2010_07
31
(Sat)15:01

ただいま迷走中

 定期購読中の青色雑誌最新号が手元に届きました。
 予想通り、今回も沈没です(ぶくぶく←沈んでいる音)。つーかロマン受賞作の試し読み読んだ途端レベルの違いを痛感したよ。受賞者さん、選考にお名前のあった方々おめでとうございます。こちらはまだまだ修行あるのみ~。
 ちなみに短編の方もちとおふざけがすぎた学園モノだったので(無駄に登場人物多いし←短編でこれやっちゃ駄目だね)名前がないのはしょうがないかなぁと(オイ)。
 というか今年に入ってから投稿した作品がことごとく滑ってるのはなんでだろう(←誰に訊いてるの)。
 あれこれ余計なこと考えすぎるとロクなことにならないってことか(ボソ)。
 そもそも傘の柄が折れたから(←意味不明な責任転嫁)。
 要するに迷走中。

 昨日読んだ本「恋する人魚姫と2人の婚約者」
 恋する人魚姫シリーズ待望の最新刊。海から主人公の婚約者がやってきて彼女をめぐる争いは三つ巴に。
 王子さまと両想いになったというのに彼女の受難はまだまだつづきそうです。今回はアシュレイの食えないお父さまも登場したり、参謀さんの思いがけない正体が明らかになったりと陰謀面でもわくわくさせられました。

 Web拍手お返事。
 7/30 17:00ごろに拍手をありがとうございます。
 悩めるだけのあたまがあるだけ、まだまだあたひはやっていけます。

 創作的小話。
 それでも嬉しい出来事もあって、そのためにはこんなところで腐ってもいられないなぁと思ったのです。
 シンプルかつテンポよく書きあげた「過敏」は結局30枚に。これから推敲して投函準備。
 来週はまた実家に行くので、その前にこの短編を出しちゃいたいです。

 ル杯に参加予定のみなさん、お疲れ様&ラストスパート頑張ってください!
 創作仲間さんの作品がウェブに掲載されるのを楽しみにしております♪
2010_07
30
(Fri)14:30

傘の柄が折れた

 昨日、あのあと昼寝から目覚めた娘が「でんしゃのっておでかけしよ?」と言いだしたので小雨のなか家を出た。
 雨よりも風がひどかった。傘をさしてたら飛ばされそうになった。ベビーカーを押しながら傘を支えて風に逆らうのは厳しかった。
 そして傘の柄が折れた。持ち手の根元からぽきりと。思わず「うそーん」と叫びたくなる瞬間だった……
 その後危険なので傘をしまって駅まで行き、娘がご所望するお馬さんの駅(駅構内に黒毛馬の像がある)のショッピングセンターで傘を買う。出先で傘を買う人が多いのか、店のひとに「すぐに使いますか?」ときかれた。とりあえずシールだけ貼ってもらった。でも新しい傘の骨でも折ったら大変なので帰り道は傘を使わないで頑張った。
 ……結局何しに出かけたんだろう(オイ)。まぁ学生時代から使ってる長傘だったので寿命だったといえばそれまでのはなしですな。

 昨日読んだ本「宝石姫は微笑まない。」
 前国王の娘で身分を隠して生活している主人公ファーラのキャラクターに衝撃を受けました。わざと頭の軽そうなふりをして、というのは「幻獣降臨譚」の主人公もよく演じてるけど、彼女より更に性格が硬い感じ。宝石のような、という喩えがぴったり。そんな彼女が傭兵に恋心を抱くことで、すこしずつ変化していくさまが丁寧に綴られています。けれど王女という身分ゆえに苦しむんですよね、相手の傭兵もまた彼女と触れ合うことで騎士という誇りを取り戻していくし……切ないなぁ。一緒にいたセルツァさんと一緒にヤキモキしちゃいました。
 ダリオンの「貴女が思っている以上にずっと、俺は貴女にはまっている」って台詞にこっちまで泣きそうになりました。
 彼女が石を操るシーンがとても幻想的でした。最後の橋の再会シーンがとっても素敵。

 Web拍手お返事。
 7/29 16:00、18:00に拍手をありがとうございます。
 そういえば一日は日曜日なのですね。

 創作的小話。
 昨日で書きあげられるかと思った「過敏」、まだ終わってません。28枚目。
 登場人物の意地っ張りぶりに振り回されてる気がする……
2010_07
29
(Thu)11:18

雨降りの朝

 今日は朝から雨です。
 雨だと外に遊びに行けないからか、娘もよく寝ます。
 今朝は七時前に起きたというのに、午前十時ごろにふたたび寝てしまいました。別に昨日の夜が遅かったわけではないはずなんだけど(旦那と一緒に九時半に布団に入った)。
 そんなに長い昼寝はしないと思うけどいまのうちにとパソコン起動中。
 とりあえずこの雨で、すこしは気温が下がった模様。蒸し暑いのが難点ですが、それでもここ数日の真夏日を思えば過ごしやすい、寝やすいのかな?

