2008_06
27
(Fri)15:35

ザリガニ捕りたい

 こっちに引っ越してきて東京とは違うなぁと思ったささやかな出来事。
・家の前の用水路にザリガニが大量発生している
・夜になるとカエルの大合唱がきこえてくる
・路線バスが一時間に一本しか走ってない(※東京でも一時間に一本の路線はある)
 ……とくにザリガニなんてン十年ぶりに見た気がします。アメリカンなザリガニさんですが。
 このあいだ旦那と散歩しててザリガニ捕りに興じている子供らを見て「網ですくうより釣った方が早い」と旦那が言ってて、ああこのひとは自然の恩恵を受けているのだなとしみじみ感じたりしたわけなのであります。「だって実家に用水路なんて存在してなかったし」と言ったら憐れまれてしまいましたが(実家のあたひの部屋からは都庁が見える)。小学校のプールに蓋があるのはおかしいって未だに言われるんだよなぁ。しょうがないじゃん土地がないんだから。
 とうぜん、ザリガニ捕りの経験なんかありません。近所の子供らは男女問わず用水路で「ザリガニザリガニ」と騒いでますがな。うちの娘もきっと将来そういう経験をすることになるのでしょう。それ以前にあたひが娘にザリガニの捕り方を教えられないのが切ない……小学校の水槽で飼われてたザリガニの世話もしたことないし(放っておいたら共食いしてたらしい)、雑食ってこともこのあいだ旦那に言われて「そういえばそうだったかも」と思った次第。
 そんなこともあって、最近娘と散歩にでかける都度、目の前の用水路をのぞきこんでうごうごしているザリガニの群れを娘に見せて「バルタン星人が地球を侵略しに来たんだよ」とよくわからないことばっか教えている今日この頃です(余談:旦那はネズミの国のドナルドを「北京ダック」と娘に教え込んでいる)。

 今日読んだ本「姫なのに王子v ~ドラゴンの森へ!の巻~」
 まだまだつづくよ積読本。イラストがすきだったので買い集めていたこちらのシリーズ、どうやらひと段落ついたようで。このくらいの物語なら娘に読み聞かせるのもアリかなぁなんて思いながら読んでしまいました。ほのぼの系のファンタジーとでも言えばいいのかな。まぁ女の子向けのお話なのでさりげなく恋愛要素も入ってますし今回いきなり結婚話が勃発してますが。オチがあれで大丈夫なのかという心配はあれど、かわいらしい話だから許されちゃうところはありますね(笑)。
 ここにきてリリアンヌ嬢がめちゃくちゃいい娘になってて笑えました。スピカと芽生えた友情?もまたイイ感じ。挿絵もヨカッタなぁ。

 ついでに雑誌cobalt四月号ヒトコト感想(今更)。いま六月号を半分くらい読んだトコロ。
「マリア様がみてる ワンペア(後編)」……双子の神秘性ですかね(違)。
「乙女は龍を導く! 吹雪のちガーデンドレス」……ドレスもいろいろですね(何)。
「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 私の美しい人だから」……どういうわけか笑ってしまいます、イアン先生の動きひとつひとつがツボ。
「聖獣王の花嫁 眠りの魔物」……最後まで引き付けられる内容でした。シリーズ未読だけど。
「少年舞妓・千代菊がゆく! 三人目の牛若丸」……千代菊ちゃんってほんと万能だなぁ(オイ)。
「女神の旋律 陽気な王女に捧げる歌」……そのうち読みたい新シリーズのひとつだったりします。この読みきりだけじゃよくわからんが(オイ)。
「公爵様の花嫁」……素敵な読みきりでした。
「炎の蜃気楼邂逅編 真皓き残響 氷雪問答 弐」……あ、これでおわりなの? って感じが(ボソ)。
「1/2のヒーロー ~盗人神の章」……民話っぽいくだりがほほえましいです。
「彼ら、ちぎれた月を抱き 悪魔の囁き✝天使の罠」……こっちも新シリーズみたいですね。悪魔遣いがカッコいいかも(笑)。
「今夜きみを奪いに参上! -千人王の恋人- 第一回」……海賊もでてきたよ(何)。
「吸血鬼円舞曲」……今回はちょっとホラーチックだったかも(仮)。
「魔術師の弟子」……女魔術師さんがとっても魅力的!
「アルカトラズの聖夜」……ノベル大賞読者大賞受賞作ー。タイトルにノックアウト。
「水島くんの甘い金曜」……↑アルカトラズを舞台にこのひと何作でも書けるんじゃない(笑)?
「最終走」……この一年間の短編賞からはたしかに飛び出てる作品だと思う。好き嫌いわかれそうだけど。一気に読ませる力はあると思うけど、ちょっと浸りすぎな気がしないでもない(あたひが言える筋すじあいじゃないか)。ところで六月号にこのひとの作品掲載されてないけどどうなったのかな(ボソ)?
 ……なんとかリアルタイムに追いつきそうです。ういっす。

