2008_11
27
(Thu)17:25

プチ帰省に向けて

 明日から二泊三日の予定で実家にプチ帰省してまいります(笑)。
 今回はプレママ仲間さんとの合同お誕生会なのだ。
 病院の母親学級で仲良くなったママさんから「一緒に一歳のお誕生会しましょ」とのお誘いを受けまして、まだ一歳になってないけどまぁものはついでなので(オイ)、娘を連れて行くことにしたのであります。
 ある意味実家での里帰り出産ですので(仮)。お誕生会(ランチ会)の場所は新宿なんだけど(里?)。
 そんなわけで午前中はみなさんにお配りするお菓子を作り(卵と牛乳を使っていないバナナマフィン、これならたいていの赤ちゃん大丈夫だろう←毒味してくれたうちの娘はパクパク食べてた)、午後から荷造り(ってほど量はないけど)にいそしんでいたのであります。

 今日読んだ本「青嵐の花嫁 栄冠翔破」
 あとがき読んで笑っちゃいました。逆ハーレムって……実際に読んでみるとまぁそうも見えなくもなくはないかなぁって感じ(仮)。他のシリーズ作品と比べるとすごく明るい感じ。最初から最後まで突き抜けてさわやかでした(たぶん)。
 主人公の女の子が軍隊入って男同然の任務に勤しむ姿が眩しいです。ワケあり上司や恋には鈍感なお師匠様にちょい不良中年と周囲の男性陣はなんともいえませんが(だからコメディっぽく見えるのか)。
 悪役(?)の王様たちもキャラクターとしては面白いと思いました。実際にこんな王様いたら速攻で国亡くなりそうだ(笑)。

 創作的小話。
 とりあえずいま書いてるお話の味噌帳持って、実家に行こうと思います。
 創作する時間はたぶんないと思うけど(逃)。
2008_11
26
(Wed)17:38

ひとやまこえた

 我が家の風邪の諸症状はどうやらひとやまこえた模様。
 先週が一番ひどかったからねー。
 あたひも未だ咳きこむことはあれど、のどの痛みが緩和されたことで随分落ち着いておりまふ。それでものどあめはあると助かるので今日も旦那に買ってきてとお願いしちゃった今日この頃。
 娘もときどき鼻水たらしたり、せきこむことがありますが、薬を飲むほどではなくなってます(連休中で落ち着いたのでなんだかんだ三日分くらいしか飲ませてない……またひどくなったら飲ませるけど←オイ)。
 そんな娘は今日、市のポリオ集団接種(二回目)だったのであります。
 先週風邪ひいてたので受けられるかなぁ~、と心配だったのですが、問診と診察でオッケーもらえたので受けてきました。周りの赤ちゃんは泣いていたけど娘は肝が据わっていたよ。
 終わってからぐずってすこし寝たけどベビーカーに乗せるときに起こしてしまい、また泣かれてしまっただよ。
 家に帰ってからは寝る気配がなくてどうしようと思ったら夕方になって眠くなったらしく盛大にぐずりながら眠りについただよ。
 そんなわけで夕飯の準備前にちょっとだけパソコン中。

 昨日読んだ本「孤峰の花嫁 霞彩包懐」
 森崎さんの久々の中華花嫁シリーズ。ここからイラストレーターさんが由羅カイリさんから明咲トオルさんに代わっております(ほんと最近明咲さんのイラストよく見かけるナァ)。
 いままでの話を読んでなくても一話完結なので問題ないですが、世界観が同じなのでいままでのお話との接点も微弱ながら存在しております。あんまし気にするところでもないだろうけど(笑)。
 今回の花嫁さんはいままでの中でかなりおしとやかな部類になるかと(ボソ)。天涯孤独で貧しい村暮らしの少女が王様に見染められていきなり寵妃になっちゃってますし。まぁそれなりにウラがあるんだけど(オイ)。それでも彼女が最後に選ぶ姿がカッコいいなぁと思いました。最初で最後の命令シーン、あれはグッときただよ。

