2010_09
24
(Fri)14:52

雨上がりの散歩

 昨日は一日中雨だったので家族三人家のなかでまったりしてました。
 その反動で今朝は娘が外に出たがり、結局電車でショッピングモールまで散歩に行ったのでした。
 とはいえ娘が一緒だとゆっくりすることもできず。本屋で文庫を見ることもできず(娘が真っ先に絵本コーナーに走っていく)。かといって娘を放っておくと泣きだすし(本屋で三回くらい迷子になってる)。もうちょっと分別がつけばお店でゆっくりすることもできるんだろうけど……最終的には本屋で寝ぐずりされてスーパーで買い物してる間に寝ちゃいました。そんで家に帰ったらぱちりと目を覚ます。休む暇なし(笑)。
 それにしてもずいぶん秋らしくなりましたね。久々に薄手のオーバーを着ました。

 週末から実家行ってきます。
 また一週間ほどブログの方から足が遠のきますがいつものことなのでよろしくです。
 二人目妊娠報告は一応しているものの、どんな反応されるかドキドキです。

 昨日読んだ本「乙女☆コレクション 怪盗レディ・キャンディと魔笛のメロディ」
 嵐のように登場した貫主さまの空気の読めない姿が笑えます。眼鏡執事の変な態具合も変わらずむしろ貫主さまの登場でさらに弾けてる印象(笑)。スズメと結人さんのじりじりラブもだんだん大胆になってきてる感じがするし(特にイラストが!)。うさぎさんワンピースは犯罪じゃなかろうか(ボソ)。

 今日読んだ本「花咲ける庭 お嬢さんと花嫁のススメ」
 岡篠先生の読者大賞受賞作、ついに文庫化されましたね! ずっと本になるのを楽しみにしてたので嬉しいです。当時を思い出しながら受賞作、続編、書き下ろしの計三編を満喫させていただきました。デビューから五年(なんだかもっと長く書かれてる印象があるのは投稿時代から名前を知ってるから?)とのこと、これからも応援してます。

 Web拍手お返事。
 9/22 19:00ごろに3件の拍手をありがとうございます。
 またしばらく留守にしますね。

 創作的小話。
 陰謀渦巻く99枚目。
2010_09
22
(Wed)13:17

のびのび遊ぶ

 昨日は今月最後の保育園開放日(今回は運動会があるので開放日が少ないのだ)。娘は「じてんしゃのる!」というので三輪車で連れていきました。最近の三輪車は親が後ろから押せるように棒が飛び出しているんだけど、我が家の三輪車はその棒が短いため結局中腰状態でした(汗)。きこきこ足をまわしながら娘は「じてんしゃのってるの~♪」と上機嫌。三輪車なんだけどまぁ本人は自転車だと言い張るので「そうだね、すごいねー」と賛同してあげるのでした。
 保育士さんに妊娠を報告したら「そっかー、ほーちゃんお姉ちゃんになるんだ」と喜ばれ、ママさんたちからもおめでとうの声。なぜか手を差し出されてぎゅっと握手したりしたよ。うん、頑張る。
 今日は保育園がお休みなのでいつもよりちょっと遠い場所にある児童館に足をのばしてみました。ベビーカーで三十分弱歩いて行ったので行きの時点で寝そうになっていた娘でしたが、遊べることに気づいてからはぱちりと目を覚まし正午ごろまでのびのび遊んでました。昨日保育園に来てたご近所のお友達も来ていたのでふだんと違う場所でしたが娘は満足そうでした。帰りはもちろんベビーカーでねんねです。

 一昨日読んだ本「幻想譚グリモアリス Ⅵかくてアダムに祝福を」
 夜想譚を含めると全部で九冊つづいたシリーズの最終巻。当時からシスコンだった主人公は最後までシスコンのままでした(笑)。むしろ妹の方が成長したような(ボソ)。地獄人との壮絶な戦いやいいとこどりのお兄さんなど見どころたっぷりでした。冥界のグリモアリスたちは大活躍だしここにきて登場する新キャラまでいるという弾けっぷり。水仙さんカッコいい……たしかにキャラクター多かったけど、嫌味になるほどではなかったと思います。ツンデレなアコニット嬢がいつまでシスコン主人公のことを追いかけていくのか、そこが気になるところです(笑)。