 創作的小話。
 本を読む暇がでてきたのはまぁパソコン起動させるより億劫じゃないからってのが第一の理由。
 娘を寝かしつけてから寝る前に布団に転がりながら文庫本をひろげるなんて最高ですよ(笑)。
 こんな感じですぐに創作できる環境を整えたいものだけど携帯にぽちぽち打つのは嫌いなので(オイ)、しばらくは娘が昼寝してる午後のちょっとした時間を狙って綴っていくしかなさそうです(起きていると気が散るため日記しか書けない)。いまも起きて抱っこ紐と遊んでますヮ@娘。
2008_06
26
(Thu)17:35

い、そがしい

 ここ三日間くらいまともにパソコンいじれなかったよー(涙)。妙に忙しくて体がだるだるです。
 特に何をしていたわけでもないが。
 あ、このあいだの火曜日が天気良かったから散歩がてら実家まで遊びに行ってきたんだった。
 ほーちゃん前抱っこして電車に乗って一時間半の旅路。
 ……散歩の領域こえてる気がしないでもないけどまぁ日帰りできる距離だし(笑)。
 たぶんその疲れもあるんだろう。足が重いデス。
 年をとると筋肉痛が二日目にやってくるっていうし(オイ)。
 そんなことがあったにも関わらず娘は相変わらず暴れまわるので休む暇も……あんまりない、と思う。

 ここ数日に読んだ本(そのいち)。
「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと黄昏に見る夢」
 ようやくここまで来たかー、ってのが読み終えたときの正直な気持ち。
 やきもきさせられたなぁとしみじみ思うわけで、んでもってまだまだ大変そうなふたりだなぁと人ごとのように思うのであります。身分差違いの恋ってなんで燃えるんだろ(ぼそ)。

 ここ数日に読んだ本(そのに・そのさん)。
「伯爵と妖精 紅の騎士に願うならば」「伯爵と妖精 誰がために聖地は夢みる」
 今更ながら祝アニメ化。だけど本編はそれどころじゃない模様。
 二冊一気に読んだからかしばらく現実に戻ってくるのが大変でした(オイ)。
 口説き魔伯爵のいい男っぷりがいよいよ本領発揮されつつあります。
 対抗馬はケルピーじゃなくて新しく登場してきたファーガスくんのようで。なんともいえない読後感だ。

 創作的小話。
 締切設定して書くのはとんでもなく自分を追い詰める行為だと自覚してるので何も考えないでとりあえずリハビリだと思って書ききることを目標にコツコツのんびり……ほどよく書きたいです。というか書く時間を誰かください(オイ)。
2008_06
18
(Wed)16:57

娘、六か月

 昨日でほーちゃんは無事に満六か月を迎えることができました~☆ わーいぱちぱち(拍手の音)。
 だからといってたいしてお祝いはしてません。シュークリーム買った程度(笑)。
 時間があればケーキ焼きたかったんだけどあれもこれもとやってて結局何も片付いていないという現実です(涙)。
 そんで離乳食をはじめて一週間経過しました。まだひとくち食べてくれたり食べてくれなかったりでじらされてばかりですが気長に頑張っていきたいと思います。今日はあんまし食べてくれなかった……
 私信→ようやく溜まっていたお手紙のお返事がかけました。そろそろポストに入れます。一か月くらい放置しててスミマセン。

 昨日読んだ本「ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスと秘密の鏡」
 すこしずつ積読本を読み始めております。シリーズの新刊がでると早く読まねばと焦るのはあたひだけか(笑)。
 まぁそういうわけで娘が生まれた時期に出版された本を今になって読んでます。最後の健診の日に待合室で読んだのが「恋のドレスと大いなる賭け」だった気が(笑)。ってそれ内容関係ないし。
 賭けで勝利を収めたと思ったお嬢様が最後で不憫な目に合っております。以下続刊(ただいま読んでます~)。
 鏡ってミステリアスだよなぁと改めて思いました。

