2007_09
30
(Sun)23:48

九月の終わりのハラノコライフ

 昨日は早起きして旦那と新居の本契約をしてまいりました。
 鍵を受け取り早速旦那とメジャーで冷蔵庫置き場や洗濯機置き場、窓の大きさなどを測定。壁紙や畳がリフォームされていていつでもスタンバイOKみたいです(何)。早ければ旦那が十月上旬に一足お先にお引っ越し予定。その前に必要な家電だけでも準備したいな。なにはともあれ冷蔵庫と電子レンジ、洗濯機は一人暮らしの必需品(だよね?)。
 ハラノコは旦那の言葉にも反応してました。
「元気かー?」ぽこっ。
「生きてるかー?」ぼこぼこ。
「死んでるかー?」ぼこぼこ。
「……どっちだよ!?」ぼこっ。
 旦那、ぜったいハラノコにからかわれていると思われ。

 今日のヒヤヒヤ。
 仕事中、ふと違和感を感じて左手を見たら……「ない」。
 指がむくんでしまうからと左手薬指につけるはずの結婚指輪をここ最近、小指につけていたのですが、どうやら涼しくなってきたこともあって、指のサイズが細くなっている模様(ホントかな?)。
 まあそんなわけでハラノコに「今朝から指輪してたっけ?」「いそいでいたから今日は部屋に置いてきちゃったのかな?」なんてことを問いかけ、「そーだそーだ」とぽこぽこ応えるハラノコの言葉(?)を信じて家に帰って指輪のケースを開いたら……「ない」。
 あれ? じゃあやっぱり朝つけてでかけたってことか? 診療所で落としたとか? いや待てよポケットとかに入れっぱなしかもしれない……
 旦那に露見したら「このおばか!」と叫ばれそうな気がしたので慌てふためきながらハラノコと指輪探し。「あった!」
 どこにあったのかって? なぜか鞄の外ポケット(いつも文庫本二冊入れている場所)。どうやら小指が思っていたよりむくんでいなかったから読書中にすとんって鞄のポケットに滑り落ちちゃったみたいです。ははは(乾いた笑み)★

 今日読んだ本「神様ゲーム6 カミハナニヲイダクベキ?」
 ありそうでなかった町を盤上にしたすごろくゲームが今回の舞台。
 サーロインステーキ並(あとがき参照)の分厚さで読み応えたぷたぷ。久々に400頁以上の本を読んだ気がする。
 卵から孵ったマスコットキャラクター「タマちゃん」が成長(再生?)していく過程にときめいたり、魔神が神を創ると豪語するのに戦慄したり、相変わらず鈴木君がボケてるのを微笑ましく思ったりとまぁ遊びと祈りに満ちたゲーム、堪能させていただきましたー。

 創作的小話。
 創作仲間さんのブログをのぞいて気づきました。
 今日ってルが三つの締切日だったんだね(えへ)♪ すっかり忘れてたッ←スケジュール帳にはコバルト関係の締め切りしか書いてない人間(旦那に「スケジュール帳に締め切り書くなよ……」と呆れられた)。
 投稿されたみなさんお疲れ様でした~。頑張ったひとたちを見てると自分も頑張りたいなぁと思うケド(ハラノコが無理するなとポコポコポコポコいってる)、しばらくは徐行運転するのも難しそうでありまふ(仮)。
2007_09
28
(Fri)23:26

ハラノコ第一

 ハラノコがいるとふだんは気づけなかったことに気づけたりする。
「今日の月は綺麗だね」ぽこぽこ。
「お腹すいたのか?」ぼこぼこ。
 仕事帰りに胎動するハラノコと会話するひととき。
 歩きながらお腹撫でて、蹴られたらまた撫で返して。
 こんなんで意思疎通できてるのかな?
 階段を走るのはもう無理。電車を一本見送った帰り道。
「明日は旦那に会えるね」……うにょ(ぽこぽこ、じゃなくてうにょ、って感じ)。え、「うにょ」って何!?
 いまもまだぽこぽこ動く、あたひと旦那のハラノコ。
 明日は早起きせねば。

 今日読んだ本「ミステリクロノ」
「トリックスターズ」シリーズでおなじみの久住さんが書かれたこちらもちょっぴり風変わりなミステリ。ミステリーと呼んでいいものか微妙だけど(笑)。
 三人称だからかカタイ感じがしたなぁ。でもこの作家さん一人称だけじゃなくて三人称でもちゃんと物語書けるんだなぁとヘンなところで感心しちゃったよ(オイ)。
 主人公の男の子と天使の女の子が織り成す関係はまだはじまったばかり。
 不可思議な現象を現実から推理するサマは確かにミステリィ。色々考えてしまいました。だけどまさかそういうオチとはちょっと強引な気が(汗)。

 創作的小話。
 いっそのことハラノコ生まれるまで休筆宣言しちゃおうかな(笑)。
 あたまのなかで書きかけの物語たちが軍事政権に対抗する市民のごとく群がってきていますが……まあハラノコ第一でヨロシク(誰に言ってるんだ?)。
2007_09
27
(Thu)23:26

なんかまあいろいろ

 今週末に新居の管理会社さんとこで本契約をするため、今日は朝早めに家をでて、区の出張所で住民票をもらってきたのでありました。あたひが引っ越すのはハラノコ生んで落ち着いてからだからまだまだ先だけど、手続き上現住所がどこにあるか確認するのに必要らしい。引っ越すときはまたいろんな手続きがあるんだろうなぁ、まぁそれはそんときになったら考えよう。

 仕事から帰ってきたらこのあいだの土曜日に秋葉原で買ったパソコンがもう届いてました。店員さん来週くらいになるって言ってたけど早かった……ノートパソコンなのに包装のダンボールがでかくてびっくりした。まぁ精密機械だからしっかり梱包してるんだけど(ダンボール箱の中にダンボール箱があって更にその中にダンボール箱があってマトリョーシカみたいだなぁと思った)。
 とりあえず付属品の確認だけしておく。起動させるのはお休みの日にでもゆっくりしよう。本体を見た母上が「趣味悪い」と言ってたがいいではないのあたひの好みなのだから。