 昨日読んだ本「悪い魔法使いはいりませんか?」
 第三回ルルルで奨励賞受賞された新人さんのデビュー作品。アラビアンな世界観で繰り広げられる呪いにまつわる物語。イラストがキュート。
 悪い魔法使いの弟子という主人公が師匠のかわりに呪いをかけに行ったら呪う対象がすでに呪われていたというところからはじまり、逆に呪う対象の王子さまに捕まって呪いを解く手伝いを強制させられるという(笑)。自分で悪い魔法使いの弟子だと正直に口にする主人公がかわいいです。そしてそのお師匠様もひと癖ふた癖あって素敵。
 呪われた王子さまもいろんな意味で色っぽかったです(オイ)。呪いをかけた思いがけない犯人にも驚かされました~。

 Web拍手お返事。
 7/28 18:00ごろに三件の拍手をありがとうございますー。
 今日の雨で涼しくなるといいですね。

 創作的小話。
 旦那と娘が早く寝たので夜中の創作が捗りました(笑)。ただいま「過敏」25枚目。
 今夜あたり一稿を書きあげられるかな~?
2010_07
28
(Wed)14:05

風唸る七月のおわり

 年を重ねていくごとに時間も加速しているかのような錯覚に陥っております。
 流れる時間は均一なはずなのに、なぜもう七月が終わろうとしているのか(そこか)?
 たしかに世の中夏休みでプールバックぶらさげた子どもたちを見かけるけどさ。
 自分も小学生の時朝九時からプール入ってぶるぶる震えてた記憶があるなぁ。っていうか当時はここまで異常に暑くなかった気がする。ほんの十数年前(仮)だってのに。
 大学の時は夏休みが十月くらいまであったなぁ。三学期制じゃないから冬休みが異様に短かったケド。
 そのうち娘が幼稚園やら小学校やら入ったら「おー夏休み(何)」と忘れていた感覚を思い出すのでしょうか。
 そんな七月のおわり。暑くて風が唸ってる昼下がり。

 昨日読んだ本「少年舞妓・千代菊がゆく! もうひとつの阿修羅像」
 今回は仏像のお話でした。そういえば奈良が舞台になるってのは珍しいですね。京都と奈良って距離的にそんなに離れてない気がするけど(ってあたひゃ修学旅行で一度行ったきりだし)。近鉄特急を喜ぶ千代菊ちゃんの姿にちょっぴりミキちゃんが入ってた気がします(笑)。それより近間さんどうなったんだろう(ボソ)。

 Web拍手お返事。
 7/27 18:00ごろに拍手ありがとうございます。
 今日も夕立ちは降らないかなぁ。

 創作的小話。
 テンポよくを合言葉に「過敏」ただいま16枚目。
 微量の切なさがスパイスになればいいなぁ。
2010_07
27
(Tue)14:14

暑くても遊ぶ子ら

 暑い日がこれでもかとつづきますね。夏だから仕方がないといえば仕方がないことなのですが。
 土日は旦那と娘とショッピングセンターをぶらぶら。買い物というより涼みに行っている感じ。
 昨日は一カ月ぶりにママ友さんと公園でしゃぼんだま遊びやら水鉄砲やらして遊んでました。途中で雨降ってきて雷もごろごろ鳴ってたからそんなに長い時間は遊べなかったけど、娘はママ友さんの車に乗せてもらえて嬉しそうでした(「キティちゃんのぶーぶ!」と呼んでた……友達の名前よりキティちゃんでおぼえていた)。暑いとなかなか出かける気力ないよねー、近所に水遊びできる公園とかないかねー、なんて話はしたけど思い浮かばないなぁ。それよりうちの娘は水遊びすらあんまし興味がなさそう(オイ)。

 そんなこんなでThe Beans vol.15、気づけば読み終わってます(←自分でも今回早いと思った:笑)。以下、ヒトコト感想垂れ流し。
「東方妖遊記 少年王と戦いの女神」……いきなり入浴シーンな女神さま登場←驚いた。
「王子はただいま出稼ぎ中 花祭りの夜に」……オチは想像できたものの一枚なくなった絵画ってやっぱり(何)?
「シュガーアップル・フェアリーテイル アンと猫の砂糖菓子屋」……猫さんと妖精シャルのやりとりが素敵。
「アリアではじまる聖譚曲 王者は聖女を独占する」……いきなり監禁されるところからラストまで一気読み!
「ビーンズ王国物語 恋する猫にご用心」……第二王子の猫好き具合が笑えます。
「赤き月の廻るころ 共同戦線は恋敵と」……わかりずらい腹黒王太子の心中がすこしはわかったかも?
「レッド・アドミラル 海上の薔薇を奪還せよ」……ヒロインがカッコいいんですけど。
「フォーチュン・オブ・ウィッカ その男、最凶につき」……ヒロインのほわほわっとした感じが可愛い。
「シスター・ブラックシープ 【黒い羊】は眠らない」……シチュエーションにときめきまくり。文庫も買ったので楽しみ。
「佐和山物語 姫の噂も十月十日」……その後の心温まる短編。ほんわか。
「白と黒のバイレ 幕間のサルスエラ」……不可抗力とはいえ一歩間違えれば犯罪的な(笑)。
「身代わり伯爵と真夜中の料理教室」……ちょっとだけ舅さんの条件緩和されたのだね。嬉しいね。
「裏切りは僕の名前を知っている」……発売中の文庫紹介の一環。人物名が読めなかった(ボソ)。
「少年陰陽師 想いはふたつの文に寄せ」……このあいだの文庫の後日譚。よかったねえ。
「モンスター・クラーン 海も山も空も」……気になる新作。不覚にも泣きそうになった。
「アネットと秘密の指輪 お嬢様と歌劇の夜」……公演後に舞台に連れて行ってもらって歌を歌ったシーンが印象的。
「セイント・バトラーズ Opera Night」……バケツプリンって最近の少女小説界で流行してるの(オイ)?
「私立勾玉学園 巫女姫様とないしょの七不思議!」……もうすぐシリーズ完結するのか。そろそろ一気読みしてみるかな(笑)。
「つぼみの魔女アナベル 弟子の種の見つけ方」……文庫紹介の一環。この方続刊出ないのかな~。
 そのほか新人賞受賞作品の紹介ページにときめいたり(どのイラストレーターさんもいま脂のってるもんね)、一次選考で知ってる方の名前を見つけて喜んだりしてました。