 んでもって雑誌cobalt4月号も完読。これでようやく最新号に追いつきます(←張り合ってる)。
 一言感想は後日雨の日にでもまとめて書きます(逃)。

 創作的小話。
 すすんでません。娘を抱っこしながら書くのは無理です(メール見てネットサーフィンするのが精いっぱい)。このままだとたぶん今年は間に合わない可能性が高いです(今更)。まぁ気長に書くよ。
2008_06
16
(Mon)15:54

梅雨の晴れ間に

 今週前半は梅雨前線が南の方にバカンスに出かけてるようなので(違)、なんだかんだ暑くて太陽さんがじりじりと顔を出していることが多そうです。とまたもや天気な話。
 今日ももちろん洗濯しましたよ(くどい)。
 うちの旦那、二日しか着ないズボンとか平然と洗濯機に投げ込むんですよね。そんなに穿いてないんだから一週間くらいおいておいてもいいんじゃないかとか思っちゃうんだけどまあその辺は彼なりに美学が存在してるので面と向かっては吐けません(←ある意味履き違えてる)。
 娘はただいまお昼寝中。そろそろ起きるだろうけどもうちょっと寝ていてくれると創作の続きができて助かるんだけどなぁ。

 今日読んだ本「王宮ロマンス革命 花の都を旅立つ姫君」
 とりあえず王ロマのシリーズはこれで完結、ってことでいいのかなぁ。第二部となってますが。宣戦布告した伯爵さんの今後とかすんごく気になるんだけど。
 革命とその後処理みたいな。
 悪役さんたちのそれぞれの末路が笑えますね(そこ笑うとこちゃう)。特にエクゼルトさんなんてベタすぎます(笑)。あるある、こういう展開。
 それよりもなによりもエミールとクリスティーナの誤解がようやっととけたみたいでなにより(確かに読み切りから読まなきゃわからん話になってるけど……)。
 うーむ、シリーズ一巻でたときに旦那をひきつれてサイン会に行ったのももうはるか昔のように思えますなァ。ある意味遠くまで連れて行かれたというより踊らされた感が強かった作品でありますた。
 新シリーズも期待大デス(昨日新刊買っちゃいました♪)。

 Web拍手お返事。
 6/15父の日に一件ぽちっとな、ありがとうございました~。
 久しぶりの拍手で嬉しかったです。っていうかたいして更新してなくてゴメンナサイ。

 創作的小話。
 昨日は夜にリビングで文書を開いてました。旦那や娘の前で作業するとはかどらないことはかどらないこと(自爆)。結局、一時間も粘れず……一枚も進めぬまま就寝してしまいました。
 やっぱり平日の昼間にほーちゃん寝てる間にがぁあああっと書くしかないんだろうなぁ、っていうか日記書いてる時点で駄目だと思うんだけど(逃)。
2008_06
13
(Fri)15:04

予防注射(三種混合二回目)

 梅雨入りしてじめじめ~な雨の日が続くかと思いきや。
 今日は朝から晴れ晴れ。
 嬉しいので娘のシーツや毛布をお洗濯。
 ……なんか洗濯日記と化してる気が(逃)。

 んでもってさきほど小児科さんで娘の予防接種に行ってきました。
 三種混合の二回目になります。
 旦那が「いま百日かぜが流行ってるらしいぞ?」なんて言ってましたが初耳なんですけど。
 実際のところどうなんだろ、百日かぜとか破傷風とか知り合いでかかってるひといないし(当然)。
 まぁそういうわけで娘も二度目の注射を受けてきたわけです。
 泣かれました。
 一回目のときは「何?」って感じできょとんとした顔して終わったのですが、今日はそういうわけにもいかず。
 泣きました。
 ちくっ、と針が皮膚を行き来し終わった瞬間に「わぁああん」と。
 とはいえ、「もう終わったよ~」と抱っこしてあげるとすぐ機嫌は良くなったみたいです。
 午後一で受診できたのでスムーズにことが進んで良かったです。
 娘も家に帰ってきたらベビーカーの中ですぅすぅ寝てたし。

