2010_11
23
(Tue)07:52

たぶんきっと忙しいからだよ

 なかなかブログを書くタイミングがつかめません。
 昨日も娘は昼寝をしたものの、一時間足らずで起きてしまったためじっくりパソコンする時間はとれず。
 今朝は五時ごろに目が覚めても二度寝して結局いつもどおり。とはいえ今日は祝日なので旦那も娘もまだ寝ています。いまのうちにとっとと書いとこう(ただいま7:30)。って特に書くようなこともないんだけど。

 まずは今後の予定と連絡事項。
 今週末から実家に行ってきます。今月いっぱいはまともに更新できないと思います。
 できるとしても明日か明後日。書けなかったらごめんなさい(笑)。
 娘の七五三を実家でもするのだ。着物も二回目となれば素直に着てくれるかなぁ……?
 ちなみに明日は保育園行って明後日は産婦人科行く予定。
 実家から戻った翌日には幼稚園の入園金納付と制服準備のための身体測定が待ってます。
 師走入る前から忙しい気がします。むー。
 年賀状は七五三の写真が出そろったら作業開始。とりあえず昨日インクジェットのものを買ってきました。
 まぁ他にも十二月入ると色々ありそう(娘の予防接種二回目やあたひの妊婦歯科検診など)だけどいまのところはこんな感じであります。
 ほんと風邪ひかないように気をつけねば。

 一昨日読んだ本「嵐に舞う花 クラシカルロマン」
 待ってましたクラシカルロマンシリーズ第三弾。とはいえ一話完結なのでどこから読んでも楽しめるのが魅力。
 今回は中立国の王女が主人公で、彼女が大戦を終わらせるために頑張る姿が素晴らしかったです。戦争を止めるため和平交渉をするのかと思いきや……最後の最後で選んだその方法にはびっくりです。主人公の成長と恋をくまなく見ることができました。

 昨日読んだ本「王子はただいま出稼ぎ中 黄金の島と嘘つき巫女」
 今回はバリバリな出稼ぎ話。ケヴィンくんみたいなキャラクターはありだと思います(笑)。あんまし少女小説では見ないけどアクセントになりますよね(何)。あと猫かぶりで嘘つきな巫女さんが可愛かった。そんでヘタレな従者が今回はあれこれ大活躍していたかもしれません(ぇ)。まだまだ借金返済には時間がかかりそうだけど、彼らが奔走する姿、これからも見守っていきたいです。

 創作的小話。
 とまぁそういうわけで書く暇もなくなってきてるんだけど今月中にはどうにか下限の250枚くらい書ければいいかなぁと思うわけです。希望的観測。

 Web拍手お返事。
 11/21、22と拍手をありがとうございます!
 ほんとバタバタしててすいません~。
 以下、お返事デス。

続きを読む »

2010_11
20
(Sat)21:07

ひさびさ夜日記

 ここ数日娘が昼寝をしなかったりママ友宅でちゃっかり昼寝をしたりしていたためなかなかブログの更新ができずにいました(昼寝前に帰れればよかったんだけど娘が「帰らないっ」って言うんだよね……)。いやはや、娘の図太いところはいったいパパに似たのかママに似たのか(両方か?)。どこでも寝られる娘を見て感心されてしまいました……ほーちゃんが一番お姉ちゃんなのに(笑)。寝る子は育つのかなぁ。
 そんで今日も昼前にちょっくら散歩して家に戻って寝るかなぁと思ったら、外で近所の子どもたちが遊んでるのを見つけたら一緒になって遊びだしそのまま時間が過ぎて、結局昼寝なしで夕飯食べたらスイッチが切れました。まだお風呂入ってないのに~(朝入れればいっか)。
 そんなわけで久々に夜にブログの更新をしております。今後は早朝更新とかもするかも(笑)。
 ま、旦那も今日は友人たちと飲み会で遅いので、今夜は久しぶりにゆっくり創作できるかな(ここ数日ファイルすら開けず)。