 今日読んだ本「おいしいコーヒーのいれ方Ⅵ 遠い背中」
 続き物っぽくなってきてる。というのに共感。
 最初のうちは一話完結な感じだったねぇ確かに。
 勝利くんがついに憧れの一人暮らしをはじめます。不動産をチェックするさまに共感してしまいました。あたひと旦那もそんな感じで色々考えたもんなあ。洗面台の歯磨きセットとか妙に生々しくていいね(何)。
 マスターのショートストーリーも大人びていて素敵でした。

 Web拍手お返事。
 あまねさやさん>気力ばかりは仕方ないですよね(笑)。ほんとこればっかりはどうしようもない……気がします。のんびり気負わず日々を過ごしていきたいデス。夜中に蹴りをかましてくるハラノコに睡眠妨害されたりするんですけど(苦笑)、体力は温存させねばいけませんからね★
2007_09
26
(Wed)22:48

気力喪失中

 ハラノコに養分を吸い取られているからか、精気まで抜けてるような感じ。
 仕事はそろそろ月末月初の修羅場に入りそうなところだけど今日はまだそれほどではない。だから余計にダウナー状態。あたひゃうだうだ。お腹の子はうごうご。
 まぁ来週くらいから慌しいことになりそうですが……
 それが終わったら有休消化期間に入るのであとちょっと頑張らなきゃなぁとは思うんだけど。身体が重いから素早く動けないー、制服(ナース服)Lサイズじゃないと入らないー、お腹がカルテ棚にぶつかるー、などの諸症状も顕著になってまいりました(笑)。時間の経過をしみじみ感じるのですた。

 今日読んだ本「SHI-NO ―シノ―呪いは五つの穴にある」
 シノちゃんが安楽椅子探偵みたいでした。カッコいいなぁ(何)。
 一冊の呪われた本にまつわるおはなしだから、事件としてはかなり地味だったけど主人公が回想する形で終始語られてたので仕方ないか(現時点で主人公銃で負傷して入院中だからしょーがない)。犯行の動機として異常かどうかは人によって判断に差が出そうだけどシノちゃんが繰り出した鮮やかな切り口には飲み込まれました。そういう考え方ってある意味柔軟だと思う(いろんな意味で)。
 手記のオチはホラーというよりショートショートみたいだなぁと思ったけど。無駄な伏線は嫌いではないです(ぇ)。
 あと、サブキャラだけど桜坂先生が妙に気になりました。こっそり再登場願ってます(オイ)。

 創作的小話ほか。
 パソコンに向かったりする集中力がなくなるのは妊娠してるからである(特に後期)と母親学級で助産師さんが言ってて、それだから気力がないのかなぁなんて思ってしまう今日この頃(日記や手紙書く気力もいつもより低いです……私信:ごめん手紙のお返事まだ書いてないにょ)。
 しばらくは書きたいときに書ければいいかなと開き直りつつあります。パソコンの調子も微妙だし。頑張れば十月〆切りの短編くらいできるかなぁ(でも無理はしないぞ)。
 集中力も注意力も散漫になるそうだし、だんだん本を読むのも苦痛になってくるとか(←現段階ではそうでもない)。まぁ個人差あるみたいだけど、優先順位はハラノコが一番だからね。
2007_09
25
(Tue)23:26

病院日和

 朝から夕方まで一日中病院にいました。
 午前中に産婦人科の健診と前回受診した乳腺外科の検査結果の診察を行い、午後から母親学級に参加というよくよく考えるとけっこうハードなスケジュール。今日は旦那はお仕事です。

 29週目(妊娠八ヶ月)の健診。
 いつものように検尿してから体重、血圧を測定し、その後診察室へ。
 やけに混んでた。三連休明けだからだと気づいたのは昼頃(遅)。
 ハラノコの性別がどっちかきくタイミングを逃したため(今回もへその緒が邪魔してたから微妙……ついてなさそーな感じだけど)、次のときにきく気力があればききます。なんかどっちでもよくなってきた(オイ)。
 着実に成長してるようで、すでに1600gあるとか(デカイよ)。「おおきいですねー」とドクターそれしか言いません。そろそろ体重気をつけましょうとか言われたなあ……妊娠前の体重からついにプラス十キロ更新ですワ(汗)。まあプラス十五キロくらいまでは許容範囲らしいけど……つーかハラノコがでかいんだよ(なんで二週間で400gも増える?)。今日も元気に胎動ー。

 産婦人科の健診はスムーズに終わったものの、乳腺外科。
 検査の結果をきくだけだと思ったのに、診察が必要だといわれ、そこで一時間以上待ってしまった。今日は鞄にcobalt最新号を入れてきたので100頁くらい読んでましたが(オイ)。
 ほんとなら十一時半くらいには診療終えて、いったん外でお昼食べるつもりだったんだけどなあ。まあしょーがない。
 細胞診の結果は問題ナシ。産後に乳がん健診しましょーねと女医さんに言われました。またトラブったら今度は直接皮膚科を受診すればいいとのこと。そーしまーす。

 お昼はコンビニで調達、母親学級の母子保健室でもそもそ食べる。
 一時半から母親学級。全三回の最終回。なんかあっという間。
 プレママ仲間さんたちと合流。みんなお腹がおおきくなってた。順調そう。
 母親学級では入院や分娩のときに必要なことや入院のタイミングなどを説明され、一歩間違えればホラーっぽい編集の分娩ビデオ(無修正血まみれバージョン)を見せられ、入院中の患者さんがいる病棟を見学させられ、小児科医のありがたいお言葉をいただいたりしたのでした。
 やはり病棟見学はときめきます(オイ)。
 空いていた分娩室を見学中に隣で使用中だった分娩室から「14時25分、おめでとうございます!」「おぎゃーおぎゃー」という声が響いてきたり(父親は立会いじゃなかったらしく待合ソファで手持ち無沙汰にしてた)、ナースセンターに透明なケースに入れられた新生児が運ばれてきたり、新生児室で手足をばたつかせている赤ちゃんたちを見せてもらったり(ガラス越しだけどさ)、手術室から帝王切開でついさっき生まれたばかりの赤ちゃんとお父様が感動のご対面場面を目撃したり(義母さまらしきひとがケータイで写真撮ってた……時代だナァ)、なんかすごかった(何)。
 そういえば今日は中秋の名月だからお産が多いらしいですね(笑)。
 生まれたての赤ちゃんってほんとちいさいなあ髪の毛ちゃんと生えてるんだなあといろいろ感心しちゃったのでありました。