 昨日読んだ本「悪魔のような花婿」
 新婚ラブ・ファンタジーってジャンルがあるのかは謎ですが、最近はヒロインが結婚してからの物語というものもあれこれ出てきて嬉しく思う今日この頃(笑)。って話がずれた。
 雑誌掲載された一編とその後の物語の二本立て。見開きイラストにドキドキしたよ。甘い新婚さんだけど欲情すると少年の姿になっちゃう旦那さん(むらむら伯爵←爆笑)と無事に初夜を迎えられる日はまだ遠い……かな?

 創作的小話。
 とりあえず書きはじめた「過敏(仮)」。キャラクターがよく喋るので13枚目(オイ)。滑らない程度にスムーズに書きたい。
 今週中に一稿あげよう。とにかく笑えるラブコメ目指そう。

 Web拍手お返事。
 7/23、24と拍手をありがとうございます。もうすぐ七月が終わっちゃいますね!
 以下お返事です。

続きを読む »

2010_07
23
(Fri)14:15

ある意味祭か?

 昨日は娘が変な時間に昼寝してしまったためパソコンを開く暇もなく日記もおさぼりしちゃいました。
 だって朝六時前に起きて午前十時前に寝るんだよ(笑)。しかもそのとき移動中だし。家に戻ったら自分でベビーカーのベルト「ぱちり」と外して「でんしゃー?」とか言ってるし(汗)。
 ちなみに本屋行ってました(オイ)。娘が「でんしゃのっておかいもの、しよーね」と言ってたので「じゃあ電車に乗ろうか」と駅に向かったものの、その途中で娘が寝てしまったため方向転換。交通費往復四百円かけて大型書店にいくのもなんだか勿体なくなったので(オイ)。歩いて行ける(とはいえ家からだと約三十分かかる←汗だく)郊外型書店まで行って豆雑誌と本宮さんのアイリス新刊買ってきました。くまの柚子先生の表紙イラストがステキすぎる。
 そういえばまだ今月のビズログ文庫チェックできてないや(本屋じゃすでに平積みもなくほとんど売り切れてた)、新人さんの本とか真朱先生の新作とか気になるなぁ。あとフルメタの完結巻が平積みされてた。やべー。
 ……とまぁ最近本屋で娘と一緒に児童書ばかりみてたため(娘はまだひとりで本を読めない)自分がチェックしたい文庫の棚を見る暇もなかったのです。娘が寝たここぞとばかりにあれこれ漁ったよ(オイ)。
 そんで家に戻って豆雑誌をぱらりらしてたら夕方ごろに郵便物も届いてなんだかあたまのなかで半強制的に祭が(何)。
 いやはや、夏から初秋にかけての〆切ラッシュだけじゃない、発表ラッシュというものもあるのでした。ひゃっほーい(壊)。
 あ、どっちにしろ豆には投稿してないしロマンもあれ見て落選確実だと思ったのでこれ以上自分がダメージ受けることはないと……ってまだ何かあったような(そうだ、短編を忘れていた!)。来週あたりまたじたばたしてることと思います。まぁいつものことだといえばそーだけどさっ。

 一昨日読んだ本「鏡の国の魔法使い」
 政略結婚で夫婦になった素直じゃないふたりは相変わらず素直じゃなくてそれゆえあちこちでちょっかい出されて大変なことになっています(笑)。恋を自覚しはじめた主人公のしぐさがかわいい。あと、あとがき読んでなぜかホロリときました。自分の娘がうっかり原稿を読むことを想定して書くってくだりにはちょっぴり共感です。

 一昨日読んだ本その2「聖鐘の乙女 恋の歌劇と薔薇のドレス」
 やってきました学園祭(の準備)。男装中の主人公が歌劇でヒロイン役に抜擢されて男装しながら女装するという事態に陥ってます。こういうシチュエーション好きだなぁ(笑)。個人的には口を塞いだのがあのひとで嬉しかったなぁ(オイ)。

 昨日読んだ本「悪役令嬢ヴィクトリア ~花咲く庭で~」
 シリーズ三巻にして完結巻。中毒事件の扱い方が上手だなぁと感心しました(そこかい)。想像上の植物ってのに多少違和感はありますが(笑)。んでもって主人公と王子さまの恋も誤解したりすれ違ったりしてましたがなんとかふたりで未来を歩き出せた感じですね。素敵な作品をありがとうございました。デザートピーチティー飲んでみたい……