 数日前に読んだ本「プレイボーイ伯爵の純愛」
 プレイボーイなのに純愛? という矛盾したタイトルですが、読み終わると言い得て妙…かな(何)。
 要するに伯爵さまが恋した嫁入り前の王女の房中術の先生になったことで秘めていた恋が燃え上がる話(略しすぎ)。この設定でまずときめくでしょう(オイ)。夜の作法で政略結婚先の相手を籠絡するのだという父王の命令もわからなくもないが(笑)。レディ・アンの決め台詞がとてもカッコ良かったです。

 今日までに読んだ本「ダブル・エンゲージ 企む王子は殺し屋と踊る」
「ダブル・エンゲージ 偽りの姫は騎士と踊る」
 春に二冊同時発売されて気になっていたラブファンタジーと百合ファンタジー。同じ世界観で繰り広げられていてどちらから読んでも楽しめる美味しい作りになってます。あとがきのあととカバーの裏を返せばおまけストーリーがくっついてるのも嬉しいです。
「企む王子~」王子サマの女性観がとても素敵(オイ)。傍若無人なオレサマ王子とあらすじには書かれてるけどそんなにオレサマっぽく感じなかったなぁ。むしろ主人公と相思相愛になれたのか(オイ)。
「偽りの姫~」百合モノは実はあんまし嗜んだことがなかったものの、思っていたより嫌悪感はなかったです(基本的に少女向けだから露骨描写はなかったみたい)。このくらいならもっと守備範囲ひろげてもいいかな(笑)。

 Web拍手お返事。
 遅くなりましたが11/16に3件の拍手をありがとうございます!
 なんだかんだ今月いっぱいバタバタしそうです(来週は実家で七五三だし)。

 創作的小話。
 なんだかんだ三日くらいファイルを開いてないのですが、たしか長い第四章が終わったところだったはず。
 ようやく話が後半に進んだかな~。
 来月の短編は書けるかどうか果てしなく謎なので結果を見てから考えます(もうそんな時期だょ!)。
2010_11
16
(Tue)16:26

お宅訪問

 今日はいつもの保育園開放がお休みだったため三輪車に乗った娘を連れて公園へ。
 朝から「公園行きたい!」と言ってた娘ははじめのうち誰もいない公園でつまらなそうにしていたものの、昼前くらいから集まってきた保育園児たちが来たのを見て「おともだちきた!」と嬉しそうに混じって遊んでました。子どもって気づくと仲良くなってますね。
 その後、いつも遊んでいる子たちも来て、そのまま流れでお宅訪問(公園の前のマンションに住んでる)、お昼ご飯まで御馳走になる始末。なんだかちゃっかりすみません(笑)。子どもが眠くなるまで遊んでていいよーという言葉に甘えてなんだかんだ三時近くまでゆっくりしちゃいました。
 娘もふだんは猫を被っているものの、ずいぶんリラックスしていたらしくとにかく他の子たちと追いかけっこしたりお喋りしたり歌を歌ったり。一歳八カ月の男の子と二歳三カ月の男の子と来月三歳になるうちの娘という三人でけっこう楽しく遊んでいたみたいです。男の子の家だから玩具も乗り物系が多かったなー(娘はあんまし興味を持たず終始ジャングルジムに登ってた)。
 その間、ママさんたちとお茶したり。年齢の話になったときに実は自分が三十代に見られてたと知りなんだか不思議な気持ちになったり(昔は童顔って言われてたけどようやっと年相応になったらしい)。サラスパは便利なレシピだとかそういう話をしたり。母親ってある意味年齢関係ないなーと改めて実感です(何)。
 眠くなってきた娘が勝手に座布団を持ち出しサンドイッチにして眠いアピールをはじめたところで会はお開き。帰りの三輪車に乗りながら娘は器用に寝てしまったのでありました(三輪車に突っ伏して眠ってる娘をひっぱって帰ってきたよ!)。まだ寝てます(笑)。

 昨日読んだ本「悪魔のような花婿 遅れてきた求婚者」
 好評の新婚ラブファンタジー第二弾。相変わらず欲情すると男の子になってしまう呪いに悩まされているものの、それでもふたりのラブラブっぷりは素晴らしいです。今回は裸の奥さんに靴を履かせるシーンに悩殺(オイ)。最後の一線は越えられなくても愛し合うふたりの姿が眩しい。そんななか起こった今回の騒動、気になるところで終わっているので早く続きが読みたいです。ほかにも王族を皮肉るジョークなどユーモアたっぷりな小業があちこちに散らばっていて楽しかったです。