 予定通りにいけばあと二ヶ月ちょいでハラノコも生まれるんだなあと妙に感慨深くなったのでした(ただ、成長具合によっては正期産入ったら40週待たない可能性も大)。
 嗚呼、入院準備そろそろしなくちゃ……
2007_09
24
(Mon)23:02

昨日と今日のこと

 昨日はふつうにお仕事。連休の中日だったからそれほど忙しくもなかった。新人パートのおばちゃんに殆どお任せしてあたひゃデスクでうだうだしてた。 久しぶりに会ったせんせーはいつものように当直明けでぐったりしててパートのおばちゃんが「なんか近寄りがたい……」と言ってたが(むしろあたひゃ無視してた←帰りに一回だけ視線あわせた程度)まぁこれはふだんどおり。
 終了後の診察室には飲みかけのうさんくさい栄養ドリンクが置いてあって、検査さんがなんか酒臭いといってたが原因がたぶんこの栄養ドリンクのニオイだろうという結論に到達。奴はそりゃまあ酒も飲む人間だが仕事の際に飲むなんてバカなことはしてないだよ(コーヒーや栄養ドリンクやコーラが多い)。
 それにしても栄養ドリンク臭い診察室ってどうなんだろ(汗)。いちおうエタノール消毒したけどさ。

 昨日読んだ本「ムシウタ 00.夢の始まり」
 ここにきてはじまりの物語が読めるとは思いもしませんでした。
 携帯サイトの特別コンテンツで公開されてた気がしたけど、どうやら最初に雑誌掲載された短編をリテイクした模様。うーん奥が深いぜ。
 ふたりはここからはじまったのだなとつくづく思い知るわけです。
 そして書き下ろしの「夢の黄昏」、こちらもまたもっと活躍を読んでみたかった彼女が主役で、うん、やっぱり利菜ちゃんはこうでなくちゃとよくわからないくせに思うのでありました。偽善者っぽくみえなくもないがね。

 今日は旦那に会って、ホームセンターのフードコートでお昼ご飯食べてから家具をちろっと見て(あやしい椅子があった)、それから彼のご自宅へ。
 旦那家族はお袋さんの実家にでかけたそうでお家にお邪魔したときは猫のミミしかいませんでした。急に涼しくなったからか自分のしっぽを襟巻きみたいにくるっと首元に巻きつけてうとうとしている姿が猫っぽくなかったです。
 旦那の部屋で気づいたら一緒にお昼寝。「寝る子は育つだね」などと平和に発言してました。ハラノコもきっとおおきくなるだろう。今日も元気にうごうご。
 新居の方も来週には正式な手続きができそうで、いよいよリフォーム後の様子も見にいける模様。メジャー持参ではりきっていきましょう♪

 今日読んだ本「シュバルツ・ヘルツ―黒い心臓― 燃える湖底のラム(前編)」
 やっぱり「燃える」が「萌える」に変換された(苦笑)←あとがき参照。
 舞台は北海道に移りまして、なんだかスケールがどんどん拡がっております。アイヌとかサハリンとかそういう言葉に妙にときめく自分がいるのです(オイ)。遼太郎さんや彦三郎なんて新キャラに謎めいたひとたちも登場してきて前編だけでもお腹一杯になりそうです。内海くんのフィギュアも大活躍★
 湖底都市とか遺跡とか文明とかが北海道の山や湖に関連付けされてるとこなんかすごいです、フィクションだけどそれっぽくて(笑)。

 創作的小話。
 ここ数日書いてませぬ……先に短編考えた方がいいかもなあ。
2007_09
23
(Sun)00:39

旦那とハラノコと秋葉原

 おやすみの土曜日。
 パソコンの調子が悪いので新しいのを見にいこうと旦那と一緒に秋葉原に行く。電車に乗ってたら六十代くらいの男の人に席を譲られそうになりましたが「次で降りますので」とお気持ちだけありがたく受け取ってやんわり断ったのでした(むしろ老人から席を奪うようなことはしたくない)。そういえばあたひ妊婦なんだよな(オイ)。あんまし妊婦っぽくなく秋葉原散策してましたが。
 最近の秋葉原は動きが激しいです。久しぶりに電気街行ったら贔屓にしてたアウトレットのパソコン屋が潰れてたり石丸電気が大改装するらしく売り尽くしセールしてたりソフマップが新しくなっていたりでめまぐるしいことこのうえなかったです。メイドさん増殖してるし。旦那はあんまし萌えないそうだ(笑)。
 パソコンの話。ちょこちょこっと目に付けていたVAIOの秋冬最新モデル(カラフルなTypeC)を実際に見てやっぱりいいよなぁと思い、クレジットカード一括払い(オイ)。
 だって想定してたよりも安かったんだもーん(結婚式のプライベートDVD作成するより安かった……)。
 衝動買いというわけではないですが、まぁそれに近いかも(笑)。仕事やめたら自分のための贅沢なんてもはやできないし、今月誕生日だし、思い切ったことをしたのです。このあいだ旦那だって五弦ベース買ってたし(イイワケ)。
 文書作成ソフトがちゃんと起動しないと創作できないんだもん(汗)。ネットはいまのところ問題なくできるみたいだけどいつ壊れてもおかしくない……よくよく考えると五年以上使ってるわけで@Win98。最近じゃXP以上じゃないと対応してくれないソフトも多くてそろそろ限界は感じてましたが。
 まさかいきなりヴィスタになるとは。別にXPでも良かったんだけどカスタマイズする関係上ヴィスタしか選べなかったのでホームプレミアムを選択しました(旦那がベーシックはやめろと言ってたので)。
 直接メーカーさんの方と交渉するオーナーメードシステムを選びました(店頭の展示品だと仕様が限られてしまうので)。お店のひととこれでもかと旦那が呆れるほど話し合い、自分のためのパソコンを作ってもらうのでありまふ。
 仕事で使うわけではないので容量を増やしたりすることはしてませんが、アドビのフォトショップエレメンツがオプションに含まれていたのでそれはお願いしました。ソフトウェアを別に買うよりかなりお安い設定だったし画像処理ソフトはちゃんとしたの欲しかったし。オフィスは使いづらいことで有名な2007ですが……まぁ慣れればそうでもないでしょうたぶん(精神科のノートにもオフィスの2007が入っててそれを何度か使ってるが使い心地微妙)。
 キャンペーン中でウィルスソフトが半額で入手できたのが嬉しい(旦那も使えるし)。そしてキャンペーンに便乗した抽選会でなぜかディズニーペアパスポート(¥5,800×2枚で¥11,600分)をあててしまった(一年間有効だから子どもが生まれたら旦那と三人で行こう行こう♪)、こういうとき妊婦さんって実は運がいいらしいと実感する(違?)。旦那が苦笑してた。自分でもびっくりだぜ★
 お手元に届くのは十月上旬。それまでは冬蛍をおそるおそる使うことにします。長時間使用したりアプリケーションを同時起動したりしてるとすぐフリーズするし液晶がブラックアウトするし書きかけの文書が保存できなくなるのが難点ですが(その状態で半年近く我慢してたんだよー、デフラグやスキャンディスクしてもあんまし変わんないしー)。
 せっかく新生活はじめるんだし、こういうときじゃないと思い切れないかな、というわけです(たぶん)。
 旦那は旦那でリビングに置けそうなデスクトップPCを見て「いいよなあ」とカタログ持ってうっとりしてましたが。ちなみにゲートウェイの地上デジタルチューナーつきのやつね(液晶別売り)。あたひゃテレビなくても生きていけるけどハラノコのことを考えるとテレビはあった方がいいかもなぁとも思うのでした(とはいえテレビコーナーはぜんぜん見てない)。そういえば今度のPCはCD-R/RWの書き込みに読み込みはもちろんのことDVDの鑑賞や書き込みもできるらしい、すげーや(いや、今まであたひが使ってるPCが古すぎるだけだ)!