 昨日読んだ本「橘屋本店閻魔帳 恋がもたらす店の危機!」
 シリーズ二作目。評判がいいのか眩しい金の帯ですね。二巻では色気たっぷりの相方くんのお母さまの嫁いびりが早くもはじまっている様子(オイ)。そして相方くんのもうひとりの婚約者候補が登場したり幼なじみの妖狐の男の子がでてきたり天狐の血をめぐってひと波乱があったりと次から次に巻き起こるエピソードに絶句。まさか二巻で貞操の危機ですか(笑)! あとがきで「エロティック」発言出てるんですけど……そんな大変な目にあう主人公ですが、最後の最後で色気むんむんヒーローがちゃんと決めてくれる安心設計。お互いが気持ちに気づく巻とのことでこれから先がますます楽しみです。

 Web拍手お返事。
 9/20 21:00ごろに拍手をありがとうございました!
 二人目もどうやら食べつわりみたいです。すぐにお腹がへる~。

 創作的小話。
 すこしずつ顔ぶれが揃う92枚目。
 きりのいいところまで書けたらそろそろ短編にとりかかりたいなぁと考え中です。
2010_09
20
(Mon)15:43

たわいもなく、休日

 そういえば今日って月曜日なんだよね、祝日になってたのは敬老の日だからで秋分の日じゃない(←木曜日だよ)のだね。
 午前中は娘を家の前でお隣の四兄弟と遊ばせ、お昼ごろにスーパーに野菜を買いに行き、家に戻ってからお昼を食べて娘は昼寝、旦那はベース、あたひはパソコン中。
 空を見上げると黒っぽい雲の姿がちらほら。雨が降る予報はきいてないけど、早めに洗濯物を仕舞った方がいいかもしれないなぁと思う今日この頃。
 娘を抱っこしたりおんぶしたりすることは減り、昨日の夜も「ママ先に寝るね~」と布団かぶるふりをしていたら拗ねて畳の上で突っ伏した状態でそのまま力尽きてました。昼寝の時はちょっとだけ抱っこしたけど。
 母親のお腹になにかいると娘なりに感づいているのか、妙に甘えてくることもあります。そのぶん悪戯して怒られることも増えたけど(笑)。
 トイレトレーニングはマイペースに続行中(なんだかんだ夏はとびひでおむつに逆戻りしてた)。ようやく最近夜寝る前に自分から「おといれしゅるー!」と言ってちーできるようになった感じ。幼稚園入る前までにはおむつ卒業できるように頑張りたいものです。

 そういえば第一回アイリスさんの結果が発表されましたね。
 オフで一緒に猫耳をつけた方が受賞されてとても嬉しいです(笑)。
 おめでとうございます! これから大変かと思いますが頑張ってほしいです。
 自分も次につづくよう子ども産んですこしお休みしても創作は続けていきたいなと改めて思いました。
 また、惜しくも受賞を逃した方のなかにも見知ったお名前を見つけました、今後の活躍期待しております!

 週末に読んだ本「レッド・アドミラル 羅針盤は運命を示す」
「レッド・アドミラル 潜入捜査は戦乱の幕開け」
 マメレージ目当ての積読本(オイ)。だけど読みはじめたら積読にしていたのをちょっとだけ後悔しました(笑)。海軍出世物語と銘打つだけありますね。少女小説で十九歳の女性軍人が主人公って異色だけどぜんぜん違和感ないや。むしろ周りのキャラクターがみんなどこかおかしいのでまともに見えるという……特に艦長さんの破天荒っぷりが魅力的。むさくるしいだけじゃないのはファンタジー世界ならではの美味しい設定が盛りだくさんだからかも。それにしても主人公がカッコよすぎます。

 昨日今日と読んだ本「フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)」
「フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)」
 長編シリーズこれにて完結。十二年ものあいだ続いていたのですね~、学生の頃から読んでたのでとても感慨深いです。前巻で死んだと思った彼が実は生きていたとか結構お約束な展開も交えつつ(でもその後のキャラクターの反応が楽しかった)、最後は涙が止まらない。敵役は悪役ではないのだな、なんて感慨深くもなったり。そんでアルの火事場の馬鹿力にびっくりし、恋人たちらしいエンディングにまた涙するという。なんかもうおなかいっぱいです。素晴らしいシリーズをありがとうございました!