 Web拍手お返事。
 11/15 20:00ごろに拍手をありがとうございますー。
 さきほど幼稚園から入園許可証が郵送されてきました。これで一安心。

 創作的小話。
 昨日は何もしてないので進展せず。今朝は朝四時に起きたものの二度寝してしまったため何もできず。
 まぁそんなときもあります。
2010_11
15
(Mon)15:47

七五三くるっくる

 昨日は娘の七五三のお祝いを旦那の家族と一緒にしてきました。
 実家に七五三の着物があるからこっちでは洋服で神社行ってお参りだけしてくればいいかなぁとも思ったのですが、義母ことお袋さんが「せっかく神社行くんだし着物着せて写真撮ろう!」と言いだし、「借りるより買った方が安いよね!」とはりきって七五三セットの三歳女児用着物を買って持ってきてくれました(笑)。ピンクの可愛いの(実家にあるのはあたひや従姉妹たちが着た古典的な赤い着物なのだ)。
 そんでお袋さん、「孫にも衣装だね」と(爆)。←馬子にも衣装ってわかってて言ってるんだろうけど……まぁ孫ってのは間違っちゃいない。
 娘は最初「きものきないっ!」と拒否っていたものの、旦那に「飴あげるから着て~」と言われてアッサリ陥落。最初のうちは袖が邪魔だとぶんぶん振り回していたものの、慣れてくると着物のままくるっくるまわったり走ったりといつものように動き回っておりました。ちなみに足袋と草履も準備してあったものの、着物の裾が長いので靴下とスニーカーでも問題ないということでいつもの靴で落ち着きました。旦那はスーツ、あたひゃ久々に黒いワンピースを出して着用。妊娠中とはいえまだそれほどお腹が膨らんでないのでなんとか着ることができました。ふぅ。
 それから親父どのの車で近所の神社に行き、千歳飴を買ってお参り。祝詞をあげてもらうのは娘がきっと耐えられないだろうと断念しお賽銭をあげてお参りするにとどまりました。その後は公園で着物の写真撮影をし、車のなかで洋服に着替えさせてから公園の遊具で遊ばせ、ファミレスで食事をしてまったり。
 とりあえず七五三っぽいことができたかな? 月末には今度は実家で七五三です。こっちでは母上があたひにも着物を着せてくれるらしい。どうなることやら~。

 週末に読んだ本「フォーチュン・オブ・ウィッカ2 タロットは初恋を告げる」
 誰の初恋かと思ったら最凶な相棒の初恋だったのですね。たしかにこんな初恋の思い出は切ないを通り越して苦い(オイ)。今回も主人公コンビをはじめチームの仲間たちが華麗に活躍してました。新たにでてきたコゲツさん、これから先も楽しませてくれそうです。

 一昨日読んだ本「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと湖の恋人」
 ようやくふたりに休息の時が訪れましたねー。同じ部屋で過ごしているのに彼は紳士を貫いててそこがまた好感度高いです(けっこうギリギリみたいなところは見受けられてそこがまた初々しいなぁとも思ったけど)。ラブラブといっても爽やかな感じです。そうかと思えば今度は別サイドであやしげな動きが見受けられたりして。アントニーの複雑な心境に共感です。物語はいよいよ佳境へ入る模様、無事に結婚までできるといいなぁ……(遠い目)。

 昨日読んだ本「氷雪王の求婚 ~春にとけゆくものの名は~」
 試し読みをしたころから「うまいなー」と思っていたため、泣けるのを前提に読んだものの、残念ながら泣けませんでした(あれ?)。ある意味王道のヒストリカルロマンだったため結末が読めちゃったんです(汗)。もっと楽しませてくれるかなぁと思ったんだけど期待しすぎたらしい。いや、泣けると思うよ? あたひは泣けなかったってだけ(ある意味こういう話に慣れると泣けなくなるらしい)。主人公たちに感情移入して読みすすめていくのが辛くなるところもあったし、政治や世界情勢の設定など興醒めする場面もありましたが、よくできすぎていて全体的に新人っぽくないです(笑)。読み終えた後の複雑な読後感、あのモヤモヤっとしたのは嫌いじゃないけど(何)。