 創作的小話。
 のんべんだらり、長編っぽいものをなんとなく書き始めております。
 プロローグが三枚くらい。和風にも洋風にも確定しなそうなので結局なんでもありのパラレル現代ものに落ち着きそうです。白いお城はでてきますが(しつこい)。
2008_11
22
(Sat)23:37

特に変化のない三連休初日

 三連休だというのに相変わらずいつもと変わらぬ生活を送っております。まぁ家族全員で風邪ひいてるし仕方ないか。
 なぜか夜になってから喉がひどく痛み出し、咳をするたびに奥の方がヒリヒリして苦しい思いをしております。鏡で見たらまだ赤かった……
 娘の方は寝ながら咳きこむことが減り(まぁすぐに薬飲ませたからねぇ)、今夜はぐっすり眠ってくれることでしょう(期待)。
 明日は旦那の家族と公園にでも行って娘の歩行訓練をしようなんて話になっておりまふ。

 今日読んだ本「月色光珠 夏風に願いは惑う」
 ようやく最新刊に追いつきました(笑)。だけど気になるなぁこの先。
 偽義賊としての役割も(強制的に)終わり、もとの夫婦での逃避行が続行するのかと思いきや、忘れていた追手にしてやられてしまいました。追手は彼だけじゃなかったのですね(当然)。
 そこに至るまでのごたごたや、愛剣が人を殺してしまったなんてショッキングなエピソードなんかもありまして、こっちも一緒になって浮き沈みしたのでありました。とはいえ有さんの皇帝を虫けら発言にはうけましたが。怖いなあおしおき(ボソ)。

 創作的小話。
 相変わらずメモ帳にぐだぐだ羅列を繰り返してます。
 すこしは話の筋が見えてきたかもしれません(遅いよ)。
2008_11
21
(Fri)17:29

風邪の行く末

 あたひ、旦那が立て続けに風邪をひき、娘にもうつりました(あたひののどは改善しつつあります、まだ咳することはあるけど)。
 三日くらい前から鼻水じゅるりら~で動き回ってて、ちょこっと咳をする程度だったのだが。
 昨日、保育園(一歳児クラスで楽器遊びしたのだ)から帰ってきてお昼御飯を食べて昼寝をしてたら、
「けほっ、けほっ」
 と寝ながら咳きこんでまして。
 それから三十分くらいしてまた咳きこんだのだが。
「けほっ、けぼっ、げぼっ、べちゃ、ぺちゃ……」
 という得体のしれない音が。
 おそるおそる寝室に向かうと、新品のお布団(実家の妹がほーちゃんの一か月早い誕生日プレゼントに送ってくれたジュニア布団)の上に白い(母乳とおかゆとみじん切りになった緑の野菜が混ざりあった)吐瀉物(といってもちょびっと)がぁああ。
「……あちゃ」
 咳きこんで吐き出した瞬間目を覚ました娘は現状が把握できず「ふえ?」と口から白い液体を流したまま目を開き、すこし泣く。「吐いちゃったのね~」と言いながら抱っこしたらまた寝てしまった(早かった)……
 とりあえず明日小児科行こうかな、と思った瞬間(基本的に木曜日って休診のところが多いし、もう午後だったし娘寝ちゃったし……)。

 で。今日の午前中に行ってきました。がらがらでした。駅前のクリニックビルなんだけど、マスク姿のひとが多いなぁと思ったら下階にある耳鼻咽喉科に患者が殺到してたらしい。あらあら。
 娘は待たされることなく診察を受けることができました。親の風邪がうつったもので間違いなさそうです。あははん。熱はないので咳止めのシロップと抗生剤を処方してもらいました。お昼に粉薬を皿に乗せたら娘が手づかみで食べようとしたよ(笑)。
 お医者さんにはとりあえず五日分薬をもらいましたが「三連休中に治るんじゃないかな」なんて言われました。症状がなくなったら服用やめていいですよというわけ。
 まぁ、たいしたことなさそうなので来週のプチ帰省(また帰るらしい)に影響はないかな。ホッ。