 今日読んだ本「おいしいコーヒーのいれ方Ⅴ 緑の午後」
 年が明けて、周囲の関係もかわっていく第五巻。
 振った女の子にちゃんと事情を説明しようとする主人公はあるいみ残酷かもしれないなあ。まだまだ一波乱ありそうな予感。
 主人公の父親がいい味だしてましたね。無事に赤ちゃんも生まれて良かった良かった。
 個人的に丈くんのサイドストーリーに癒されました。彼はオトナだなあ(何)。

 カレー屋さん(アキバ海岸ってお店だった)でお昼ご飯を食べてから秋葉原散策を終えて、新宿新南口に出てショッピング。
 東急ハンズで手帳のバインダーを買ったりHMVでCDみたり、まぁいつものようにぶらぶらぶら。
 展望台で陽が暮れていくところをぼへーっと眺めたりヘリコプター撃ち落したいねと旦那と物騒な話をしたり、生命保険の話をしたり、ハラノコと旦那が漫才したり(違)、ゆっくりしてました。
 夕飯はせっかく誕生日なんだからと(旦那は最後まで気づいてくれなかった:涙)フランス料理のお店でコースを頼んでみたのでした。さつまいものモンブランが美味しかった~♪
2007_09
21
(Fri)23:42

本の崖崩れ

 自室の机や床やプリンタの上に山積みになっていた本をどうにか片そうと先日家具屋で買った収納ボックスをとりあえず組み立てて、古本屋に売却してもよい本をいそいそと詰め込んでいたらあっという間に時間が過ぎた(汗)。途中で本棚からどさどさどさって崖崩れが発生して危うく圧死するところだった(オイ)。こういうのは休みの日にのんびりやらねばいけないなあと痛感した。
 とりあえず文庫80冊くらい分類して、お腹が張ってきたので今日はここでいったんストップ(ハラノコが無理するなって言ってるようだ)。来月に入れば有休消化できるのでそのときにでも頑張ろう。
 でも本棚の一列で80冊弱ってことは……やっぱり1000冊くらいあるんだろうなぁ(遠い目)。

 今日読んだ本「おいしいコーヒーのいれ方Ⅳ 雪の降る音」
 想いが通じ合っていても、疑心暗鬼に陥るのは仕方ないこと、だと思う。
 嫉妬。たとえばそれは自分より優れているひとが自分の想い人の傍にいること。たとえばそれは自分が劣っていることから生まれる猜疑心。
「こんな俺でいいのか?」
 男の人ってあんがい、そういうこと深く考えちゃうのかもしれない。
 そんなことを思いながら微笑ましくふたりの恋路を見守ってます。
 ……そういえば、あのひともそんなこと言っていた気がする。誰と比べたのかはさておき(笑)。

 創作的小話。
 パソコンの調子がよろしくないのでなかなか起動できず(涙)。
 とりあえず長編の第一章が書けたら、十月〆切りの短編のプロットでも机上で考えてみるかなあ。
2007_09
20
(Thu)23:01

暑いとブラックアウトする?

 暑い。
 暑さ寒さも彼岸まで、といいますが。
 そろそろ涼しくなってくれてもいいじゃないかと思いたくなる。
 妊婦さんそろそろ着る物がなくなってきた(オイ)。何着よう。
 それよりも暑いせいか、冬蛍がしょっちゅうブラックアウトしてます。
 たぶんパソコン本体に熱がこもりすぎてるんだと(汗)、USBに繋ぐ扇風機でも買おうかなあ。それともいっそ新しいの買っちゃおうかな、Win98そろそろ限界きてるみたいだし。XPあんまし好きじゃないんだけどなあ。
 なんてことを考えている今日この頃。

 今日読んだ本「おいしいコーヒーのいれ方Ⅲ 彼女の朝」
 すこしずつ成長していくふたりの恋。
 他人の恋路ってほんとさまざまだが、こういう恋愛の形もあるんだななんてしみじみさせられる。あんまし年下の男の子視点で年上の彼女について語るスタイルってなかった(と思う)し。
 はじめてのお泊り。朝帰り。ちょっぴり学生時代を思い出す(笑)。
 一難さってまた一難、と続くところが微笑ましいデス(オイ)。

 創作的小話。
 上記でもお伝えしましたが、冬蛍の調子が(涙)。31枚目まで書いてたら画面がブラックアウト。とりあえず保存はできた……
 電源切って熱を放出してから再起動させたらまた動き出したのでこうして日記書いてます(笑)。
 本気で新しくノートPC買おうか考え中。旦那ー、今度秋葉原行こうぜ。
2007_09
19
(Wed)23:45

わかったよ寝るってば

 旦那に怒られてしまった。
 十二時までには寝ろと言っただろうが! 的な小言。
 これで生まれてきた子どもが夜泣きひどいようなら絶対お前のせいだぞ、だって。それはどーなんでしょう?
 まあとりあえずあやまっておく。
 ここ数日、日をまたいでごめんよ。
 今日こそ早く寝る(と思う)。