 Web拍手お返事。
 11/12と11/13のそれぞれ18:00、11/15 6:00と13:00に拍手をありがとうございます。
 昨日は暖かかったけれど、今日はうって変わって寒いですね~。体調管理には気をつけましょう。

 創作的小話。
 この週末に書きすすめたら第四章だけやけに量が増えてしまった。まだ終わらない235枚目。
2010_11
12
(Fri)14:01

短くなった髪

 昨日は美容院に行って髪を切ってきました。
 けっこう切ったけど結べる程度の長さが残っているため旦那には「あんまり変わってない?」と言われてしまいました。娘は「ママがはさみで髪ちょっきん」しているあいだ、義母と義父と一緒に遊んでいたようです。朝早くて眠そうにしてたけどなんだかんだ寝ないでずっと起きて動いていたようです。帰りに車で送ってもらったときにすとんと寝たけど。
 久々に美容院に行ったけど久々だったからかあんましリラックスできなかったです(オイ)。大丈夫かなーほーちゃんぐずってないかなー寝てるかなー、みたいなことをぼけぇと考えながら手渡された雑誌をぱらぱらしてたら気づいたら終わってました(ぜったい美容師さん手渡す雑誌のジャンル間違ってる、あたひゃ主婦の実用系雑誌が読みたいのになんでセレブ系の雑誌渡してくるんだー! こんなファッション誌自分には無縁だぃ)。カットだけだったけど一時間くらいかかった……床に落ちた髪で鬘が作れそうだ(汗)。
 ……重たかったあたまはずいぶんすっきりしましたが、まだこの軽い感覚に慣れてません(笑)。ま、これでまたしばらく美容院には行かなくて済みそうです。次行くのは二人目が生まれる直前か、生まれてからしばらくしてからかなー……

 一昨日読んだ本「シスター・ブラックシープⅡ 林檎と堕天使」
 ひとつ屋根の下で繰り広げられる風変わりな三角関係、今回は悩める司祭さまの姿に爆笑であります。
 どんどん猫みたいになっていく悪魔も彼なりに健気に頑張ってるけどでも司祭さまのソドムの罪発言には負けちゃうなぁ(笑)。カッコ良いヒロインは健在ですがそれよりカッコ良いなぁと密かに思ったのは新キャラの女領主サマです。

 創作的小話。
 ようやくヒロインが本領発揮するかもしれない229枚目。

 Web拍手お返事。
 11/10 19:00、20:00にそれぞれ拍手をありがとうございます。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2010_11
10
(Wed)14:45

そうだ、髪を切ろう

 明日でどうやら妊娠四カ月目(12週)に入るみたいです(すっかり忘れてた)。
 どうにも二人目となると自分が妊婦であることすらときどき忘れてしまいます(オイ)。
 今日も保育園で娘と一緒に鉄棒でぶらぶらしてしまい「ママ大丈夫なの!?」と言われてしまった(笑)。
 もともとつわりらしき症状が殆どないため(トイレに行く回数は増えたよ)、おんぶと抱っこの回数を控えつつも、いつものように動いてしまうみたいです。
 そろそろ安定期だし歯医者の治療も始めなくちゃいけないなぁ(詰め物が取れて以来そのままになってる)とか、娘を小児科に連れてってインフルの予防接種させねば(自分だけちゃっちゃと産婦人科で済ませてる)とか、やることが山積してるのですがまずは美容院に行って伸ばしっぱなしの髪を切ってこようと思います。
 今朝久しぶりに美容院に予約の電話を入れたよ。実家にいた頃のチェーン店が近所にあったので深く考えずそこにしました。だけど約三年ぶりの来店になるし結婚して姓もかわってるので気分的には新規の客です。ドキドキ。
 とりあえず20cmくらい切ってこようかと。それでもまだまだ結べるのでもっと切ってもいいけど、今週末と今月末には娘の七五三で写真撮影が控えているので髪をアップにできる程度には残したいなぁと考えてます。こうしてみると一年以上伸ばしっぱなしでよく頑張ったな自分の髪(重くもなるわ)。