 今日読んだ本「月色光珠 蘭花は大河に舞う」
 新章がはじまり新婚さんの愛の逃避行が繰り広げられている今巻。
 うん、ふたりの仲の良さを今まで以上に見せつけられている気がしないでもないですね。特に有さんの独占欲っぷりというかまぁ面倒くさいところは飛姫さんの言う通りだと思いますはい。
 それで逃避行先で定番のように厄介事に巻き込まれて(笑)、最後にはヤケクソになってる主人公……いいのかそれで。
 また残された側の人間関係も静かに動きだしてます。やはり皇帝さん、侮れませぬ。

 創作的小話。
 パソコン開く暇もなくとりあえず家事の途中で思いついたらメモ帳にずらずらと設定を書きこんで気づいたら20枚くらい溜まってた……とりとめなくなってきてる(汗)。しかも洋風の話にしようと思いながらどんどん和風テイストに染まっていってる……とりあえず落ち着いたらちゃんとしたプロット作ろう。もうこれ短編になりそうにない(泣)。
2008_11
18
(Tue)18:04

家族みんなで風邪っぴき

 昨日は旦那が早めに会社を切り上げて病院に行って薬をもらってきました。
 娘は元気に動き回りながらもときおり鼻水をだら~りと垂らしてその顔であたひにすり寄ってくるので気づくと洋服の胸元に白っぽい娘の鼻水のあとが走ってたり(笑)。
 かくいうあたひゃあいかわらずのどの痛みと格闘中。
 昨日は朝から頭痛がひどかったのですがようやく落ち着いてきたみたいです。ふぅ。
 どうにか午前中、保育園に行って娘を遊ばせてくることができました。
 今週は木曜に一歳児クラスがあるのでそっちにも顔出せればいいなぁ。

 一昨日読んだ本「瑠璃の風に花は流れる 銀の予言者」
 このあいだの続き。ようやく最新刊においつきました(笑)。
 新キャラの予言者さんにはかなりイライラさせられましたが(オイ)、キャラクターとしてはよくできてるなぁと思います。シリーズが進むごとにどんどんキャラクターが増えてるのに混合しない不思議。
 話は相変わらず王太子さんが暴走している気がしないでもないです。まぁ年下の男の子だもんね(そこかい)。嫉妬しすぎな気もしないでもないがまぁそれだけ主人公に魅力があるってことで(いいのか)。なんか主人公の王女さんが実在してたら絶対仲良くなれなそうな気がすると今更のように感じ始める今日この頃(俗に言う僻みかもです)。

 昨日読んだ本「月色光珠 月珠は黒翼を抱き」
 積読本ー。これで第一部にケリがついたとのこと。うん、ここにきて急展開な気がしないでもないけど……特に弟君の成長っぷりには吃驚。愛しの女の子との距離も縮まってきてるようで何より。
 黒幕あのひとだったんですねー。悔しいけど憎めませぬ。
 それより皇帝さんの登場頻度が少ないのにすごーく印象が残ってるのはどうしてでしょう……

 今日読んだ本「月色光珠 秘密の名前」
 雑誌掲載されていた短編が一冊にまとまったもの。どのはなしも素敵でしたがノックアウトされたのは書きおろしの一編。
 だって有さんが子守してるんですよ! 十か月の女の子を(笑)。うわーうちの娘と月齢同じくらいだーなんて思いながら読んじゃいました。放っておくとはいはいしてどっか行っちゃうのよ~ってのに共感。
 んでもってあとがきにも強く共感してしまう自分が……すごいなぁママさん作家さん。

 創作的小話。
 無造作にメモ帳に世界観を書きつづっているところです。舞台は白いお城のはずなのになんか伝奇モノっぽくなってる気がする……
2008_11
16
(Sun)00:20

かぜひいた

 昨日から喉が痛くてたまりませぬ。
 旦那にはちみつきんかんのど飴を買ってきてもらい、始終なめて過ごしているが効果は微妙。
 うがいもなるべくするようにしているけれどやはりひとときの気休めにしかならず。
 授乳中なので強い風邪薬を服用することもできず、葛根湯を「効け~効くのだぁ~」と念じながら服用する。そんな今日この頃。

