笑)。海賊モノも最近あちこちで見かけるけど、これはこれで素敵なお話でした。

 先週読んだ本2「海が愛したボニー・ブランシェ ―湖上の城に恋は燃える―」
 ようやく女の子がいっぱいでてきました(オイ)。ローズ一家が素敵。

 さいきん読んだ本「海辺の恋人たち」
 前巻の続編というか完結編? 最後の話はまさかの結末に思わず涙。

 数日前に読んだ本「奪略のエンゲージ 花嫁は蜜に濡れて」
 結論が先送りになってる婚約を奪い合う話(オイ)。このままだと三人で仲良くしてそうな気がしないでもない……

 一昨日読んだ本「夜の神話」
 主人公が死んで冥界に行って恋する話(略しすぎ)。ベタだけどこの手の話は好きです。ロマンティックで。

 Web拍手お返事。
 パソコンから離れている間も拍手をありがとうございます!
 もうしばらくは週1くらいの更新になると思います。

 珍しく創作的小話。
 過去の原稿で第六回のル杯に使えそうなネタを見つけたのでそのくらいを目途に投稿再開できたらいいかな、なんてぼんやり考え中です。まぁまだ時間はかかりそうという話。
2011_05
22
(Sun)15:07

療養半ば

 産後二週間あたりから少しずつ家事をはじめて身体をならしていきましょう、なんて退院後の手引き(病院でもらった)には書かれてますが……二人目だとそんなにゆっくりもできないですね(今更)。退院翌日に人手がないから渋々幼稚園バスの送り迎えをしたり溜まっていく洗濯物を見るのがイヤだからと一日に何度も洗濯機をまわしたり……そのノリで気づけば産後二週間なんてあっという間に経過してるのでした。とはいえ仕事の合間を縫って母上は泊まりがけで手伝いに来てくれるし、義母も幼稚園のイベントの代理を買って出てくれてるし、実家が遠いひとから見たらまだまだ恵まれている環境なのかもしれませんね。
 なんだかんだで来月あたまには一カ月健診です。問題ないといいな(オイ)。
 あとそろそろ内祝の準備もしなくちゃ(汗)。旦那の会社のひとたちのお返しに何がいいか悩む今日この頃。

 先週読んだ本「狼と勾玉 ~夜空に月の舟浮かべ~」
 呪われたヒーローと主人公の変わらぬ愛にときめきつつも、更に過酷な試練が垣間見える第二巻。
 そしてなによりあとがきで語られていた狼=大神って萌えポイント(笑)に激しく同意しちゃいました。

 一昨日読んだ本「人形草紙 桜下の誓いと散華の絆」
 第一回のアイリスさん新人賞受賞作品。こんな風に本が出版されると感無量でしょうね。
 和風ラブファンタジーとありますがラブより主人公と人形の主従の絆の深さの方がグッと来る感じ。
 今後の活躍期待しております~。

 昨日読んだ本「義兄 明治艶曼荼羅」
 明治時代が舞台の禁断関係の物語。それだけでツボります(オイ)。
 主人公である義妹に執着する義兄のどこまでもねちねちしたところがまた見どころ。
 とはいえストーリー的にはよくある話かなぁ。女性向けでここまでの地獄絵図にチャレンジしてるってのは凄いと思うけど。

 Web拍手お返事。
 5/17から5/19にかけて拍手をぽちぽちありがとうございます!
 以下、お返事です。

続きを読む »

2011_05
17
(Tue)12:30

陣痛から出産まで

 以下、入院中に携帯でぽちぽち打ってた日記まがいの記録です。
 いま思うと随分冷静だったなぁ@自分。

5/2 22:30
ふだんとは違う痛みに気づく。寝ているのも辛くなるので起きて本を読みながら陣痛らしき痛みの間隔をはかりはじめる。

5/3 0:30
二十分から三十分の間隔で痛むので産科に電話。とりあえず来てくれとのことで旦那にタクシーを呼んでもらい寝ていたほーちゃんも連れて出発。

1:00
病院到着。モニターをつけて陣痛室に入るも痛みの波が遠のいていく。
すぐに生まれることはなさそうだと旦那とほーちゃん一時帰宅。

7:00
前駆陣痛だったみたいでその後も変化なし。とはいえ微弱ながらも陣痛がつづくため結局病室でスクワットに励むことに。

15:00
スクワット効果か陣痛が強くなる。心音モニターの赤ちゃん絶好調。
このまま夕方には生まれるかな?と子宮口も広がりを見せるも、その後は沈静化。
旦那とほーちゃん、実家の母上が来る。