 一昨日読んだ本「裏切りは僕の名前を知っているⅠ」
 昨日読んだ本「裏切りは僕の名前を知っているⅡ」
 豆文庫から出てるアニメのノベライズ作品です。原作は未だ読んでいないのですが、意味深なタイトルや繊細なイラストに惹かれて試しに読んでみました。
 物語の方はアニメに沿って忠実に再現されているようで、展開がとても早く感じられました(原作だったらそんなでもないのかな?)。とはいえ主人公や周りのキャラクターたちの絆の深さとか、インターバルで語られるエピソード、本文に差し込まれる数々の原画などからひとつの小宇宙ができあがってます。これだけで世界観を読み解くのは難しいけど、この先の物語は原作に繋がるのかななどと考えると楽しくなります。

 Web拍手お返事。
 11/9 19:00ごろに三件の拍手をありがとうございます。
 明日は久しぶりの美容院です。娘は義母に預けてゆっくりしてきます(笑)。

 創作的小話。
 ようやく全体像がつかめてきたかもしれない215枚目。諸悪の根源大活躍(ぇ)。
 今年も上限350枚ギリギリになりそうな気がしてきましたー(汗)。
2010_11
08
(Mon)15:39

幼稚園面接

 土曜日は幼稚園面接でした。娘は両親と受付をすませて早々引き離され、先生と一対一でお話をしたそうですが、あたひにも旦那にもどういう話をしたのか報告してくれませんでした。まぁ泣き叫んで嫌がることもなくそれなりにおしゃべりはしたそうなので(と、先生は言ってた)うちの子にしてはまぁまぁかなと(オイ)。それでもいつもと何か様子が違うぞという感覚はあったのか、妙に身体をカチカチにしてました。あ、やっぱり緊張するんだ(笑)。
 その後は親を挟んで三者ならびに四者で面接(うちは旦那も連れてきたから四者だった)。できることとできないことについてあれこれ質疑応答をしたのでした。「偏食しますか?」「ひとりで脱ぎ着できますか?」「お昼寝はしますか?」みたいなあれこれ。他の子がどうなのかはわからんけどまぁ半分はできる部類だと思います@娘。あとはオムツだけだなー(ボソ)。まぁこればっかりは個人差だし三歳の誕生日迎えてから入園までにできれば理想かな。
 無事に面接を終えて通園バスのお迎え場所をどこにするか確認してひとまずおしまい。家から歩いて三分くらいのところにあるマンションの前で拾ってもらえそうです。公園側だと遠回りになるし交差点まで行くと道路渡らなきゃいけないからちょうどいいかな。
 後日入園許可証と今後の予定が郵送されるそうです。ドキドキ。

 週末から昨日にかけて読んだ本「紅玉の契約 姫君の無謀な婚約」
「紅玉の契約 クールな従者のお家事情」
「紅玉の契約 宗主さまの最後の約束」
 シリーズ完結までこの週末で一気に読んじゃいました。一癖ある世界観に浸るまですこし時間がかかったものの読みはじめて馴染むとこの勢いの良さに手が止められなくなります。天然美形お兄さんと暴走姫君が恋と自覚せずに恋に狂う過程がとても面白く(オイ)、また切なくて、あて馬状態の橘さんが可哀想に思えます(笑)。最後の最後で我儘ぶりを発揮するマリエル総帥の姿もある意味哀愁が漂っておりました。こういう話を読むと暗器で戦うお姫様もカッコいいなぁと単純に思うあたひです(ボソ)。鳴海ゆきさんのイラストも素敵でした。

 Web拍手お返事。
 11/5、11/6、11/8と計7件もの拍手をありがとうございます!
 昼寝中の娘が夢を見て泣きだしたので慌てて抱っこしたらまた寝ました。

 創作的小話。
 この週末にがーっと書き進めてみた。たぶんあとで直しに走りそうだけど、いまはこの勢いを殺さずにこのまま書いていきたい気分。
 ようやく鍵になる人物が登場しそうな201枚目(あれ? 今月中に200枚書ければ充分って言ってたのダレ?)。
2010_11
05
(Fri)13:02