 昨日読んだ本「おいしいコーヒーのいれ方Ⅰ キスまでの距離」
 今日読んだ本「おいしいコーヒーのいれ方Ⅱ 僕らの夏」
 今更かよと言われそう。村山由佳さんの本は図書館で一気に借りて読むことが多いのだが、このシリーズは学生時代から積読本状態で今に至っておりました。古本屋で途中まで買い揃えてます(笑)。ほんとはシリーズが完結したら一気読みしようかとも思ったのですが先日本屋に行ったら……なんですか第二部って(汗)。
 そんなわけでとりあえず文庫になってる分だけでも読んでみるかなぁと思った次第。そちらもまだ全部集めてないので途切れ途切れになりそうだけど。
 久しぶりに一人称「僕」の世界だ。健全な男の子が年上のおねーさんに恋してる。うん、甘酸っぱい。若いときじゃなきゃ味わえないよねこの感覚。友人が「学生のうちに読め」と言ってたのを思い出したりする。けどあたひゃ天邪鬼なので結婚してから読み出しております。あははん(逃)。

 Web拍手お返事。
 あまねさやさん>生まれたての赤ちゃんは寝返りじゃなくてじりじり移動するんですね(笑)。寝相が悪い子とかいるんだろうなぁ……なにはともあれ夜泣きしないよく寝る子でありますようにと願うばかりです。

 創作的小話。
 現段階で29枚目。予定より大幅に遅れてますが気にしないで下さい(オイ)。
2007_09
19
(Wed)00:32

アナフラニール状態

 いきなり三環系抗うつ薬をタイトルに持ち出す時点で病んでる気がしないでもない。妊婦さん使えないんだけどねマイナートランキライザー。
 そんなわけで絶賛情緒不安定中だと思う(仮)。
 たまにそういう時期が来る。寝不足がたたったりちょっと身体無理したり精神的ダメージ食らったりすると。
 今日は要するにそういう要因が重なりに重なって一言で言えば疲れた、のであります。

 旦那へ:げんざいひざこぞう内出血中デス。駅の階段で思いがけず躓いてしまいました(涙)、お腹をぶつけたわけでもないのでハラノコは元気です。以上ご報告。

 昨日は朝から夜まで出かけっぱなしでした。
 ひょんなことから精神科の職場でお世話になってる同年代のPSW(精神保健福祉士=精神科ソーシャルワーカー)たちに連れられ車でひとっぱしり家具屋さんまで。
 みんなで家具を買いに行くってのも不思議な話だ。一人暮らししてる子たちは家具とかインテリアとか意外と拘ってるようで、新婚さんのくせに家具とか全然考えてなかったあたひは「あ、ヤバイ」とか思ったり思わなかったり。
 そんなわけで「ついで」に連れて行ってもらいました(笑)。まだ新居でお部屋の計測とかしてないので大きな買い物はできなかったのだ。
 せっかくだからと旦那も誘ったんだけどあっさり断られ、結局女の子三人、男の子二人の計五人(平均年齢25.4歳)、レンタカー(1tトラックを借りたかったそうだが在庫がなかったからワゴン車になった)と往診車(精神科在宅診療って堂々と書かれてる←業務上横領のような気がするが院長がPRになるからとあっさり許可したとか……)計二台体制で行ってまいりました。
 往路は高速道路を使わずちんたらデートコースをめぐるようなノリで(なぜかお台場でトイレ休憩した)道に迷ったりしながら行ったのでかなり時間がかかりました。朝八時半出発で正午到着……
 行って来たのはスウェーデン家具のお店、IKEA船橋。元スキー場があった場所にできたそうでめっちゃひろい。ぜんぜん知らなかった(旦那は知ってた)。車がなきゃちょっと厳しいかも。別に電車で行けなくもなさそうだけど。
 ショールームは各々自由行動。あれこれ空想膨らませながら必要なものを具体化させていく。んでもナチュラルウッドのスウェーデン家具はどうにもあたひが思い描く新婚さん家庭の家具とは異なるようで(汗)、なかなか「こんなのいいなぁ」と思えるものがありませぬ。どっちかというと若いファミリーとか一人暮らし向けなのかなぁ。当然のことながら和室に置く家具なんて展示されてませんし(笑)。
 そんなわけであたひが買ったのは収納ケースやちょっとしたキッチングッズ、あとミシン(何故)。ミシンは衝動買いですスイマセン(オイ)。
 他の子たちはラグや棚や照明など色々買ってた模様。
 やはりみなさんテンション高かったです。いつも以上に盛り上がってる。
 んでもってかなりマニアックなネタに走ってた気がします。アナフラニール状態とか閾値を越えたとかあの運転テクニックは境界性人格障害(と書いてボーダーと読む:車線とかけていたらしぃ)だとかリタリン足りない(そう言いながら運転手が眠気覚ましのガムを口にする)とか……なんで車中で盛り上がるんだこのネタで……そう言いながらあたひも一緒になって爆笑してた気がする。こうみえてもあたくし認定心理士の資格持ってますので(そういえば大学で心理学勉強してたね←あんまし役に立たない資格だけどね)。
 んでもその裏側で彼ら彼女らもいろいろ経験してるんだよなと思い知らされるわけです。その辺の深い話はダークすぎるのでここでは割愛。
 なにはともあれ夕方までショッピングした後、渋滞に巻き込まれながらもどうにか京葉道路、首都高のルートで東京に戻り(往診車大活躍! なぜか原宿ラフォーレ前とか通ってった)。夕飯はなんやかんやで夜十時(駐車場のあるファミレスがなかなか見つからなくて右往左往した)。
 車を運転してた彼ら彼女らは「やっぱ妊婦さん乗せてると責任重大だー」と口々におっしゃってました。すまんすまん(あんまし妊婦さんっぽくなかった)。
 家の近くまで往診車で送ってもらい、帰宅したのは午後十一時。
 んでもって翌日も彼らと仕事で顔を合わせるので「また明日~」!