22:00
夕飯前に三人は帰り、この日は陣痛室のかたい台の上で時々くる痛みと格闘しつつ就寝。

5/4 6:00
再び痛みが強くなる。
電話で旦那を呼び出すものの、微弱なままのため朝食後から誘発剤の点滴をはじめる話に落ち着く。

10:00
他の患者さんの緊急帝王切開がはいったこともあり予定より遅れて点滴スタート。

12:00
母上がほーちゃんを連れて来院。
順調に点滴がすすむ。
生まれる前に昼ご飯にありつく。

15:00
規則正しく陣痛がつく。立ち会いのために旦那が白衣を着る。ほーちゃんは母上に抱っこされて昼寝。

15:45
破水したらしい。そこから五分足らずで出産。3030gの女の子。
しばらく分娩台で赤ちゃんと横になる。
昼寝から覚めたほーちゃんは自分がお姉ちゃんになったのを知ってぽかんとした表情に。
赤ちゃんの名前はほーちゃんの一存で「さーちゃん」になる。これから漢字考えなきゃ!

18:00
赤ちゃんは新生児室へ。母上はいったん実家に戻り明日父上と来るとのこと。
あたひは旦那に夕飯を食べさせてもらう。ほーちゃんも一緒になって肉じゃがをつまむ。
ご飯を終えて旦那たち帰宅。あたひ病室へ移動。そのままぐったり就寝。

5/5
夜中に後陣痛に悩まされるもののロキソニンを処方してもらいどうにか乗り切る。
今日から母子同室開始。

5/6
なぜかいきなり家族四人で海に行く夢を見る。ほーちゃんがクラゲを怖がってました。
昨日は「さーちゃん」だったのにほーちゃんは「あかねちゃん」と新たな名を言いだした。

5/7
病院で名づけの本を借りる(重症)。最近の名前のバラエティ豊かさに唖然とする。
この日の夕飯は翌日退院の患者さんに合わせてステーキ膳(本来退院前日に出るけど一緒になった)。美味しかったー。

5/8
なんだかんだでやっぱり「さーちゃん」に落ち着きそう。
漢字は画数判断の結果、すぐに読めるけどありそうでなさそうなものに。
ほーちゃんと姉妹っぽく同じ漢字を使ってみる。

5/9
退院。おみやげいっぱいもらった。

 ……そんなこんなでゴールデンウィークは見事に病院の日々でした。
 祝日分娩だったからふだんよりお値段が張ってるけど(笑)。それでもほーちゃん産んだ時よりは安いと思います(オイ)。
 さーちゃんは時々目をあけてきょろきょろしつつも、まだ寝ている方が多いです。まぁまだ生まれて二週間だし。ほんとうならいまくらいが予定日だったし(笑)。

 一昨日読んだ本「夢見る宝石と銀色の恋人 ダイヤモンド・スカイ」
 積読にしてたのが勿体なかった(オイ)。読みはじめたら止まらず、です。しょっぱなから皮を剥ぎとりましたね(あとがき参照)。空を泳ぐ海賊って時点で疑わしかったけどこれでようやく納得できました(笑)。改めてとても素敵な世界観(深く突っ込むとネタばれする)とロマンティックな物語、つづきも近いうちに出版されるみたいで楽しみです。

 昨日読んだ本「聖鐘の乙女 水晶の笛と闇の時計」
 こちらも積読になってた気づけばもうシリーズ第九巻。楽譜の謎と主人公の恋愛模様がようやく本格始動?
 今回はお留守番組だったサリアン王子が今後どんな風に歩み寄るのか興味深いです。

 Web拍手お返事。
 5/15、5/16と拍手をありがとうございます! 以下お返事です。

続きを読む »

2011_05
15
(Sun)14:05

出生届。

 そういえば退院してまだ一週間経ってないのだね。
 次女もまだこの世に出てきて十日をようやく過ぎたばかり。とはいえ十四日以内に出生届を出さねばならないため昨日は家族で病院の母乳外来に行ってからタクシーで市役所へ。ところが土曜日は役所お休みで唯一やってる出張所を守衛さんに教えられて結局あたひと娘たちはタクシーで家に戻り、旦那だけ手続きのため別行動する羽目になりました。
 なにはともあれ次女の出生届は出せたのでよし。後日戸籍の確認をしてから母子手帳に判子を押してもらうとのことですが、それは慌てなくても大丈夫そうなので保険証作って医療証の手続きをするときに一緒に出張所でやってもらうことにしました。
 ちなみに名前は「さーちゃん」です。職員さんに何度も漢字の確認をされたらしい。「紗」と「沙」って似てるから間違って登録されたら大変だ(ボソ)。
 今後しばらくは実家から母上の応援を受けつつ、赤ちゃんがえりしつつあるほーちゃんともどもお世話に明け暮れる日々になるかと思います。むふー。

 そして読み終えた本や積読本があれこれ溜まってます。産後の読書は身体に毒だと母上に釘を刺されつつ、やっぱり読んでないと落ち着かない性分の自分はスローペースながらも活字に漂う日々……うん、ほどほどにするよ(逃)。
 とりあえず出産直前直後に読んだ本のメモ。いつ読んだか記憶が曖昧になってるのでいつも以上にアバウトに記録してます(笑)。