 今日は家族でほーちゃんの歩行訓練(笑)散歩をしてきました。
 駅前の広場で靴を履かせた娘を歩かせたのですが、意外とすんなり歩けたみたいです。
 てけてけ歩く後姿がかわいかったのでついデジカメで激写(でも後姿ばっか撮ってたので当然のことながら背中の写真が多い……)。
 しばらくは歩行訓練を兼ねた散歩がメインになりそうです。

 さいきん読んだ本「霧の街のミルカ 忘れられた花と人形の館」
 青木先生の新シリーズ。同じロンドンでもドレスがでてこないお話(笑)。
 あとがきの「物語欲」についてのくだりはとても共感できました。
 ちょっぴり風変りな英国ミステリーです。そんなにドロドロしてないけど、ミステリーとしてよくできてるなぁと思いました。主人公の女の子がまた魅力的。んでもって若い執事さんには今後も登場願いたいです。

 昨日読んだ本「彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく」
 そういえば来月新刊でるんだよなぁと思いながら手にした積読本。なんか手に取るまではちょっと億劫に思えるのに読み始めると実はとまらない……今回もやられたなぁ。
 どんどん上司の有能さと腹黒さが露見してきますね(笑)。ライバル君の暗躍もまたイイ感じ。
 んでもってあとがきのあとに掲載された掌編で泣くってどうなんでしょう自分(誰にきいてるの)。

 今日読んだ本「瑠璃の風に花は流れる 紅炎の指揮官」
 あんまし紅炎っぽくなかった(オイ)、と思うが隣国に併合された亡国の王女が民人と対峙するという展開はよかったです。幼なじみの男の子の存在は最初から怪しかったと思うのはあたひだけか(笑)。でもそのうしろに別の黒幕がいたりして、そういう意味ではいい意味で裏切られたかも。

 創作的小話。
 なんとなく書いてみたり書いてみなかったり。
 過去の書きかけの文書なんか読み返して「このあとどうなるんだっけ」と忘れかけている自分。なんせ一年以上前のものだし(でも三十枚以上あるので何かに使えたら嬉しいなぁとは思う……)。
 だけど長編の書き方を忘れてる……どーするんだっけ(ダメじゃん)。
2008_11
12
(Wed)17:26

アップルパイのりんご

 最近無性にあたたかいお菓子が食べたくなるときがあります。
 まぁ寒いからなんだけど。
 だけどあたたかいお菓子っていうのは基本的に自分で作らないといけないのでそう簡単に手に入るものでもなかったり。近所にパン屋さんがあれば別だけどこのあたりには残念ながらパン屋がないのだよ。コンビニで菓子パン買うってのも味気ないし(笑)。
 だからホットケーキミックスでパウンドケーキを焼いてみようかなと考えたり、マフィンでも作ろうかなぁと材料を調べてみたりしているうちにアップルパイが食べたくなりました(唐突)。
 先日実家から母親が遊びに来た時に差し入れでくれたりんごがちょうどあったので思いついただけですが。あと冷蔵庫にパイシートが眠ってたってのもありまして。
 とりあえず昨日、娘が寝ている間に1kg分のりんごの皮むきと芯をとって、鍋でことことアップルフィリングを作ったのでありました。1kgっていってもたいした量ではないです、個数でいうと四つなので。
 んで、まぁ無事に中身ができたので外身を作ろうかなと思いつつまだ作ってなかったり(オイ)。なんだかんだこのアップルパイのりんご(ただいまタッパーに入れて冷蔵庫にある)をトーストに乗せてジャムみたいに使い切ってしまいそうな気がしないでもない今日この頃です(オイ)。だって手間がかかるんだもの……

 今日読んだ本「伯爵と妖精 誓いのキスを夜明けまでに」
 アニメの方は三話まで見て、睡魔に負けてそれ以来見てません(オイ)。もうDVDがでるとかいってるし見ようと思えばなんとかなるかなぁと思うし(笑)。
 まぁ文庫本編の方はリアルタイムで追いかけ続行中ですよ。今回のお話はある意味「灯台もと暗し」ですね(キッパリ)。主人公ふたりのすれ違いっぷりが切なくも滑稽であり。個人的に青亡霊さんたちがカワイイなぁと(何故)。あとケルピーやっぱり君はいいやつだよ。ファーガスも敵に塩を送ってるっぽいキャラだなぁ。なんだかんだ嫌味な男キャラいないじゃん(恋愛対象として見られるキャラとしては、って話だけど)。思ったよりも早くニコさん再登場で拍子抜けしちゃいましたが。でもまた君に会えてうれしいよ(笑)。