 創作的小話。
 上記のとおり、心の準備ができてないうちに評価シートとかいう紙切れが届いたため反省会の真っ最中。
 いやはや、ひとつひとつの作品にこんなに懇切丁寧なコメントが送られるとは思わなんだ。感謝感謝です。がんばるぞー。
 そういうわけで(?)短編「過敏(仮)」のプロットが浮かび上がる。タイトルは物騒だけど可愛らしい話になりそう(たぶん)。今月中には形を整えたいなぁ。

 Web拍手お返事。
 7/21にたくさんの拍手をありがとうございます。
 結婚三周年のお祝い拍手かな? これからも家族仲良く頑張ります。
 以下、お返事です。

続きを読む »

2010_07
21
(Wed)14:03

まるさんねん

 結婚(式)記念日です。
 あれから丸三年が経つのだね。うん、年をとったよ。
 あのときお腹の中にいたほーちゃんは二歳七ヵ月。月日は確実に経過してるのだ。
 今日は朝から旦那と「結婚記念日おめでとう」って言えてちょっぴり幸せ感じたのでした。いまの生活お金はないけど愛があるもんね(オイ)!
 籍入れたのは五月だけど、結婚式した日の方が、やっぱり結婚したんだなぁと思える不思議。
 これからも家族で楽しく毎日過ごしていこうね。

 昨日読んだ本「悠久の恋桜咲く! ~新米修祓師退魔録~」
 シリーズ三巻にして完結巻。三冊で終わっちゃうのがちょっぴり勿体ないくらいな内容たっぷりな完結巻でした。
 だけど同じレーベル内に神様と人間の恋愛で盛り上がってる先発品があることだしここいらでまとめた方がいいって判断なのでしょうね(ボソ)。ネタばれになるのでたいしたこと言えないけどあれこれ盛りだくさんでした。悠灘さん深すぎる。
 そして全巻通して国守りの神のために戦うヒロインの姿に萌えました(笑)。最後の最後で神様が決めたところで彼の評価がぐんと上がったよ! 石川沙絵さんの見開きイラストも素敵です。お幸せに。

 Web拍手お返事。
 7/20 18:00頃に拍手をありがとうです~。
 今日は旦那にエアコン解禁してもらったので娘が昼寝してる間だけ涼しく過ごしてます。

 創作的小話。
 書きあげた「朱」を最初から読み直している途中。ようやく正式タイトルが決まった(遅)。
 八月の短編はタイトルだけポン、と浮かんだのでこれで現代ラブコメでも書こうかとは思ってるんだけど中身がまだ決まってない(笑)。しばらくは次の長編ともどもプロットの日々だろうな……
2010_07
20
(Tue)14:41

梅雨明けとともに

 実家から帰ってきました。暑いです。暑くて溶けそうです。
 それでもまだエアコンは使ってません。首に保冷剤つけたタオルを巻いて凌いでます(扇風機は昼寝中の娘が使用している)。午前中は冷房のきいた保育園で遊んできたので快適でした(オイ)。実家にいる間もなんだかんだ冷房をつけてくれて申し訳ないくらいでした。まぁほんとにどうしょうもなくなればリビングのエアコン起動させるし涼風扇をつけてもいいんだけどね(でも絶対娘にイタズラされる気がする)。
 なんにせよ夏本番。スタミナ付けて頑張ろう。

 実家に行く前に読んだ本「アヴェントの娘」
 アイリスで活躍されている永野水貴さんがレガロシリーズから単行本を上梓! ということで美麗なイラストともども壮大なファンタジーに浸らせていただきました。洋風の物語ははじめて読んだのですが、これはこれでしっかりと世界が確立してる感じです。水からこんな物語が生まれるなんて凄い。でも一話完結だと思って手に取ったのにこれで終わりではなさそうなところがちょっと気になる……相変わらず隠匿されてる主人公の謎とか気になる(笑)。

 実家で読んだ本「海のさいはて、天国の扉 ワケあり海賊と奴隷な幻獣姫の大冒険」
 積読本になってた新人主婦作家さんの本。来月新作出るそうなので慌ててチェック(笑)。
 短編の頃からこのノリの良さというか生きの良さは変わりませんね。一人称で書いちゃうところとか。
 ワケあり海賊と奴隷にさせられた幻獣姫さんの話です(まんまやん)。ラブアンドピースだ。

 実家から持って帰って来て読んだ本「Dクラッカーズ・ショート2 過日―roots―」
 短編集と銘打っているわりに中編ばかりが並ぶシリーズ番外編。
 過去の因縁やら出逢いやらが色濃く綴られた一冊。よく喋る理屈っぽくてちょっと陰険な男のひとがいっぱいでてきた気がします(オイ)。
 これでいよいよ最終巻に手を出せます。たぶん来月あたり(笑)。