 創作的小話。
 まだ第二章前半部分。88枚目。
 ようやく主要キャラが揃いだした。

 Web拍手お返事。
 9/17~19にかけてたくさんの拍手をありがとうございます!
 お祝いの言葉を毎日のようにいただけて嬉しいです。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2010_09
17
(Fri)15:35

寝かしつけ大作戦

 すっかり連休になることを忘れておりました(旦那に指摘されて初めて気づいた)。
 どっちにしろ今度の連休で遠くに出かけることはないでしょう。給料日前だし(笑)。
 たぶん無理しないでのんびりしてると思います。娘が許してくれれば(オイ)。
 あ、妊娠が確定したからといって突然日常が変わるわけではありません。むしろ今まで通り生活しながらも娘に要求されるおんぶとだっこを上手にかわさねばならないというミッションが(笑)。
 昨日の夜も最初だけおんぶしてあげたけど「ごめんねママ疲れちゃった」と先に布団に入ってあとは旦那にお願いして泣きわめく娘に「ママのお腹には赤ちゃんがいるんだから」と諭してもらい、どうにか寝かしつけることに成功(汗)。今日の昼寝前は耳かきで寝かしつけました。慣れるまでは大変だろうけど、必要最低限のおんぶと抱っこに娘も協力してもらわねばこっちの体力がもちません。いやほんとに。

 昨日読んだ本「海が愛したボニー・ブランシェ」
 ビズログの優秀賞作品。ある事件のせいで修道女にさせられた主人公が事件の犯人と思しき海賊と行動を共にして真実を摑むというはなし(だと思う)。運動神経抜群の主人公があれこれ一生懸命に動く姿が可愛らしく、かぼちゃパンツのシーンではくすくす笑ってしまいました。信仰に傾く王子様のキャラクターも悪役ながら素敵です。海で繰り広げられる陰謀と冒険と恋愛に、読んでるこっちまで攫われたくなります(笑)。

 創作的小話。
 どうにかこうにか81枚目。

 Web拍手お返事。
 昨日今日と多くの拍手をありがとうございます♪
 ようやく実感できてきたところです(笑)。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2010_09
16
(Thu)15:12

妊娠5週目

「あー、妊娠はしてますね」
 産婦人科にて。エコーで初めて見たハラノコ二号(仮)。
 ただいまのおおきさ6.5mm。黒い点にしか見えない。でもちゃんとくっついているし子宮が頑張ろうと膨らんでいるのがわかったそうです。特に右側。「たまご」の状態ともいえます。とりあえず子宮内に着床してる。
 まだ心拍の確認ができていないため母子手帳の手続きをする前段階。この時点での成功率は八割ほど。二週間後にもういちど診てもらってそれで大丈夫そうならもらってきてくださいとのことでした。
 ちなみに妊娠初期の注意事項なんて紙をもらったものの、どれもこれも「どーすりゃいいのさ」ってな感じ。
 だって「重たいものを持ったり布団のあげおろしをしたり子どもを抱っこしたりしないこと(略)」って上にほーちゃんがいるのに無理でしょふつー。とりあえず下腹部にちからを入れないように抱っこすればいいのか(違)?
 ほかにも「跳んだり跳ねたり走ったりしない」って、子ども追いかけられないんですけど……
 まぁ、いつも以上にゆっくりのんびり過ごしていけばいいってことかな。医者さんも「二人目なら心強いです」と言ってたし(オイ)。
 ほーちゃん産んだ時みたいに働きながら結婚式してバタバタしてた頃を考えれば、けっこういまはのんべんだらりです。でもほーちゃんがまだ抱っこ魔でお腹に乗っかって甘えてきたりするのでしばらくは注意が必要でしょうね。本人自分がおねえちゃんになることまだぜんぜんわかってないみたいだし(当然?)。
 一カ月ほど前に旦那が「ほーちゃんは弟か妹が欲しいですか?」とさりげなくきいたら娘は「……ほしぃ」と小声で返事してくれたのですが、どうやらそれが実現しているみたいです。しばらくは甘えてくるだろうけどね。

 そういえばルルルカップ第三回の発表ありましたね。
 あたひは出してないのですが、仲良くしていただいている方が見事残られました! おめでとうございます。
 これからじっくりノミネート作品たちを堪能させていただきたいと思いますっ。

 昨日読んだ本「轟け、暗雲薙ぎ払う雷鳴 幻獣降臨譚」
 少女小説の限界に挑んだなんて書かれてますが「いや、これくらいたいしたことないって」と思うあたひはなんなのでしょうか(笑)。確かに戦闘シーンでいままでより数倍過酷な状況に陥ってますが……ここであのひとがドナドナされるのはなんとなく納得できたかな(オイ)。主人公の成長っぷりが眩しすぎます。まだ暗黒の幼なじみとの再会は叶ってませんがいよいよラストまであとちょっととのこと、楽しみです。

 創作的小話。
 今朝、蚊にくわれて不本意な早起きしてしまったためパソコン起動して書いてみた。
 意外と早朝執筆いけるかもしれないと思った80枚目。

 Web拍手お返事。
 9/15、9/16とお祝い拍手をありがとうございます!
 ほんとに妊娠してました(笑)。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2010_09
15
(Wed)11:32