 楽しかったけどやっぱり疲れたみたいだ。
 今日は事務仕事の能率もほどほどで、みんなに心配されるほど。
 今夜は早く寝ようと思いながら。

 買ってきたばかりのコバルト最新号をひろげてしまい、今に至る。
 ……駄目じゃん(いろんな意味で)。

 今日読んだ本、Web拍手お返事は明日書きます、もう限界。
2007_09
16
(Sun)23:00

胎動中、胎動中

 うにょ~、とハラノコが動く。
 こいつは夕方よく動く。そうかと思えば夜中に何を思いついたのか「でぃやぁ」って蹴飛ばしてきたりする(早朝キックもあった)。今日は仕事中おとなしかったけど帰りの電車でうごうご、風呂上りにうごうご、そして今もうごうごしてまする。元気なのは良いことだが母上休息中に暴れないでくれ頼む。
 抱き枕が欲しい今日この頃。そろそろ仰向けになって寝るのが苦痛になってきただよ(寝るとき斜めになるのが最近のステータス)。

 今日読んだ本「神語りの玉座 月はさだめの矢をつがえ」
 積読本になってました(汗)。読み始めるとまあそれなりに読めるんだけど、読むまでのテンションというか気力を取り戻すのがけっこう辛いです。本格的なヒロイックファンタジーだからでしょうか。なんか海外モノに近い感じ。女の子少ないし……んでも今回から新キャラの女の子とか女神サマとかでてきてちょっぴり華やいできた気がしないでもないです。
 とはいえメインは相変わらず男同士の友情と絆で、どっちかというと体育会系で汗臭い感じが……(違)。

 Web拍手お返事。
 あまねさやさん>産後一ヶ月は寝返りしないって話をきいたのですが、どうなのでしょう(笑)。ちなみに産後一ヶ月くらいまでは実家に厄介になるつもりです。ベビザラスや赤ちゃん本舗もそのうち遊びに行きたいです♪ 爪きり情報参考にさせていただきまっす!

 創作的小話。
 数行すすめたことで27枚目に入ったっぽい。
2007_09
15
(Sat)23:24

赤ちゃん用品小手調べ

 誕生日の翌日。
 旦那の地元に行って、赤ちゃん用品のウィンドウショッピングをしてきました。
 今日行ったのは全国的に有名な西松屋さん。
 赤チャン本舗やベビーザラスなんかも気になりますが、まぁ日が迫ってきたら考えればいっか。どこも似たような感じかもしれないけど。
 とりあえず出産準備に何が必要なのかとか生まれたらどういう物品があると便利なのかとかそういった色々を調べてまいりました。あと値段もか。
 三連休初日でセールも行ってるみたいなのですが、あたひと旦那が行ったときはガラガラでした。ほとんどひとがいないー。だだっぴろいスペースにずらっと赤ちゃんや子どもの服、マタニティ用品や紙おむつやミルク、チャイルドシートにベビーベッド、ベビーカー、おもちゃなどなどなどが並んでて、なんだかんだすみずみまでのぞきこんでしまった(笑)。
 ベビーベッドとかは通販だと一万以内で手に入ったりするみたいだけど、やっぱり実物見た方が安心できるってのはあるかもしれない。とはいえあたひらの場合、和室に転がしておけばいっか(オイ)とか言ってますが(実家にはベビーベッドもどきの台を設置予定、生まれたての子は寝返りしないのでこれで充分だとか)。
 仕事が休みに入ったら本格的に出産準備品の購入かなぁ。それまで雑誌やネットで色々研究せねば。

 今日読んだ本「花に降る千の翼 楽園へのはばたき」
 本編は全七巻でシリーズ完結。おつかれさまですた。
 主人公たちの成長が巻を追うごとに顕著になっていた気がします。
 国の存亡をかけて主人公が選んだ道の険しさは、並大抵のものではなくて、読んでるこっちが心配しちゃうほど。隣国のシーハンさんはここにきてさりげなくカッコいいことしてるし(笑)。うん、侮れない男性は好みです。
 ラストは電車の中で眼が潤みました。確実に流れていく時間の中で、さまざまなものが伝えられていく当たり前のことの凄さに、改めて気づかされたのでした。

 Web拍手お返事。
 14日、15日とパチパチありがとうございますー。
 あまねさやさん>まだいけますかね若奥様(笑)! お祝いの拍手ありがとうございます★

 創作的小話。
 この三連休は実質三連休じゃないので(明日は仕事、明後日はお出かけ予定)まとまった時間がとれず、まぁ書き進められるとしても数行くらいかなぁといまから消極的です(オイ)。できれば明日、30枚目くらいまで書いちゃいたいナァ。
2007_09
14
(Fri)23:19

誕生日

 まったり過ぎていく二十五歳の誕生日。
 朝から旦那に電話で「ハッピーバースディ、今日も一日頑張ろう」なんて言われて妙に照れくさくなったり。あたひの方が半年早く年上になるのだな、あははん。
 妹から「四捨五入で三十路三十路♪」とメールが届いたり(目標は「素敵なママンになることだね」とのおまけつき)、職場で安産祈願のお守り(はちまんさんで買ってきてくれたらしい、昨日が戌の日だったとか)やマドレーヌやおまんじゅう(ハラノコ分込み)をもらったり。
 まぁそれなりにしあわせ感じてました。
 確かに四捨五入して三十路なんだけど、別に焦ってはいませぬ。
 つーか二十八くらいに結婚したいとか考えてたのだが思いがけず前倒ししてるし。今年のおみくじ「大吉」でたんだけどそのとき「待ち人:思いがけず来るでしょう」って書いてあったんだよねー、あれがきっとハラノコのことだと思うんだ、そう思うことにした(笑)。
 ところで四捨五入して三十路の主婦です★ ってのは若奥様と呼べるのだろうか果たして。
 ……なんかくだらないことばかり考えている今日この頃(逃)。

 今日読んだ本「花咲く丘の小さな貴婦人 林檎と花火とカエルの紳士」
 秋から冬にかけての英国寄宿学校の青春物語。眩しいわー。
 前作より登場人物も増えて、あっちで騒動こっちで騒動とまあ騒がしい。英国人と日本人のハーフの主人公が奔走します。ジェラルドとロジャーのあいだですこしは乙女心がゆらゆらしてるようで。微笑ましいことこのうえなし。
 英国の林檎は日本の林檎と種類が違うっていうけど、どんな味がするのかなあ。物語のモチーフとして異国の林檎はミステリアス、とあとがきにも書かれていて、ちょっぴり気になりマス。