 Web拍手お返事。
 7/14 19:00頃に拍手をありがとうございますー。
 夏バテしないよう気をつけましょう。いやほんとこれ溶ける。

 創作的小話。
 実家に帰る前に書きあげようと思っていた「朱」、結局実家に帰って来てから書き上げました。
 トータル115枚(原稿用紙換算たぶん400枚)。なんでいつもこう上限ギリギリなんだ。
 ちょこっと手直ししたら放置開始。その間に八月の短編に着手します。それから推敲&アイリスさんに投稿だーい!
 実家にいるあいだは来年のロマンに向けての物語ばかりあれこれ考えてました。「朱」と同じ世界観だけどまったく違う場所を舞台に元気いっぱいな女の子が暴れる予定(仮)。今回のはなしがラブ寄りだったのでもうちょっと冒険モノっぽいファンタジーを書いてみたい(と、無謀は承知で言ってみる)。

 そういえばノベルの受領メールが届いてないのですが、メール通知希望と記さなかったあたひに非があるのでしょうか(笑)。まぁ、返信用封筒はちゃんと入れたはずなので、評価シートは届くと信じたいです。その前に来月あたりロマンの評価シートが届くかな(このときはメールアドレスすら書かなかった)?
 明後日は豆雑誌の発売日ですね! 出してないけど楽しみです。
2010_07
14
(Wed)13:45

ここ掘れチョコレート

 ようやっと蝉が鳴きだした七月中旬。来週あたりから夏休みがはじまるところももうでてくるのかなぁ~。
 今日は久々に保育園の園庭で遊べました。しゃぼんだまもたくさんしたよ(主に母親が)。
 娘は遊具ですこし遊んでは砂場のシャベルでグラウンドの土を掘り(なぜ砂場で遊ばないのか、それが問題だ)、半乾きの土からでてきた赤茶色の土を見て「ちょこりっと!」と喜ぶ始末。チョコレート……うん、見えなくもない。
 天気予報だと明日以降また梅雨空に戻るみたいなことも言ってますが、できれば明日も雨が降らないでくれればいいなぁと思います。実家に行くので。

 昨日読んだ本「砂漠の城の真珠姫 黄金後宮に揺れる恋」
 妖精と人間の王子さまの恋物語、続編。めでたしめでたしで終わったかに見えた物語の先には種族が異なるがゆえの困難が待ち受けていたというおはなし。ライバルの女の子が後宮に乗り込んでくる、っていう展開はよくあるけれど子連れでやってくるとは(ボソ)。可憐でありながらしたたかな彼女のキャラクターが凄かったです(笑)。王子さまの存在感が薄かったもん今回(オイ)。

 Web拍手お返事。
 7/13 19:00ごろに3件の拍手をありがとうございます~。
 明日からしばらく留守にしまっす。

 創作的小話。
 終章入った111枚目。今夜中に片づけられるか微妙なところ。
 実家にいる間は次の長編(ロマン用)か次の短編のプロットでも作ってみるつもりです。
 シリアスな和風モノばかり書いてたので現代モノのラブ米が無性に書きたくなってきた(笑)。

 というわけで毎度のことながら明日から一週間弱日記お休みしまっす。
 復活は二十日過ぎあたりかな(仮)。
2010_07
13
(Tue)14:38

椅子に寝る

 梅雨のような天気、相変わらず。
 こんな日は外にでても娘はあまり気乗りがしないらしく、保育園でもあまり遊ばずすぐぐずる。
 けっきょく昼前に「おうちかえろ」と言われて戻ってお昼ごはん食べてそのまま椅子に座って昼寝。
 ……椅子に座ったまま寝ちゃった!?
 幼児用の座ると「みー」とか「ぷー」とか鳴る椅子。あれに座った状態で手足を投げ出して寝てました。半分ぶらさがってるような不安定さで。そのままだと痛そうなので布団のある部屋まで運び、ふぅと一息ついたら。
 今度は救急車の音が鳴り響き、娘が「ふぎゃー」と猫のしっぽを踏まれたような声(仮)で泣き叫んで立ち上がる。「あー、びっくりしちゃったねー」と救急車の音が鳴りつづくなかを抱っこしてあやす約三分。
 ……なんとかまた寝てくれました。ふぃー。

 昨日読んだ本「赤き月の廻るころ もう一人の花嫁候補」
 てっきりこのあいだの意地悪な第三王女がでてくるのかと思ったら肉食王子の従妹さんの方でしたか(笑)。
 主人公に似た雰囲気の彼女が彼を必死に慕う姿はいじらしくて共感できました。だけどやっぱり主人公とは違うんだなぁというところもあり、そのあたりの比較も楽しかったです。そして動き出した陰謀やさらに謎めくキャラクターたち。この事件の黒幕、彼あたりを推測していたけど、そうでもないのかな(?)。海賊さんも登場してまだまだ楽しませてくれそうです。それより気になるのが現代版でコミック化!? ちょっと興味アリです。

 Web拍手お返事。
 6/12 19:00ごろに拍手をありがとうございます!
 今日も洗濯物は部屋干しであります。

 創作的小話。
 ようやく終章に入れそうな「朱」110枚目。とりあえず第一稿を実家行く前に書きあげようっ。
2010_07
12
(Mon)14:47

のどははれ、そとはあめ

 風邪の具合ですが、熱は旦那ともどもさがりました。
 とはいえ、喉の痛みが相変わらずつづいている今日この頃。
 いつになったらグレープフルーツを食べるのが楽になることやら……