 創作的小話。
 主人公の女の子の名前がようやく決まる(遅い?)。
 短編にしようと思うのに考えていくうちにどんどん深みにはまっていってなんか長編っぽくなりそうでそこんところがまだ不透明デス。
2008_11
10
(Mon)17:02

寒気と可愛げ

 寒い。
 ここ数日、ふるふる震えてばかりいる自分です。というかこれは悪寒なのか? 風邪の前兆なのか? 授乳中は風邪引かないなんて都市伝説は信じちゃいけないのか(←以前働いていたときにパートのおばちゃんが言ってた)!?
 授乳中に風邪ひくと薬が飲めないのが痛いのですが、漢方ならすこしは大丈夫らしく、このあいだは葛根湯を飲んで乗り切りましたが。今回もまた風邪の諸症状を引き起こす前兆となるのでしょうか。謎。

 娘は元気です。裸足でフローリングの床をぱたぱた歩きまわってます。「きゃ」だか「ぎゃ」だかわからない舌足らずな言動を繰り返しながらネットのモデムを引っ張ってました(ダメじゃん)。だいじょーぶ、まだコードつながってるから(当然)。
 昨日の日曜日は親父さん(義父)に車を出してもらいオムツなどの赤ちゃん用品を買いに行ってきました。急に寒くなったから慌てて長袖の下着を買ったよ。あと子ども用のパイプ椅子(座ると「ぷー」とか「みー」とか鳴る椅子)も。娘はまだ自分から座ってくれないけど。一家に一台は必要だね、なんて話になりました(何故)。
 あと年賀状撮影にも使えそうな牛柄の部屋着(笑)。これ着せて写真撮って年賀状にしようと思ってます(オイ)。昨日帰ってきてから試しに着せたらかわいかったー(自画自賛)! 旦那も「おっ、かわいいぞー」なんて言ってた。え、親ばか?

 さいきん読んだ本「月明のクロースター ~虚飾の福音~」
 ジャンルはたぶんきっと学園サスペンス。だけどこの舞台設定がかなり強引な気がする。よくある陸の孤島なんだけど(ボソ)。主人公の存在がいちばんミステリアスでしたね(違)。最初から幼馴染の女の子が好きになれなかった(最初から最後まで好きになれないってのも珍しい)のも残念。少年向けだから仕方ないかとも思ったけど……展開も読めちゃったし。
 内容は期待していただけにちょっと拍子抜けするところもあり。だけどまぁこんなもんかなー。雰囲気はすごく好きなんだけど。最初から最後まで得体のしれない閉塞感が漂っていることもあって物語があんまし動いてない感じ……心理的に追い詰めたり追い詰められたりする分には楽しめますが。

 旦那が買ってきた本「キノの旅Ⅻ ―the Beautiful World―」
 旦那が「最新刊でてたー」と買ってきたので彼が読み終わってから拝借。
 毎回同じようですこしずつ違う旅の話。個人的に「賭の話」が面白かったです(旦那と「展開が読めるけど面白いよね」と語りあったのだ)。
 それにしてもついにカバーの裏にまで進出してきましたか……あとがき今回普通だったけど(たぶん、いや、ちょっと長いか)。

 昨日読んだ本「約束されたガーディアン・プリンセス」
 このあいだ散歩がてら買ってきた最新刊。いよいよ佳境らしく、次で最終巻なんだとか。
 仮面夫婦してたふたりがどういうわけか「お友達」ポジションに。
 んでもって奥さんのピンチに頑張る健気な夫の姿はある意味「尽くす男」そのものかと(違)。
 久しぶりに現われてくれた愛人を「夢オチ」にしてしまうのもちょっとカワイソな気が(ぼそ)。
 個人的に薔薇の描写が好きです。行間から薔薇の香りがしそうな感じ(オイ)。