陽性反応

 今日も娘は午前中に昼寝に入った模様。いっぱい寝てるはずなのに(笑)。
 昨日の夜はあたひが風呂に入っている間に机の下にもぐりこんだまま眠ってしまったし。
 睡眠リズムが雷の日以来少しズレてるのかなぁ。でも早く寝てくれると午後が長いんだよ~。
 あたひの体調は相変わらず。明日にでも義母と一緒に病院行ってきます。まぁ原因判明したとはいえ早めに行った方がいいだろうし。どうやらお腹にこどもがいるらしい(爆)
 検査薬で朝からなんとなくバタバタしてたので(旦那は逃げるように会社に行っちゃったけど!)、早めに娘が寝てくれたのはある意味ありがたい今日この頃です。

 昨日読んだ本「人形の館と鳥籠の姫 ダイヤモンド・スカイ」
 中二病要素たっぷりな本宮先生の新シリーズ。てっきり読み切りだとばかり思っていたのですが、ちゃっかり続くみたいです。というか続いてくれないと困る(笑)。フォースさんの設定とかまだまだ謎だらけなんだもの。舞台の鳥籠設定や主人公の秘密も萌えどころですね(オイ)。人情味あふれる海賊さんたちはお約束通り粗野だけどいいひとで、この先主人公が彼らとどんな冒険をするのか期待させてくれます。

 Web拍手お返事。
 9/14の16:00、19:00にそれぞれ二件ずつ拍手をありがとうございます。
 誕生日にケーキは食べられませんでした(去年同様旦那の給料日以降になりそう)。

 創作的小話。
 スローペース続行中。「誓」74枚目。
 今後、状況によってはほーちゃん産んだ時みたいにまた一年半くらい創作お休みするかもしれません。
 まぁまだ先の話はわかんないけどさ!
2010_09
14
(Tue)10:57

落雷停電じゃかじゃかじー

 昨日の夜は久々に局地的雷雨に見舞われました。
 これは夕立というより夜立だよねと旦那は言ってましたが。
 家にいたのでおとなしくしてれば大丈夫だよねーとまったりしてたのですが、風呂に入りだした頃から雷が近づき、旦那と娘のあとに入浴した途端。
 停電。
 ……うぉお、電気消えてしまったっ。シャワーがお湯から水にっ!
 窓の向こうでは盛大に明滅を繰り返す空と落雷の轟音。仕方がないので湯船に張ってあったお湯で身体を洗ってから慌ててあがり、パジャマになって旦那たちと合流。
 娘はそれほど怖がっておらず「かみなりこわいねー」と言ってました。
 旦那が「危ないからコンセントのそば寄っちゃだめ!」と娘に注意した途端、ピシャーンと雷鳴が響いたときは真顔で沈黙してたけど。それでも雷の光や音にパニックになって泣きだすようなことはありませんでした(さすがあたひと旦那の子どもだ←ふたりして雷平気で窓で観察したりする)。
 ちなみに停電はすぐ復旧しました。だけどドライヤー使うの怖かった(ボソ)。
 だけど雷に興奮してしまったのか、昨日はいつもより就寝が遅くなってしまった娘。その反動で今日は朝から眠かったらしく、げんざいリビングで座布団に突っ伏して早いお昼寝をしております(笑)。

 昨日読んだ本「ドラゴンは姫のキスで目覚める」
 豆の新人賞作品。投稿の常連さんだったというだけあってストーリーに嫌味がありませんね。むしろ設定のシンプルなところに読みやすさがあるのかも。最近の若い女の子が気軽に楽しめるファンタジーって感じがしました。一途な苦労人ドラゴンのキャラクターに萌えそう。この先契約の行方がどうなるのか気になるところです。

 Web拍手お返事。
 9/13 16:00と18:00ごろに拍手をありがとうございます。
 おかげさまで誕生日を迎えることができました(笑)。

 創作的小話。
 昨日の夜は雷雨のためパソコンお休み。
 ちまちまと73枚目。
2010_09
13
(Mon)14:08

目睡みに芽生えし時季

 ここ数日、夏バテなのか身体がかったるく妙に眠気を感じたりしております。
 ぽつりぽつりと顔に湿疹がでたり常にお腹がすいてきたり。何か口にしてないと気持ち悪くなるっていうほどではないけどそれに近い症状が……
 そのためパソコンと向き合う時間もふだんより少なくなってます。
 たぶん落ち着けば(身体的にも精神的にも)しばらくは通常通りの活動ができると思うのですがまぁ今週末あたりが勝負かな(なんか以前もこんなこと書いてたような)。しばらくは無理しないでおとなしく生きていきます。
 そういえば明日誕生日だ(まだ先だと思ったのに)。バタバタしててすっかり忘れてた。また三十路に一歩近づくのだ。