 今日は狐の嫁入りのような天候。空は一日中明るいんだけどずーっと雨。
 娘がぐずるのでとりあえず午前中の雨が小ぶりになったところを狙って近所まで散歩。
 傘差してベビーカーで途中まで歩いたものの、風が強すぎて母娘で吹っ飛ばされそうになり生命の危険を感じたため慌てて傘を仕舞う。
 家に戻ってから早めにお昼を食べて、テレビを見ながら昼寝モードに入った娘の耳をめんぼうでつついて今に至る、ってな感じです。
 今週はずっと雨の予報ですね。週末になったら通院のためまた実家に行くので、できればひどい雨に遭遇したくはないものです。

 週末に読んだ本「お狐サマの浪漫飛行ッ!」
 なんでもありな短編集。番外編というだけあってどのお話も味付けが濃いです(笑)。
 個人的に気になっていたお二方の恋話が読めて嬉しかったデス。
 物語だけでなく装丁にも遊び心があちこちに垣間見える素敵な一冊でした。

 一昨日読んだ本「佐和山物語 時の花嫁とはじまりの歌」
 一巻から提示されてきた時渡りの謎、解決編。そんでもって物語もひと段落の模様。だけどエピローグは秋ごろの短編集まで持ちこされるらしい(笑)。それでも一巻からの謎がひらけた瞬間は感動的でした。投稿作を改稿してここまで引き延ばしたってことだもんなぁ……いやはや、読み応え有りました。
 それにしても今回出てきた忍びの女の子がかわいかった(オイ)。

 今日読んだ本「少年陰陽師 御厳の調べに舞い踊れ」
 短編集というくくりにはなってますが、表題作はたぶん中編かと(ボソ)。
 しかも今回のおはなしは日本神話の蘊蓄がないとけっこう読みづらい気がします。あたひもちょっと混乱しました(特に大日霊女と大日霊子のあたり……たしかそういう話どっかで読んだ記憶あるんだけど:笑)。だけど主人公と離れている間に伊勢で何が起こったのかとか、じいさま頑張ったんだなぁとか、いろいろ読めてヨカッタです。

 Web拍手お返事。
 7/9 19:00ごろに拍手をありがとうございました!
 夏風邪ってしぶといですね……
 
 創作的小話。
 気づけば上限まであとちょっとの「朱」、大詰め108枚目。
 あと7枚でどうやって完結させろと(逃)。
2010_07
09
(Fri)16:08

夏風邪だった

 旦那も夏風邪ひきました。今日は昼前に帰宅してた。まぁ随分具合はよくなったみたいだけど。
 夫婦で発熱してのどの痛みを発してぐったり。
 そういえば旦那は病院で39.6℃なんて数値を叩きだしたらしい。そう考えるとあたひより旦那の方が重症だったんだろうなぁと思います。ってあたひものど痛いですが。痛くてトマトが飲み込みづらい(笑)。薬飲んでいつもより早めに寝るという行為を二日繰り返したら平熱に戻りました。ふぅ。
 いまになって風邪をひくとは……ノベルの原稿早めに出しといてヨカッタ、と心底思ったよ(笑)!
 そんななかなぜか娘だけ元気いっぱい。このままうつらないでほしいものです。

 一昨日読んだ本「お狐サマの旅は道づれッ!」
 昨日読んだ本「お狐サマの世は情けッ!」
 これでようやく本編の最新刊まで追いつきましたー。更に腹黒くて綺麗な女狐さんが登場してドキドキです。
 西国の旅で永遠のはじまりを手に入れて赤い糸を手繰り寄せる場面も感動的。
 なぜか恋敵風呂シーンまで登場してびっくりな旅の珍道中。この先どうなるのか来月が楽しみです。

 Web拍手お返事。
 7/7 19:00ごろに拍手をありがとうございます!
 体調を崩しやすい時期なので、ほんと気をつけましょう!

 創作的小話。
 小休止。病状回復次第「朱」のつづきを……
 その前にサイトの方いじっておきました。二次まで残ってくれた去年のノベル応募作品晒してます。
 こっちからもリンク貼っときます。「款冬姫恋草紙」、〆切明けのお時間のあるときにでも(笑)。
 さぁて今回はこれを越えた作品を果たして書けたのだろうか(いまになって不安……)。
 ぶっちゃけ雑誌に名前が載ればそれでいい気が(オイ)。

 そんなわけで。
 ノベル〆切まであとちょっとですね。
 投稿された方、お疲れさまでした! そしてギリギリ祭な方々、ラストスパート頑張ってください!
2010_07
07
(Wed)13:36

これは何風邪?