 今日読んだ本「王宮ロマンス革命 姫君と踊るかりそめの春の都」
 いま「応急」って変換されてびびった(汗)。応急ロマンスってなんかイヤだ……
 ってのはおいといて。
 いよいよ革命まで秒読みであります。次でシリーズ第二部が幕らしいので(いま読んでいる)、まぁなんともいえませんが、不憫な非死人氏と主人公の失恋にトキメキを感じますね(オイ)。
 ここにきてキャロル氏の株が急上昇中です。彼女みたいなひととお友達になりたいなぁ(ボソ)。

 創作的小話。
 家事と育児と旦那の世話(最後のひとつは余計だ)にかまかけてたせいでここ三日間ワードを開いてません。だいぴんち(あんまし危機感なさそう)。
 昔書いた一人称の似非歴史モノ短編を主人公を別物にして三人称に書き換えている時点で頭が混乱してますがまぁいままでの執筆速度を考えると今回はやけにハイペースだったりします。だけど間に合うのかギリギリにならなきゃわからないのが怖い。筆も滑ってるし(滑らせちゃダメじゃん)。
 とりあえずタイトルは「女神の月」とでもしておきますか(もちろん仮題だよ)。さぁてどこまで書けるかなぁ。
2008_06
10
(Tue)14:14

ちょっと毒づかせてもらうよ

 六月ももう十日ですね……やばい、何してたか全然思い出せない(オイ)。
 今日は天気が良いので久しぶりに洗濯大会をしました。バルコニーにずらりと並ぶ洗濯物を見ては自己満足に陥る自分がなんかイヤ(いやなんだ)。

 いま自分が使ってるパソコンを購入したお店の前で無差別殺人事件が起きてしまったのがちょっと悲しい今日この頃です。秋葉原さいきん治安悪くなってきてるなぁとは思ってたが。娘が生まれてからはベビーカーで一回散歩したくらいか? 世の中に責任押し付ける人間が増えてるよね。まず自分を省みましょうよ←ひとのこと言える性質じゃないけど(オイ)。
 世の中が悪い=みんな死んじゃえ、という公式は当てはまらないと思うのだよ。しかも自分と同学年のひとたちがそういうことしてる(俗にいうサカキバラ世代って奴?)の見ると「極刑!」と心の中で毒づいちゃいます(旦那も「人を殺した人間は問答無用で死刑にすればいい」と主張してる←極端な意見かもしれないけど、これが我が家の主義主張)。だってさぁ、ムカついたら誰でも何人でも殺していい世の中になったら世界滅びてます。誰も彼も数千人単位で電気椅子に送り込みそうで怖いョ(笑)。
 我慢できない大人なんかいりません。だからって少年犯罪を容認するわけでもないけど。いけないことをしちゃいけないって常識。どうやって娘に教えていけばいいかなぁ(オイ)。
 要するに、一般人に矛先を向けるのはとんだ迷惑なのであります。計画的ってのが更に厭らしいね。まだ自殺の方が可愛い。とはいえ硫化水素自殺もとんだ迷惑だけど。
 秋葉原よく使う駅だからやっぱショックだな。防衛省はとっとと銃刀法改正してください。国会議事堂にトラックで突っ込みますよ(ってあたひ運転免許持ってないから無理)。
 ああ何いってるかわけわかんなくなってきた(なんか黒い煙でてます)。
 
 創作的小話。
 清らかな気持ちにならないとラブストーリーなんか書けないってのに嗚呼(←この時点で世間に毒づいてる気がする)!
 今日締め切りの短編に参加された皆様お疲れ様であります~(逃)。
2008_06
07
(Sat)22:02

過ぎ去りし思春期

 先日、実家の方の大伯母(祖父の兄嫁)が亡くなったそうで、家族総出で出かけていたそうです。
 自分は嫁に行ってしまった身だし、娘もいるし、なんせ泊まりがけで遠出もできず。
「あなたは何もしなくていいから」
 そう母上にも言われたので何もしてません。だけど「あの上品なおばあさんが亡くなられたのか」という寂しさはあります。昭和生まれだけど醸し出してる空気が明治時代のお嬢様みたいで(九十で亡くなった大伯父さんが明治生まれのダンディだったこともあったので)かわいい方だな、なんて幼い頃から思ったものです。子どものいない仲の良いおしどり夫婦でした。大伯父が亡くなられてからはほとんど交流もなかったけど。
 天国で大伯父さまや祖父たちともう会ったのかな。そうだったらいいな、と思います。
 いつか実家の墓参りに娘を連れていきたいな。