 週末に読んだ本「月の瞳のエゼル ~太陽の王子と闇の鉤爪~」
 この世界は一枚の皿、という喩えに唸らされました。表に光が当たれば裏には当然闇が集う、みたいな世界観の説明がわかりやすくてすきです。それよりヒーロー役の王子様の名前が十一文字は長すぎるでしょう(笑)。でも逆に主人公が愛称の「フェリィ」と呼びかけるシーンが色っぽいなぁと思いました。続きは出ないみたいだけどもうちょっとこの不器用な王子と主人公が愛を育む姿を個人的には見てみたいです。

 一昨日読んだ本「白と黒のバイレ 踊れ、終演のカンテと共に」
 昨日読んだ本「白と黒のバイレ 鳴らせ、再幕のブレリア」
 シリーズ全三巻の完結編とアンコール的な番外短編集。本編では最後の最後まで王女と騎士の恋は悲恋に終わるのかどうなのかというハラハラ感に満ち、思いがけない侍女の策謀に驚かされました。妹王女と対峙するシーンも哀しいほどの愛が溢れてました。
 そして再幕で語られるのは雑誌掲載された短編とめでたしめでたしの後の物語。子ども世代の話も楽しかったです。魔王さまがマルちゃんになるなんて(笑)。

 Web拍手お返事。
 9/10 18:00ごろに拍手をありがとうございました♪
 まだまだ暑い日が続きますね~。

 創作的小話。
 土日とファイルを開かなかったためたいして進展せず。「誓」ただいま二章のあたま69枚目。
 今後もしばらくはスローペースでの執筆になりそうです。体調第一。家事第二。執筆第三。そんな感じ。
 だけど妙に現代ものっぽい短編を書きたい病も併発。どうしよう。
2010_09
10
(Fri)15:18

晩夏の蝉

 今日は午前中保育園に連れて行ったものの、途中で眠くなってしまい「おなかすいたー、おうちかえるー」とぐずってしまったため途中で帰宅。
 朝は涼しかったけど昼間はまだ暑いですね。先日までの過酷な暑さは峠を越えたような感じですが。
 そして帰り道に久しぶりに蝉を見つけました。とはいえおなじみのアブラゼミ(関西だとクマゼミの方が多いんだっけ?)ではなく、ちょっと小ぶりな羽の透き通った青っぽい蝉。塀に止まって休んでいたみたいで鳴いていなかったため種類はわからないのですがいまの時期だとツクツクホーシかな? そういえばお盆過ぎてからカナカナの声もよく聞こえるようになりましたね。夕方外に出てると娘が「なんか音しゅる」と不思議そうに教えてくれます。「蝉さんだよ」といってもミンミン=蝉だと思ってた娘はどこか納得できずにいるようで、ここ最近何度も「なんか音しゅるね?」と話しかけてきます。いつになったらこれも蝉さんの鳴き声だってわかってくれるのかなー。

 昨日読んだ本「恋人たちのファンタジー・ヒストリカル 愛は沙漠の風に導かれて」
 今回はヒストリカルというよりファンタジーな部分が前面にでてきた感じの一冊。
 とはいえアラビア風な世界観は見どころ満載。王女と護衛という身分差の恋には色っぽい妖霊さんが絡んで常にドキドキさせられっぱなし。国を護るために必死になる王女とそれを健気に支えようとするあまり妖霊さんの要望にあれこれ応える護衛さんのやりとりもトキメキまくりで楽しかったです。ラストの思いがけない妖霊さんの正体には驚かされもしました。余談だけど父が行方不明という設定は「ガーディアン・プリンセス」っぽいなぁとも思ったけど話はまったくの別物です(笑)。

 Web拍手お返事。
 9/9 19:00ごろに3件の拍手をありがとうございます。
 まだ西の部屋のカレンダーが八月のままです(な、直さねば!)。

 創作的小話。
 ようやく第一章が終わった(と思う)。67枚目。
 これから舞台が変わってようやく主人公たちが表にでてくる……ハズ(あれ?)。 
2010_09
09
(Thu)14:44