 創作的小話。
 今日はひとやすみ。
2007_09
13
(Thu)23:28

旧姓続行中

 職場ではいまだに旧姓でお仕事しているあたくしですが。
 先日、PSWの年下の子があたひの印鑑(100均で買ったもの)を壊してしまったのですが、気に病んでいたらしく「小口現金で買ってきました」と置手紙つきで進呈されました(彼は今日公休だった)。
 スタッフさんたちは「気にしないでうちの経費だから」とおっしゃってましたが……いや、もう旧姓の印鑑ふつうに使わない、よ?
「むしろ新姓の印鑑が欲しかった~」
 とぼやくあたひ。
 そういえば結婚して名字変わってるんですよねと今更のように確認される。
 んでもって新姓でふざけ半分に呼ばれまくってしまった。なんか変な感じがした。でも仕事やめたらきっともう旧姓で呼んでくれるひといなくなるんだなあって考えたらなんか感慨深くなったり。よくわからんが。

 今日読んだ本「永遠の花園 恋の実騒動」
 サブタイトル通り、恋の実にまつわる騒動のおはなし。
 新キャラのランダさんがとてもミステリアスで素敵です。たぶん彼女の正体がアレなのですね(笑)。
 人間と魔性が共に暮らす小国を舞台に、ある意味身分違いの恋が繰り広げられていたり。ウルグとサーニャのエピローグは心がほっこりあたたまります。
 主人公はやはりお人よしでなければつとまらないみたいです(オイ)。

 創作的小話。
 黙々と書き進めて26枚目。
2007_09
12
(Wed)23:36

雨のち秋

 朝の雨はなんだったんだろう、ってなくらいすごかった。
 昨晩から雷雨すごかったけど。まさか朝まで降り続くとは。
 昼過ぎから雨はやんで、急に涼しくなったけど。
 そしたら季節がすっかり秋らしくなったように感じたよ。
 まあ、もう九月だし、夏もほんとに終わりなんだろうなあ。しみじみ。

 今日読んだ本「風の王国 初冬の宴」
 うーん、嵐の前の静けさ? みたいな感じ。
 六歳児のラセルくんが大変なことになってます。そうだよなー、継母が懐妊しちゃって後継ぎ問題とか発生してるわけだし(笑)。いままで順調すぎた親子関係、ここにきて危険信号? かなあ。うーん、子育てって大変だ(オイ)。
 その傍らで朱瓔どのとサンボータどのもいよいよ結婚ってなわけで婚約式で盛り上がってます。果たしてどんな髪型になったんだろう。
 んでもって気になる新キャラたち。この先何しでかすことやら……
 妊娠中の主人公はおとなしく旦那さまとラブラブしててもらいたいけど、そうもいかない展開であります。むー。

 創作的小話。
 たぶん22枚目。もうすぐ第一章が終わりそう(ぇ)。
2007_09
11
(Tue)22:06

ハラノコ、性別不明

 本日妊娠27週目の健診~。仕事を休んでくれた旦那も一緒♪
 待ち時間長いだろうなぁと思ったので先日購入した名前事典を持っていったのだが……思っていたより待たなかった気がする。とはいえ先月のお盆のときよりは混んでましたが(当然か)。
 ハラノコ(赤ちゃんと呼ぶよりこう呼んだ方が自分たちの子どもっぽいので今後はハラノコって呼ぶことにする:オイ)は朝からもそもそ、動いてはいるんだけど相変わらず旦那の前だとおとなしかった(笑)。ちょうどおねむの時間だったのかな。午前十時~午後二時くらいまで胎動が起こりにくい時間だって助産師さんもおっしゃってたし。
 いつものように検尿、体重測定、血圧測定をして、診察室へ。
 エコーで見るハラノコ。ちゃんと心臓ぱこぱこ動かしてるし、背骨もできてきてるし、大腿骨もよく見えた。
 ただいま子宮底長は26cm、体重は1280g。ドクターに「おおきいですね」と言われたがまぁそれは想定内(169cmのママも186cmのパパも平均よりデカいんだからしょーがない)。ただ、先月は500gだったのが一ヶ月で700g以上増えてたのにはちょっとびっくり。あと二ヶ月ちょっとでどこまででかくなることやら……
 んで。
「性別ってわからないんですか?」
 思い切ってきいてみた。
 切り替わったモニターがハラノコの股に迫る。
 ドクターが「性別は~」とエコーを動かし、

「へその緒で隠れてて見えないですね」

 ……そーきたか、ハラノコ。
 妊娠七ヶ月だしいーかげん性別判るだろーと思っていたのだが、へその緒で肝心な部分を隠しやがるとは(笑)! 旦那が「さすが俺の子」とヘンなところで誉めてたがつーかそこ誉めるとこじゃないし。
「これじゃあついてるともついてないともいえないなあ」
 なおもドクターはぐりぐりあたひの下腹部にエコーをあてていたがハラノコの動く気配はナッシング。残念ながらお楽しみは後にとっておけというハラノコの陰謀により性別は不詳と相成りました(陰謀?)。
 まあ、次の健診(二週間後)で聞いてもいいわけだし。ただできれば旦那と一緒のときに聞きたかったナァ。

続きを読む »

2007_09
10
(Mon)23:11

ゆーきゅーしょーか

 今日は一日事務所でまったりお仕事。
 途中、社労士のおじさん(頑張って茶髪にしてたけど……)がいらしたので自分がどんくらい有休残ってるのかとか出産一時金の手続きとかいろいろ聞いたのでした。有休なんて結婚式のときに使っただけでそれ以外まったく手付かずだからなぁ、退職前に消化しちゃえというのが正直なトコロ(なんだかんだ社会人三年目、それなりに休みはあるハズ)。
 とりあえず有休どんくらいあるか調べてもらってから来月のシフト作ることにします。出産一時金(35万円)は旦那の会社の保険組合からもらってもよかったんだけどどうやら退職後六ヶ月以内なら自分の組合からでも大丈夫らしい。それならできることはこっちでやっちゃおうと思ったのでそっちの書類もお願いしました。あと、離職票を書いてハローワークに提出すれば最長で四年間の失業手当金がでるらしい(出産育児による退職の場合)。初耳なんですけどそれ。旦那も知らなかったらしい(出産手当金が法改正でもらえなくなったのは知ってたけど←これは退職者には該当しない)。
 そういえば、今通ってる病院が今秋から分娩入院料金を値上げしたそうです(個室が70万になってるー!)……まぁ、あたひゃ旧料金で入院予約してるから関係ないんだけど(笑)。
 明日は27週目の健診です。今日もハラノコは元気元気。