 創作的小話。
 あたらしいお話のキーパーソンが生まれました。
 その前にやりたいことができてちょっと困ってます。
 何から手をつけよう。むー。
2008_11
05
(Wed)17:14

そして君たちは大人になった

 三日の日は大学時代の友人(通称姉御)が娘を見に家に遊びに来てくれました。
 いまの会社で三年目になる商社勤務の彼女は旦那と「大変なご時世だねぇ」と語りあってました。贈与税と相続税、どっちがかからないのかとか年間110万円ずつ譲ってもらえばその分税金取られないよねとかそういう話に落ち着いた……うん、あたひたち大人になったんだね(ボソ)。
 娘は人見知りすることなく遊びまくってました。寝ぐずりしているときに旦那に揺らされるとあっさり寝ちゃうのを見て「なんか悔しいよね」とあたひが僻んだら笑われました。でもさー、こういうとき父親って役徳ですよねー。
 娘はなぜか旦那が飲んでいたコーヒーの缶(レインボーマウンテンだからカラフルなのよ)に興味を持ったので、洗ったものを渡してあげたらしばらく遊んでいたのですが飲み口でいつの間にか指を切っていたらしく三人で慌ててしまいました。動脈部分だったらしく血の痕が惨劇のごとし(苦笑)。もう止まってますけど(当然)。
 そして今日はダイニングテーブルでパソコンをしているあたひの邪魔をしようとキーボードに手をのばしてはエスケープキーを連打しています……

 さいきん読んだ本「オペラ・アウローラ 君が見る暁の火」
 オペラシリーズの最終巻。表紙イラストがすべてを物語ってます(笑)。あとエンディングの美麗イラストにも酔いしれました。イラストだけでなく物語も装飾華美といっても過言ではないんだけど、いがいとこういう文章も嫌いじゃない自分がいるのです。ときどきどっぷり世界に浸ってうっとりするのがちょうどいい感じ(←よくわからん)。
 ここにきて愛とか恋とかでてきて、より華やかさが増した感じです。個人的にバシュラール氏とシュナルさんのあまのじゃくなカップルが好き……

 昨日読んだ本「暗く、深い、夜の泉」
 知る人ぞ知る萩原麻里さんのWH作品なのですが、最近になって絶版になったものが少年向けに加筆修正されて一迅社文庫で復刊したというものだったりします。内容はまぁほぼ同じだったかな(オイ)。
 でも学生時代、最初にこれ読んだ時の衝撃はでかかったですよ。主人公の目の前で女の子が首をかき切ったり、伝奇モノのはず(あれ?学園ホラーだっけ?)なのに銃撃戦(のようなアクション)がくり広げられたり、極めつけは最後に主人公が(以下自主規制)、少女向けでこんなの書いちゃっていいんだとちょっと嬉しかったものです(何)。とはいえオビにあるように問題作である感も否めなくもないかな。できればこの続きを出版してもらいたいものですが……ちょっと難あり?かも。

 創作的小話。
 プロット作りたいという気持ちだけが先回り。
2008_11
02
(Sun)16:27

娘の悪戯、休まらない日曜

 昼寝していた娘がむくっと起き上がり、パソコンしている自分に向ってとてとて歩いてきて、さっそくマウスパッドを奪い取る。マウスが使えないまま、日記を書こうとすると「あぎーっ」と怒りながらダイニングテーブルの椅子の上の座布団を掴んで床に引きずりおろす。そうかと思えばテーブルの上の携帯電話を手にとって「418#8627」とかよくわからない番号に発信かけていて、プルプルいう発信音に気づいたあたひが「やめて未知との遭遇!」と慌てて電源を切ってどうにか落ち着かせたところです。「うぎぎぎぎ」と言いながらいまは玄関の方でベビーカーをいじってます。夕方にでも散歩行くかなぁ。
 ちなみに旦那からの連絡はまだです。夕方五時くらいまで検査するとかしないとかいってたから帰ってくるのは夜になるみたいです。とりあえず夕飯つくらなくちゃなぁ。