ひとときの涼

 冷房を使わずに過ごせるって素晴らしいですね。
 昨日の気温の落差に「布団もう一枚出しておけばよかった……!」と明け方ぷるぷるしてたあたひがいますがそれでも暑い熱帯夜と比べたらもうぜんぜんだいじょうぶ(何が?)。
 だけど昨日の台風の雨と今日の台風一過が過ぎたらまた暑い日が戻ってくるとか。いいかげんそろそろ秋めいてほしいものです。
 ちなみに昨日は雨のなか朝から幼稚園見学してきました。子どもと一緒なので三十分くらいの簡単な説明だったけど。まぁこんなもんかなって感じ(年少組はお昼寝タイムがあるってのにびっくりした)。ちょうど親父さんが仕事休みだったので車出してもらえてよかったです、あんなに雨風激しくなるとは思わなかった……
 幼稚園の見学が終わってからは娘のリクエストで「じーじのぶーぶでごーごー!」。道路を北上してドライブしてうどんを食べて帰ってきました(笑)。途中でぐずった娘はコマンド「媚びる」を発動して義母に玩具を買ってもらい(オイ)、「じーじおねがいっ」と可愛らしくおねだりしてドライブスルーに寄り道させておやつもゲット。どこでそういうスキルを身に付けたんだ……? というか雨のひどいなか車運転してもらってスイマセン、助かります。
 旦那いわく「まぁ初孫ってそんなもんじゃね?」とのこと。
 それでみんながハッピーならまぁいっか(オイ)。

 昨日読んだ本「少年陰陽師 夕べの花と散り急げ」
 新章開幕はいきなりの不穏な展開に驚きの連続。ここではおじいちゃんのお父上の名前が益材さんなのだね(別作品の影響でつい保名さんがあたまに浮かぶ)。ってまぁそんなことより同じ陰陽師の女の子との実力の差に打ちひしがれる主人公の情けない心境とかすごく共感できました。その子の設定あれこれにも唸らされましたわ。早く続き読みたいです。

 昨日読んだ本その2「アルカサルの恋物語 盗まれた妃とめざめる想い」
 イラストレーターさんが変わっていたので同じ世界観で違う話かとも思ったのですが二巻のつづきでした。今回は砂漠でおなじみ奪略婚のはなし(違)。前まではすごく子どもだなぁと思ってたお妃さんが恋をして自我が芽生えて父に反旗を翻す姿に感動しました。脇役たちのほうがまっとうに恋愛が進展してるのに主人公たちは(溜め息)。的確にめざめてるのヘタレでツンデレな少年王だし。まぁその焦らされっぷりも読んでるこっちとしては楽しいです。

 Web拍手お返事。
 9/7 18:00、22:00と計三件の拍手をありがとうございます。
 今日は過ごしやすい一日ですね。久々に娘を公園でゆっくり遊ばせられました。

 創作的小話。
 第一章が終わる終わるといいながらまだ終わってなかった56枚目。
 そろそろ次の章に移動したいのが本音(でもキャラの独白はつづく……?)。
2010_09
07
(Tue)15:04

カーペットに眠る

 今日もまた娘はカーペットにつっぷして昼寝をはじめてしまいました。
 まあ、おんぶして寝かしつける手間がないのはありがたいのですが、ほぼ床の上だよ(笑)。
 冬物のラグならもっさりしてるのでそのままでも気持ちいいだろうけど、いまのカーペットは布切れ一枚に近いものがあるからなぁ。暑いから布団のなか潜って寝るより楽なのかもしれないけど。
 午前中に保育園で思いっきり遊んでくれたから、これからすこし息抜きできるかなー。それより今夜の夕飯何にしようかな。いま冷蔵庫にカボチャと人参とタマネギとサツマイモとじゃがいもしかないので……カレーライスはこのあいだ作ったから、無難な肉じゃがに落ち着きそうです。

 昨日読んだ本「平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり 寵愛の終焉」
 いよいよ佳境に迫ったシリーズ八巻、甘く切なくどこか哀しい雰囲気が溢れまくっております。
 というか次郎君が(笑)。初心な子猫も大人にならざるおえない勢いで暴走してます。寵愛終わってないよ!
 けれどふたりの想いが通じ合ったにも関わらず、この先は苦難の道のりがつづくわけで。
 主人公宮子ちゃんが女の子から成長した感じがすごく胸に沁み入りました。陰ながら真幸くんも応援してたけど相手がね……とはいえ宮子ちゃんが決めたことなので(笑)。有子さんの初恋も切ないです。
 今回は馨子さんのお姉さんっぷりにほんのり萌えました。というかもう母親ですが(ちぃ姫大きくなったかな~?)。