 夏風邪と呼んでもいいですか(誰にきいているんだ)?
 朝から身体がだるくて食欲もでず、それでも娘を外に連れていかなきゃいけないと以前もらった風邪薬を飲んで午前中は保育園へ。室内遊びだったのでそれほど暴れることもなくてよかったです。
 身体のふしぶしと頭はまだ痛みます。でも喉はひりひりしないので風邪のひきはじめかもしれませんね。
 そんで昼ごろに旦那から電話「風邪ひいたから今晩のおかずは喉にやさしいものにしてくれ」。
 ……なぬっ。
 というか喉にやさしいおかずって何?
 旦那は喉が痛むらしい。完全なる風邪っぴきですな。
 今夜は家族みんなで早く寝ましょう(というときに限って娘が元気いっぱいだったりするんだけどね:笑)。

 昨日読んだ本「お狐サマの七変化ッ!」
「お狐サマの挑戦状ッ!」
 七変化だけ読んで挑戦状は今日読もうかとも思ったのですが、つづきが気になってしまったためつい一気読み。
 雲上の世界でなぜか七変化するヒロインに萌え(笑)。猫耳よりうさ耳がすきなのですね、お狐サマ。
 そんで雪崩れ込むように挑戦状を読み、ようやくハァと息をついた感じ。まっさらな状態でふたりの男がヒロインを取り合うという王道設定にトキメキまくりです。脇キャラだと錫蜜さんのような姐御キャラがすきだなー。

 Web拍手お返事。
 7/6 18:00ごろに三件の拍手をありがとうございます!
 今日は七夕ですね。こっちは雨だけど……

 創作的小話。
 ヒーローがようやく敵地へ侵入したところ。102枚目。
2010_07
06
(Tue)12:24

ワンテンポ早い

 昨日二度寝をしたほーちゃんは、今朝六時くらいにむくりと起きて「おはよーごじゃいましゅ」と旦那にしっかり挨拶したそうです(あたひゃ寝てた)。
 その後、機嫌よさそうにしていたので家事を終わらせてから保育園に遊びに行ったのですが、十一時にならないうちに眠気到来、おともだちが遊ぶ中でひとり泣き叫ぶ(涙)。いつもなら正午まで遊ばせてそれから家に帰ってお昼を食べてねんね、なのにワンテンポ早かった。
 とりあえず身長と体重だけ計測して(身長がまた伸びた)、「おうち、かえる」とぐじゅぐじゅ泣く娘をベビーカーに乗せて帰宅。帰る途中で寝ちゃうかと思えばまだ起きていて家の前で「鍵あけて」とか真顔で呟いてましたが、あたひが先に部屋に入って窓を開けてる間にベビーカーのなかで寝た模様。時計は午前十一時をまわったところでありました。お昼は起きたらパンでも焼くことにしまっす。

 昨日読んだ本「お狐サマの花吹雪ッ!」
「お狐サマの赤い糸ッ!」
 ようやく折り返し地点に到達? 花吹雪では一巻から消息不明になってたお兄さんが強力な助っ人を手に入れて大活躍(オイ)。赤い糸では恋人たちの距離が一気に縮まったかな? 嬉し恥ずかしもどかしいふたりの恋はまだまだ前途多難だけど、ようやく互いが互いを認め合うような感じが素敵。六巻の舞台となった大奥の描写も良かったです。新キャラの歌橋さんの正体は気づけなかったー……口惜しい(オイ)!

 Web拍手お返事。
 7/5 18:00ごろに拍手をありがとうございますっ。
 ようやく梅雨らしい空模様になりました。

 創作的小話。
 読み返しながらあちこちをいじりだす。「朱」、まだまだつづく101枚目。
2010_07
05
(Mon)12:35

二度寝の朝

 今日は朝の五時半に娘が「豆乳飲むぅうう!」と泣き叫びながら起きたので、あたひが寝ぼけた状態で豆乳をコップに注ぎ、そのまま寝室に戻って二度寝。
 七時になって旦那が「起きろ~」と起こしに来てハッと気づくとその隣で娘も二度寝。
 しかも旦那にゆっさゆっさ揺さぶられても娘、起きず。
 ふだんは綺麗に目が覚めて「おはよーごじゃいましゅ」とか「ほちゃん起きたよ~」とか言ってくるのですが。
 まだ寝てる。
 旦那「起きないねぇ」と抱き起こすも、半分目を開いた状態のまま、寝息。
 なんだかんだで結局起きたの七時半くらいには起きたのですが、二度寝する娘を見て「この図太さ旦那似だ」と思ったのはここだけの話です(笑)。
 その後はいつものように公園で遊ばせたもののやはり眠気が残ってたのか、帰りのベビーカーで昼寝に入りました。家に戻って落ち着いたら今度はスコールのような雨が降ってきたので慌てて洗濯物を取り込んだところです。
 梅雨の雨というより夏の豪雨のような勢いです。この様子だとすぐやみそうだけど。
 なにはともあれ午前中に外遊びさせられてよかったヮ。

 週末に読んだ本「お狐サマのから騒ぎッ!」
 一昨日読んだ本「お狐サマの縁結びッ!」
 昨日読んだ本「お狐サマの神隠しッ!」
 シリーズ一気読み続行中。巻を追うごとに増えるわ増えるわ登場人物。特にお狐サマサイドのキャラクター関係がなんかにっちもさっちもいかない感じでまだまだ裏がありそうで楽しい(オイ)。一蝶さんとか。主人公とお狐サマの恋の進展もあっちこっちに邪魔されてもどかしい限り。今後は藤真サマの暗躍も注目ですねー。