 そして先ほど知ったのですが、氷室冴子さん、亡くなられたのですね。
 初めて読んだコバルト文庫が氷室先生の「シンデレラ迷宮」でした。そこから「シンデレラミステリー」「なんて素敵にジャパネスク」「ざ・ちぇんじ」「クララ白書」えとせとら……思い返すといろいろ読んだなぁ。たぶん中学生の頃のこと。
 他にも代表作はいっぱいありますが、創作仲間さんたちも色々語ってますので割愛。
 自分的にやはり「シンデレラ迷宮」が思い入れあります。そこで「ジェイン・エア」を知って、そのつながりで「嵐が丘」なんかも読んじゃって(姉妹繋がり←笑)。
 自分の思春期の一部を培っていたことに相違ありません。
 ご冥福をお祈りします。

 最近読んだ本「求婚されたガーディアン・プリンセス」
 先日のつづき。仮面夫婦で愛人生活という少女小説でこんな展開にしていいのかというツッコミはおいといて。悔しいが展開が読めなかった。そういう求婚方法かい! 個人的に続きが気になります。

 昨日読んだ本「Romio x Juliet 白き永遠の誓い」
 アニメとコミックスと小説と、三種類のそれぞれの物語を一通り味わったことになります。
 すこしずつ内容も異なっているのですが、設定は同じなので、そこに至るまでの流れを深く味わうことができました。元ネタがウィリアム・シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」だということを改めて思い知らされた一面もこの小説版にはありました(薬のシーン)。
 だけどエンディングはやっぱりハッピーに見えないなあ(遠い目)。

 創作的小話。
 とりあえず先にあらすじを2枚、作ってみました。要するに設計図であります。
 娘や旦那に邪魔されずに書ける時間を早急に確保する必要がありそうです(汗)。
 でも無理はしたくないなぁ(オイ)。
2008_06
03
(Tue)13:36

野となれ山となる前に

 雨の日は何をするのも億劫になりますね(オイ)。
 自分は五月病ならぬ六月病なんじゃなかろうかなんて思ったりして。
 それでもやらねばならぬことは山のよう。野となれ山となれ(違)。
 そうなると現実逃避したくなるのが関の山。
 そういう事情も相まって、雨の日は散歩をせずにじたばた動く娘の隣で本を読むというていたらく。

 今日読んだ本「盗まれたガーディアン・プリンセス」
 雑誌掲載された読み切りを先に読んでしまったので展開はわかっていたのですが、やっぱり読まずにいられませんでした(汗)。なんか怪盗が活躍する話って昔からすきなんだよねあたひ。
 アクションてんこもりでラブ要素もしっかり組み込まれてるしなんてったって19世紀初頭のイギリスが舞台ってのが個人的にツボ。けっこうキワドイ場面もありますが。ダンディな大怪盗さんの正体が主人公に露見したらどうなっちゃうんだろうというワクワクがいい。仮面の愛人ってどうなんだろうとは思うが(ボソ)。
 んでもって続刊をただいま読んでます。そーいえば今日新刊発売なんだなぁ、今度本屋でチェックしようっと。

 創作的小話。
 いきなり前言撤回していいですか(何)。書くのやめるとかそういうのじゃなくて。
 やっぱり書きたいこと全面にだしてアプローチするしかないって結論にこの数日で至りました(早)。
 三年くらい前に書いてボツくらった歴史ものの短編を大幅改稿してノベルに送ってみようかなというアイディアが飛び出したので(サイトに掲載はしてませぬ)。
 先日まで書いてた現代ものはどーにも、対象年齢が高すぎることに気付きまして(主人公が二十歳越えてた)。これは気が向いたらまた書くことにします。R-18っぽくなってきたので(汗)。
 まぁそういうわけでまがいなりにも歴史モノで勝負予定(←それでも自信がないらしい)。三十枚を百枚にするのはそれほど難しくはないだろう、プロットと資料は残ってるし。二日で三十枚の短編を書いたことを考えれば十日もあればできるんです。ただし、結婚前(妊娠前)の計算なので現状(しかも半年以上休筆してたから腕も鈍ってるに違いない)を考えるとちょっと難しいかも(オイ)。
 要するに時間との戦いが最大の鍵……だよね(何開き直ってるの)!
 うーむ、この先一カ月ちょっと。はたしてどこまでいけることやら~。