 今日読んだ本「春夢の花嫁 珠閣雷鳴」
 わがままでイジワルな公主さまのせいで同じ名前の町医者の娘が王宮で暴れまわる話です(違)。
 すっごい楽しかった! 主人公珠華の啖呵が威勢よく、気持ちよくて。ほんと若きヘタレ王にとってみれば雷鳴のようだったんだろうな(笑)。元気いっぱいのヒロインって読んでるこっちも元気になれる。医者という職業に誇りを持って、あらゆることを学ぼうとする姿も魅力的でした。巻き込まれた王様が彼女に高められていく様子もまた、読んでて清々しかったです。

 Web拍手お返事。
 9/6 18:00ごろに拍手をありがとうございます!
 台風のせいか晴れているのに風が強いです……

 創作的小話。
 そろそろ第二章に入りそうな54枚目。
 このままだと腹黒兄さんがしょっぱなからアクセルとブレーキ踏み間違えて自爆しそうだ(何)。
2010_09
06
(Mon)13:47

亀の歩み

 そろそろ幼稚園に問い合わせしなくちゃなぁと思い立ったが吉日。
 朝の家事を終えてから電話してみたところ、二日後に予定されているとのことで「じゃあお願いします」と見学説明会の予約を入れる。タイミング的にちょうどいい感じだ。ホッ。
 以前公園で遊ばせてたときに教えてくれた先輩ママさんは「ちゃんとした説明会とかはないから見学したいって話をすれば大丈夫だよ~」と言ってたけどちゃんと問い合わせておいてよかったです(笑)。なんせ去年から市立幼稚園が募集を終わりにしちゃってこっちの私立の定員が急遽増やされたって事情があるので(その分保育所が増えたのだがそれでもまだ保育園は大変みたい)。来年以降も保育所を徐々に増やしていくなど自治体もいろいろやってるみたいだけど、落ち着くのはもうちょい先みたいなので状況確認しながら今後のことを考えたいと思います(ほーちゃんは幼稚園で二人目が生まれたら保育園とか……いやまだぜんぜん予定は未定ですが!)。働きに出ようと思えばなんとかなるとは思うんだけどね、中途半端に動き出した途端二人目懐妊とかありえるから怖いのだよ(笑)。
 ……まぁ、亀の歩みながらもまずは娘の幼稚園見学からでしょうね。

 週末に読んだ本「ムラサキ・ミント」
 文庫ではかなり久しぶりの亜美さんの本。研ぎ澄まされた言葉の感覚と言うか、目次頁ひろげたときから戦慄が走ります。内容は「エヴリシング」に近いかも。だけど舞台は六本木だしテーマも今風だからまた違った印象を受けますね(ちょうどタイムリーな事件もあったし)。救いがないように見えて実は心の奥で救済されている、そんな切なさが大好きです。

 一昨日読んだ本「蒼穹恋姫」
 婚約者を殺された主人公が復讐のために遊牧民の王のもとへ復讐を遂げに行くんだけど……というシチュエーションからはじまってお約束のハッピーエンド。中華風世界を舞台に繰り広げられたラブロマンス。黒幕に好感が持てました(あれ?)。主人公が何もできないツンデレなのでちょっと苛立ったけど(笑)。

 昨日読んだ本「華嫁は玉座に誘う」
 設定が自分の書く物語に似ててちょっとびびった(このあいだのロマンなんかまさにこんな感じ)。とはいえ本になるものは流石だなぁと痛感。凝った世界観を読者にすんなり理解させるアプローチなんかは見習いたいところ。ちなみに主人公のキャラクターが愛らしいです。なんせ「もりもり筋肉!」ですから(←爆笑した)。

 昨日読んだ本その2「月虹の鏡 孤蝶の園の寵姫たち」
 なぜか中華モノが続きますがたまたま積んであったので(オイ)。新人さんの二冊目の本。受賞作に登場した鏡をめぐるもうひとつのおはなし。場面転換の早さがちょっと気に障りましたが(もっとひとつひとつエピソードを重ねてったらそれはそれで味わい深いような)、一気に読める女の子ふたりの友情が軸になった素敵な物語です。イラストがまた雰囲気にぴったり。

 Web拍手お返事。
 9/3に拍手をありがとうございます。
 今日の娘はカーペットに突っ伏して昼寝をはじめました。

 創作的小話。
 進んでいるんだか進んでいないんだかよくわからないうちに第一章後半部分。ただいま38枚目。
 腹黒キャラにそろそろ頑張ってもらおう。
2010_09
03
(Fri)14:58

95cmですが何か?