 ゴールデンウィーク前に読んだ本「戦国恋姫伝 封印の宝刀」
 いまさらですが帯に書かれた応援メッセージ(二十代主婦)はあたひのことです(ボソ)。販売促進に役立った……? 今回は海の孤島が舞台で水軍も出てきて前回とはまた異なる雰囲気でした。次も楽しみ~。

 ゴールデンウィーク前に読んだ本2「花は桜よりも華のごとく 第三幕・鬼炎万丈」
 主人公カップルが互いを想い合う姿が相変わらず素敵です。芸に打ち込む姿も。そしてクセのある新キャラたちにまさかの……(逃)。

 陣痛が起きたときに読んだ本「アリアではじまる聖譚曲 求愛者は聖女に殉じる」
 夜中に前駆らしき陣痛が起きて寝てられないなぁと読みはじめ、陣痛が規則正しくなるときには読み終えていたという(笑)。クラウディオが切なすぎる驚きの完結巻でした。

 病院で陣痛待ちのときに読んだ本「本に埋もれて暮らしたい 桜庭一樹読書日記」
 いつ生まれるかわからないドキドキを裏切るようにもくもくと読んでました(オイ)。だけどこういうときは小説よりエッセイの方が読みやすいですね。

 産後に読んだ本「アルカサルの恋物語 哀しみの貴公子と永遠の誓約」
 ケンカするほど仲が良いふたりの物語もこれにて完結。個人的におまけの小話とスペシャルな表紙にときめきました(笑)。

 なお、出産時のエピソードは後日気が向いたときにでもちょこっとずつ書いていこうかなと考え中。
 今回は二度目のお産で旦那が立ち会ってくれたこともあってけっこう楽しく臨めた感じです(予定日より早かったケド!)。

 Web拍手お返事。
 5/9以来ちょこちょことお祝いの拍手をいただいております。ありがとう!
 以下、お返事です。

続きを読む »

2011_05
09
(Mon)16:53

本日退院。

 2011年5月4日午後3:48に次女が誕生しました。
 37週6日で出生体重は3060g、身長は49cmと長女よりは小さめですが(むしろ41週までお腹のなかでスクスク育ってたからね@ほーちゃん)、それでもしっかりしております(特に眉)。毛も濃いです(笑)。
 そんなわけで先週のゴールデンウィークはほぼ陣痛と一緒に過ごしておりました。その後ハラノコ二号を無事出産、名前はまだない日々を送りつつどうにか「さーちゃん」になりそうな今日この頃に退院してきたわけです(何)。
 まぁその辺の詳細はまた時間のあるときにでも。語りだすと長くなるので(逃)。

 とりあえず家族が増えたよ、ってのとあたひは元気ですというご報告でした!
2011_05
02
(Mon)10:40

連休の合間

 ゴールデンウィークとはいえ今日は平日月曜日。
 旦那はふだんどおり出社し娘も朝から幼稚園。今日はこいのぼりをあげて柏餅を食べるんだって。
 あたひも家事をもそもそこなしつつ、ハラノコが生まれる直前のひとりの時間を満喫している所存です。
 とはいえハラノコがいつ生まれるかは相変わらず謎なのでしばらくはこんな感じでうだうだしてるかもしれませぬ(笑)。お腹がちょくちょく張って重たくはなってきたけど、今日明日で産気づくかどうかというとやっぱりよくわかりません(オイ)。できれば旦那が家にいるときに陣痛が起こればいいんだけどね~。

 一昨日読んだ本「薄桜鬼 弐」
 アニメ版ノベルの第二巻。アニメ第一期の最終話までの怒涛の展開が拡げられております。
 このまま碧血録の方へ雪崩れ込む形ですが、まだうっすらとしか見えぬ主人公の恋の行方などなど、そこかしこに気になる要素がてんこもり。食べ物の描写も美味しそう(オイ)。時代の渦に一緒に巻き込まれた気分になりました。

 昨日読んだ本「橘屋本店閻魔帳 星月夜に婚礼を!」
 もう第四巻なのですね。ようやくくっついたと思った主人公カップルは痴話喧嘩で婚約解消の危機に陥るわ、その間に天狗が横恋慕してくるわ、そうかと思えば黒い陰謀もちらついていたりと相変わらず周囲はドタバタしております(笑)。だけどようやく婚礼(?)までこぎつけたのに……まだまだふたりが落ち着くのは時間がかかりそうな感じです。

 Web拍手お返事。
 4/30に拍手をありがとうございました!
 いよいよ五月であります。

 創作的小休止。
 ハラノコの名前どうしよう……創作のキャラとはぜんぜん違う意味で悩む(笑)。