ひとあしはやい誕生日プレゼント

 昨日、実家から一足早い誕生日プレゼントと称して娘におもちゃが届きました。あと一カ月以上先なんですけどね、娘の誕生日(笑)。
 さいきんのおもちゃってすごいね。どこまでハイテクなんですか。
 アンパンマンのパソコンなのですが、キーボードの配列が大人のパソコンと同じJIS配列っ。
 しかもカラー液晶でテレビにつなげられるし、音も出るしコンテンツもよりどりみどり。対象年齢が三歳から六歳まででローマ字の学習や英単語の学習までできるというおせっかいぶり(?)。
 旦那が「これでACアダプターついてないのはおかしい、単三電池だけでなんで動くんじゃ」と驚いておりました。確かに容量どんくらいあるんでしょ、ギガ単位? ……高かっただろうなぁ(遠い目)。
 なにはともあれ娘は自分用のパソコンに大喜び。今朝もなぜか六時に起きてあたひが自分のノートPCひろげてる横でとっとと起動させておりました。まぁこれであたひのパソコンいたずらしなくなるならいいんだけど(ボソ)。

 昨日読んだ本「紅玉の契約 宗主さまの華麗な戴冠」
 第五回の豆の新人さんで唯一生き残ってる作家さんのデビュー作品。二作目はしっかり追いかけていたもののこちらのシリーズはずっと積読にしてました(汗)。独特な世界観でありながらいかにもファンタジーって感じのノリの良さが魅力的です。あとキャラクターも独特。天然美形のお兄さんと腹黒従弟の恥ずかしすぎる主従関係に身もだえしちゃいます。主人公のハイテンションな暴走っぷり(特に父上との駆け引き)も見事です。

 Web拍手お返事。
 11/4 18:00と19:00にそれぞれ二件ずつ拍手をありがとうございます。
 早起きをした娘は公園に行って遊んだ帰りに三輪車に乗りながら寝てしまいました(←器用だ)。

 創作的小話。
 つづきを書きはじめる。主人公たちの裏で他のひとも大変な目にあっている183枚目。
2010_11
04
(Thu)15:03

娘と動物園

 昨日は家族で上野動物園にいってきました。秋晴れで過ごしやすい日だったので家族連れが多かったです。
 娘は前日から「どうぶちゅえん、いきたい!」と口にしていたので実際にいろんな動物を見られて嬉しそうでした。特に象さんが良かったそうです。「らいおん、こわいねー」と言いながらライオンの展示の前で旦那とじっくり見てる姿をあたひゃすこしはなれたところで見てました。だって人、多かったし。
 個人的には両生類館の熱帯展示がゆっくり見られて楽しかったです。ヤドクガエルとか(オイ)。
 あと、ふだんは東の正門から入って西から抜けるルートを辿るのですが、今回は根津から歩いて池之端門から上野公園方面へ抜けるルートで園内を見てまわったので、これはこれで新鮮でした。真っ先にレッサーパンダが寝てる姿を独占できました(笑)。
 ひととおりメジャーな動物を見られた娘は昼過ぎくらいから眠くなって園を出る頃にはベビーカーのなかでお昼寝してましたが、家に帰ってからも「どうぶちゅさん、みたね! たのしかったね!」と興奮気味にお喋りしてました。今朝も起きて「おはようございます」の挨拶より先に「ぞうさんいたね!」と言っていたよ……

 一昨日読んだ本「勾玉花伝 巫女姫様ととこしえの花宴」
 全八巻これにて完結。前巻で大変な目にあっていたヒーローでしたがやはりただでは死にませんでした(笑)。生きてるって信じてたよ、主人公を強く想うがゆえにまさか魂をあんなところにくっつけてるとは思わなかったけど(何)。周りのキャラもあちこち動き回って、最後には落ち着くところに落ち着いた感じです。シリーズを通してさまざまな季節の花々がタイトルにつけられてましたが今回はまさに花宴。完結おめでとうございます。

 昨日読んだ本「戦国恋姫伝 偽りの婚姻」
 期待していた菅沼さんの新作です。やっぱり女の子が主人公じゃなきゃ(笑)。
 帯に堂々と架空戦国恋絵巻って書かれているところからして素敵です。現実の戦国時代じゃありえない設定を異世界和風ファンタジーだからアリなのだと押し通すところとかほんと見習いたい(オイ)。物語はもちろんのことあとがきにも共感しました。代わり者同士だった藤姫と那岐の今後の物語や名前しか出てきてない雪政さんの逆襲とかも気になるので続編を期待したいです。