 そういえば三連休二日目なんですよね。まったくもってそんな気がしないのはどうしてでしょう。
 聞かれても誰も答えてくれないのはわかってますが。いつものことですが。
 今日は旦那の伯母さんのところのサツマイモでスイートポテトを焼きました。明日は大学時代の友人が娘を見に遊びに来てくれるのだ。掃除もしなくちゃいけないなぁ。
 バタバタしていて今日は一度も読書してません。まあそういう日もあるさ。

 創作的小話。
 久しぶりに出版社などのサイトをネットサーフィン。いろんなところの文芸賞で選考の途中結果とかちょこちょこっとでてるみたいですね。最近チェックしてなかったから置いて行かれた気分だー(笑)。
 そういえば九月末に締め切りを設定している新人賞増えましたね。狙いを絞る人にとってみたらいいことなのかもしれませんが……まぁあたひにゃあんまし関係ないわな(逃)。
2008_11
02
(Sun)00:55

木枯らし一号、旦那の検査入院

 十一月になったので気分一新(違)、二文字熟語に無駄に拘っていたタイトルを払拭。
 んでもって今日は旦那が東京の某医大付属病院に入院しているので今夜はのんびりできる……と思ったらひとりで娘の世話(主に風呂とか)をしなくちゃいけなくて結局落ち着けたのが夜の十一時というていたらく(苦笑)。まぁいいや、日記書いたら寝よう。ほんとは小説書きたいんだけど。
 ……なんで入院しているのかって? まぁ、いろいろあるんですよ~毒を盛ったわけじゃないので安心してください(笑)。まだちゃんとした病名が確定してないのでなんともいえないんですけど無呼吸症候群とかそっち系の病気みたいです。夏ごろから病院に月一で通ってたのだよ。朝飲む薬だけみると精神科領域に足突っ込んでる気がしないでもないがいまのところ大した症状もないのでこっちとしてはそれほど心配はしてないのであります(オイ)。検査といっても寝てるときに脳波をとるとかそういうことだけみたいだし。でかけるときに「俺眠れるかなー」と言ってたけどたぶん彼のことだからぐっすり眠っていることでしょう。要するにナルコレプシー疑。さらに簡潔に言えば眠り病(ちょっと違ぅ)。娘より睡眠時間長いときあるからねー、どんだけ寝るんだこのひとって最初は思ったけどいまとなってはそれも個性なんだろうなぁと思ってしまう寛大な自分がいるのでありました(でも病気だったら怖いのでちゃんと診てきてもらう分にはいいワケだ)。
 なんだか文章はっちゃけててスイマセン(苦笑)。

 最近読んだ本「オペラ・グローリア 讃えよ神なき栄光を」「オペラ・メモーリア 祝祭の思い出」
 本編はクライマックスに入ってとんでもないところで次巻へ続く。んでもって短編集は書きおろしがたっぷりでお得感抜群。個人的に嬉しい女装美少年の逃避行劇のエピソードが面白かった(何)。
 んでもってただいまグローリアの続編でシリーズの最終巻になる「オペラ・アウローラ 君が見る暁の火」を読んでいる最中であります。華麗なるオペラの世界の終幕がどうなるのか、しっかり見届けたいと思いますー。

 創作的小話。
 一昨日、12月締切分の短編をとりあえず投稿しときました。約一年ぶり(いやそれ以上だ)の投稿です。表紙のテンプレート見たら旧住所だったし24歳のままだったので慌てて訂正しました。そっかー引っ越してきてから最初の投稿だから手間取ったんだな(紙やインクや穴あけパンチがなかったのはそのせいだ)。ちなみに綴り紐は実家から持ってきた業務用(学生時代にバイトしていた薬屋でもらった)が見つかったのでそれで綴じました。
 ホームセンターで穴あけパンチ買ったんだけどいままで100円均一のちゃっちいの使ってたから今回買った45枚一気に穴を開けられるパンチに大興奮してます(オイ)。短編は一発で綴じ穴が開けられちゃうよすごーい(笑)。これで綴じる手間がすこし省けるようになりそうです。まぁそれ以前にたくさん創作しなくちゃいけないんだけどっ(逃)!