 Web拍手お返事。
 7/2 13:00と18:00に拍手をありがとうございます。
 雨が降ってすこしは涼しくなればいいのですが……

 創作的小話。
 ヒロイン絶体絶命の危機? そろそろヘタレな彼に頑張ってもらいたい「朱」100枚目(原稿用紙換算すると370枚越えるくらい)。
2010_07
02
(Fri)11:13

早いお昼寝

 娘が朝六時前に起きて「ママぁ~、むにゅでたよ~」の声で自分も目が覚めました。
 そういえば昨日は出してなかったもんね(笑)。
 お腹が張っていたからか早朝に起きた娘は午前十時になる前からまた眠くなってしまったらしく、ただいま早いお昼寝中です。最初は布団に寝かせていたのに一度「むくり」と起き上がってとことここっちに来たと思ったらパソコンやってるあたひの椅子の下にもぐりこんでまた寝ております。床の上の方が冷たくて気持ちいいんだろうなぁ。なんだか猫みたいだ。
 娘が起きてるようなら久々に電車に乗っておおきな本屋に行って新刊漁りにでも行こうかと思ったけど、この様子だと今日は無理かなぁ(笑)。週末に行けたら行きたいなぁ。

 今日読んだ本「お狐サマの言うとおりッ!」
 かたやま和華さんの作品でこのシリーズだけ未読でした。古本屋などで前々からちょこちょこ集めてたのがようやく形になったので既刊まで一気読みしようと考え中(笑)。
 どっちかというとフジミスのデビュー作「楓の剣!」に近いかな(ドタバタなラブ要素は「レディ・キャンディ」にも通じると思うけど)。剣で打ち合うシーンとかが特に。乙女向けだけどそういった描写はやっぱり本格的ですね。パラレルな江戸(江都)が舞台ということで周辺の地名もまた元ネタを知る人間からすると面白みがありまする。キャラクターも斜め上を突っ走る台詞回しを繰り出す化丸くんやせくはら狐(せくはらって言葉がこの世界観に存在するってこと自体素晴らしい!)、謎めいた初恋のお兄さんに里芋兄貴、よりどりみどり(オイ)。
楽しく読みすすめていきたいです。

 Web拍手お返事。
 7/1 19:00ごろに拍手をありがとうございます。
 今日は午後からバタバタしそうな予感です。

 創作的小話。
 とにかくいまは「朱」を書きあげたい。第五章に入ったところ。96枚目。
2010_07
01
(Thu)14:49

一進一退

 七月になりました。今朝はけっこう涼しかったけど、いまは蒸し暑いですね。
 今日は午前中に娘を公園に連れて行ったものの、お友達が誰も来てなくて本人は一時間しないうちにおうち帰ると言いだしました。その後、豆乳を買って家に帰ってそうめんをゆでてあげて、一時ごろに昼寝に入ったところです。
 パンツトレーニングは一進一退。おでかけのときはまだまだおむつです。昨日、仕事帰りの旦那を娘と一緒に駅まで迎えに行って帰りに薬局でトレーニング用パッドなるものを入手したところ、すこしは啓発されたようで(笑)、「おねえちゃんのしゅる!」とトレーニングパッドのパッケージについてる女の子の写真を指さして要求してきます。だけどパンツにくっつけるシールをぜんぶはがそうとするのはやめてほしいなぁ……
 ちなみにうちの娘は「トレーニングパンツ」のことを「すとれっちぱんちゅ」といいます。なぜストレッチ?

 昨日読んだ本「碧の祝福 捧げられた娘」
 鰯さんの新シリーズ。池上紗京先生の和風イラストにノックアウトされつい手にしてしまいました。いいよね和風(笑)。前作も気になってるので落ち着いたら古本屋で一気に買い占めたいところ(オイ)。
 主人公の名前が「朽葉」ってのも味わい深いです。というか意味深な感じがしてイイ。
 彼女の血の繋がらない水守のふたりのお姉さんもキャラクターが素敵です。人間と神の間に生まれた、という設定が生きてる。そして謎めいた柚木さんと彼と契約を交わした神様がこの先の物語を引っ張って行くのだな、とわくわくしております。タイトルのようにシリアス全開なのかと思いきや、それほどでもなく(笑)、神様に主人公を取り上げられた幼なじみの阿木くんの不憫っぷりにはくすりと笑ってしまいました。

 Web拍手お返事。
 6/30 18:00と23:00に拍手をありがとうございます!
 原稿は本日早朝(5:08)に受領されたそうです。朝早ぇな!

 創作的小話。
 昨日の今日で多少腑抜けているものの、「朱」がいよいよ佳境の93枚目。

 そういえばビズログさんが第十三回ガールズノベルス部門の第二期の募集をはじめたそうだよ(それだけ今回応募者多かったのかな?)!
 〆切が来年四月だというので、まだ時間もあるし、ル杯は諦めて今後はコバ短毎回参戦と九月のアイリス、一月ロマン、四月ビズログ二期(仮)に向けて予定を進めていきたいところ(毎度のことながらあたひゃ三月の豆には参加しないので……)。長編もっと書かなきゃな~。
 とはいえ秋口から春にかけては娘の入園やらなんやらでバタバタするだろうから、宣言通りにできるかは難しいです。今年の夏のうちに長編書きためておくか(無理)!