 Web拍手お返事。
 11/2 18:00ごろと本日10:00ごろに拍手をありがとうございます!
 動物園、いっぱい歩いて疲れたけど楽しかったです。

 創作的小話。
 ここ数日は娘と一緒に夜早めに寝て、朝五時起きでファイルを開いていままで書いた文書のチェックに励んでました。気になっていた個所があったのでそれを直したり、伏線にしそこねたエピソードを再構成したり。
 なので枚数に変化はないものの、これでつづきに取り掛かれるかな? って状況です。
 できれば今月中に200枚越えするのが当面の目標であります(ギリギリ)。
2010_11
02
(Tue)14:26

願書提出と晩秋の晴れ間

 週末は台風がやってきたり去っていってもぐずぐずなお天気がつづいたりでなかなか晴れた日がなかったのですがようやく今日、お布団を干せるほどの太陽と再会することができました。冬の乾燥と雲ひとつない空と澄み切った空気が自慢の関東平野で育ったあたひとしては冬間近の晴れの日ってけっこう好きなのです。このままずっとどんより曇ってたりそれこそ毎日低気圧の影響で雨や雪が降ったら季節鬱になってたでしょう。まぁそんなに神経繊細じゃないだろと言われればそれまでの話ですが(環境適応能力は土壇場になれば発揮されるハズ)。やっぱり晴れは嬉しいねということで。
 昨日は幼稚園の願書提出日でした。今年は抽選なしで希望者は全入できそうな感じです。週末に面接だけあるんだけどたぶん大丈夫だと思います。他の地区の幼稚園も似たような感じで数年前のように幼稚園難民がでるようなことはない模様(急激に住宅地として発展した場所なので子どもがめったやたらに多いのだ)。保育園の方はまだまだ大変みたいだけど来春には新しい施設が追加されるみたいだし、じょじょに良くなっていけばいいなぁ(状況によっては二人目保育園に入れて働くことも考えなきゃ)。
 ……それより週末の面接で娘が親と離れて先生と会話できるのかそれが心配だ(笑)。

 週末に読んだ本「聖鐘の乙女 月の聖女と夜の怪人」
 主人公にモテ期到来(笑)! 八巻にしてこの展開です、ドキドキワクワクな文化祭本番は一緒になって裏方になったりお客さんになった気分になりました。女装騎士は興味深いしたまごの形のプリンはおいしそーだしこれぞ学園モノの醍醐味って感じ。

 週末に読んだ本その2「姫君達の晩餐 紡がれた肉料理」
 今度は眠り姫カップルの結婚式。複雑な家庭環境の実家に戻ることになった排他的ロマンチストな軍人王子がある意味マリッジブルーになって二百年前の恋の真実と対決する話でもあります(オイ)。運命の恋人ってなんなんだろうとふと考えさせられ、こんな運命もアリだよなと思わせてくれた今回のお話です。

 一昨日読んだ本「花嫁のヴァンパイア ~来訪者はカタブツ騎士~」
 受賞作の続編となった新人さんの二冊目の本。今回もアクの強いキャラクターたちが入り乱れ、そんななかで主人公たちの恋が進展するという可愛らしい仕上がりに。ヘタレだけど最強キャラなアハロンさんにこんな弟がいたなんて、とびっくりでした。びっくりといえばエムスさんの正体も(以下略)。

 昨日読んだ本「少年舞妓・千代菊がゆく! アラブの王子は恋がお好き?」
 おかあちゃんがニレ様に自家製カレーライスをご馳走する場面が個人的にお気に入り(笑)。乙女のように喜ぶおかあちゃんが素敵。それから風呂友になったミキちゃんとニレ様が裸で語らうシーンも笑いを堪えながら読んでました。アラブの王子さまに嫉妬するニレ様もまたいつものことながら見てて笑えました(オイ)。

 Web拍手お返事。
 10/29、10/31、11/2と拍手をありがとうございます。
 秋っぽいブログテンプレにしてみました。今月いっぱいはこのデザインです。

 創作的小話。
 主人公が単独行動に走ったおかげでようやく話がポンポン進みだす。176枚目。