 今日は九月にはいって最初の保育園開放日。
 毎月はじめには身長体重測定があるので今朝も娘に「身長はかるよ」と言ったら「しんちょはかる~♪」とノリノリになってました。なぜノリノリになる?
 そんで身長体重測定。他の子が泣き叫んだりしていても娘は我が道をとことこ進んでました。体重は夏だからそれほど上下せず。そんで身長。
「95cm、うちの子より大きいヮ(By,保育士さん←三歳の男の子のママ)」
 ……あのー、これでもまだオムツもとれていない二歳児なんですけど(笑)。
 他のママさんからも「おおきいよねー、遺伝~?」「ママもおおきいよね~」「将来モデルにしなくちゃ」ナド、好き勝手言われてますがまぁいつものことです(開き直り)。
 確実に遺伝でしょうね。このさきどこまで伸びるのか、はたまた両親を越えるのか(うちの親は絶対あたひを越えるといまから予測してます、ってことは170cm確定かい?)。横でぐーすか昼寝してる娘が将来自分より高くなるのをいまから想像するとちょっとコワイです(笑)。

 昨日読んだ本「華の皇宮物語 皇太子の初恋」
 シリーズ三巻は子ども世代が主人公になって新展開。後宮が廃止されたことで立場を追われた宦官の復讐劇が幕をあげる、ってな感じ(内容はもっと複雑だけど?)。初恋とサブタイトルにあるように今回のカップルは婚前交渉に乗り気でないため(以下略)……ティアラ文庫のなかでも可愛らしい仕上がりになっております。とはいえ色事師と娼婦のコンビが暗躍したり媚薬騒動で女の子たちが大変なことになったり、明幽明のようなキャラが登場するってのは少女小説じゃあんまし見ないか(笑)。

 Web拍手お返事。
 9/2 18:00ごろに3件の拍手をありがとうです♪
 暑くてもこどもはすくすく成長中デス。

 創作的小話。
 一章部分執筆中。「誓」ただいま28枚目。
 今回のヒロインはケセラセラな楽観主義者なので周りのキャラが大変そうです。
2010_09
02
(Thu)13:21

九月です。

 浮かれ切った八月の暑さはそのままに、カレンダーは九月に突入。
 と、いうわけで実家より戻ってまいりました。
 今回は娘のいつもの通院です(笑)。前回の時点では「もう飲み薬なくても大丈夫かなぁ」なんて話になってたけどとびひにかかって症状が悪化してしまったためやっぱり飲むことになってまた一カ月分処方されてます。夏は汗かくからね、どうしても湿疹がかゆくなる~(逃)。
 これで問題なければ次は九月下旬、十月上旬なのでその頃にはもうちょっと涼しくなっているかなぁと思いたくて仕方がありませぬ。

 そういうこって読了本がいつものように山積中。防備録がてらの感想メモ。

 実家に行く前に読んだ本「お狐サマの風立ちぬッ!」
 藤真編これにて「ざ・らすと」。お狐サマと藤真さまが主人公を大切に想うがゆえにとる護り方の差がよくあらわれてます。藤真さまの武士道、しかと見届けました。

 実家に行く前に読んだ本2「花は後宮にあり! 後宮解散と届かない手紙」
 皇帝が崩御して急展開のシリーズ第三弾。主人公の「なんですと」が読者にも炸裂しそう。
 ストーリーはぶっちゃけサブタイトルのごとし。

 実家で読んだ本「プシュケの刻印」
 お久しぶりの嶋田純子さん。以前和モノを数冊読んだきりご無沙汰でしたが洋風ファンタジーもお上手ですね。
 ちょっぴりビターダークな蜘蛛と蝶の紡ぎだす危うい物語にときめきました。

 実家で読んだ本2「冥界伯爵と恋しない令嬢」
 もう死んでなきゃいけないのにまだ生きてる不死身少女を冥界の伯爵が迎えに来てあの手この手で殺そうとするけど殺せないという話(オイ)。ラブ米なので話はわかりやすいけど全体的にちょっとまどろっこしい。リアリスト王子が気になってたけど伯爵と対立することがなくて拍子抜け。

 昨日読んだ本「ワルプルギスの夜、黒猫とダンスを。」
 このあいだこの方の本読んでカタルシス受けまくったのでこちらも期待して読んでみたのですが後半のどんでんがえしに泣きそうになった。大魔女になっちゃった主人公と猫耳男のアホキャラヒーローとハードボイルドネズミが繰り広げる型破りな自分探しの物語、いろんな意味で衝撃的。

 Web拍手お返事。
 遅くなりましたが8/28に拍手をありがとうございました!
 九月になったけどまだまだ暑いですね~。

 創作的小話。
 実家にいる間はメモ帳にプロット書き書き。
 珍しいことに一冊では設定がおさまりきらなくなったため二冊目突入です。
 ちなみに「誓」はただいま19枚目。ようやく序章が落ち着いたかなぁ?