 今日読んだ本「彩雲国物語 白虹は天をめざす」
 シリーズ史上いちばん分厚かったかもしれません。読み応えたっぷり。
 ある意味藍州編? みたいな感じでした。表紙のお兄さんが大活躍です(笑)。
 王様も確実に成長してきてる模様。ラストの勝負の行方がこの先とっても楽しみです。恋愛要素薄そうに見えて実は濃いですいろんな意味で(十三姫とか……)。
 そして思いがけないところで泣きそうになりました。狸に化かされた気分ですよまったく(ぇ)。

 創作的小話。
 すこしはすすめています16枚目。
 今月中に50枚以上書ければ万歳三唱。
2007_09
09
(Sun)22:59

名前事典の所持率

 職場(眼科の方)で引継ぎのためにパートのおばちゃんに教えている今日この頃。平日は医者先生の奥様(医療事務初心者)と、日曜日は先月の末から入った新人パートのMさん(歯科と皮膚科の経験者)と一緒にお仕事してるのであります。
 そのMさん、一歳半になる娘さんがおります。子どもを保育園に入れたくないから土日だけパートに出るという働き方を選んだそうです。たしかに東京都の保育園事情は厳しいので(雇用されてからでないと預かってくれないのだ←乳呑み児抱えて職を探せというのか!?って巷では言われてます)、こういう働き方もありなんだなぁと感心した次第です。まぁ彼女の場合、パパと中学生になる長男がバックアップしてくれてるみたいですが(長男に弟か妹が欲しいって前から言われてたんだけどまさか彼が中学生になるときにデキるとは思わなかったそうな)。
 そんなわけで職場では先輩のあたくしですが育児では色々経験談を教わっているのであります。やはり経験者の話はためになります。生まれてすぐに名前を決めないと病室のドアに「××(名字)ベビー」と貼られてしまうとか(笑)。ふむふむ。
 古本屋で名前事典2005年の買っちゃったんですよーと話したら「うちにもあるわよー、あげようかと思ったのに」と言われてしまいました……そうかその手があったか(笑)。ちなみにMさんが持ってるのも2005年度版だとか。どこの出版社だろう(オイ)。

 今日読んだ本「青い鳥 眠る探偵Ⅳ」
 眠る探偵の物語、最終章。残酷な殺人事件をめぐり、探偵の主人公と彼を愛する天才犯罪者が交錯するさまは見事。重たくて思わず目を背けたくなるような描写の向こうを知りたくて、結局最後まで頁を捲ってしまう。
 愛するひとを人質にとって、二番目に大切なひとを殺させる遊戯のような連続強制殺人事件。その真相は思いがけないところにあって、その伏線の緻密さに唸らされてしまったのでありました。
 夢って不思議。羽ばたいた青い鳥に癒されたのはきっと彼だけでないはず。

 Web拍手お返事。ぱちぱちありがとうございます。
 織花>おひさしぶりです拍手ありがとー。織花も持ってるんだね「名前事典」! 意外と所持率高いのかな(笑)。うん、小説の登場人物の名前に使えるかなあって打算もはたらいてます当然。読んでるだけでワクワクします♪ 座席は常に座る派です(オイ)。台風おつかれさまでした~。

 創作的小話。
 1枚くらいすすんでいると思うので推定14枚(仮)。無理はしない(オイ)。
2007_09
08
(Sat)23:29

旦那とあたひとハラノコと

 旦那と会う土曜日。
 台風が過ぎ去ってくれたことで空模様はご機嫌。残暑の陽射しが燦々と降り注いでおりました。
 当日までどこで会って何するなんてことはたいして考えていなくて朝旦那からモーニングコールもどきの電話で「んで今日どうする?」って話になって寝ぼけ眼のまま「とりあえず新宿」なんて言ってた気がする。まあいつものことか。
 んで新宿で旦那と会って、仕事で必要な紙があるからと世界堂に行っていろいろみてみたけど結局OA用紙を一枚ごとに見ることはできないからどれ買えばいいかわからんという話になって、なんだかんだあたひが来年の手帳に使うスケジュールリフィルを買っていたりするんだなーこれが。レターセットはこのあいだ東急ハンズのメッセで安売りされてたのをドカ買いしたのでしばらく買わないでいいだろう、引っ越しも控えてるし(汗)。
 その後は高島屋のレストラン街で天麩羅食べたりジェラード食べたりと珍しく贅沢な思いをしてしまった気がします(笑)。ホワイトクリームの濃厚なこと。
 あとはいつものようにふらふら。HMVでFreeTEMPOのSOUNDSを衝動買いしてしまいました。でも今日は珍しく一冊も本を買ってません(そこ威張るとこじゃない)。
 旦那にもはやあたひゃ女としての魅力がないのかなんて素っ頓狂なことを聞いてしまったりもしましたが(何故)、そういうわけではないようで一安心。
 お腹の子は旦那に「お父さんだよ~」と話しかけられて「もにょ」と動いたりしてました。今度の健診に旦那もお仕事休んで一緒に病院に来てくれるらしい。旦那は赤ちゃんのことを「ハラノコ」とか「がきんちょ」とか呼んでます。お前さん幸せものだなあ。

 今日読んだ本「桃仙娘々伝 雪月花恋」
 前作より大人っぽい雰囲気の娘々さんのおはなし。桃華もでてきます。
 雑誌に掲載されたものを加筆して大幅に改稿された模様。間に挟まれたエピソードが濃くなってました。話の流れはだいたい同じだけど登場人物が増えたり増えたりしてたので。
 彩鳥が真瑛と仲良くしてるシーンが微笑ましかったです。嫌いじゃないなぁ、真瑛さん。
 連作短編のような感じでちょこちょこ読めるのも魅力です。一冊完結ですすんでるから手にとりやすいかと。奥は深そうですが桃仙ワールド。

 創作的小話。
 買ってきたばかりのCDを聞いてイメージ膨らまし中。曖昧だった部分や空虚になっていた部分を埋められるようにしたいのです。
 ここ数日あんまし進んでないんでそろそろペースをあげていきたいなあ(希望的観測)。
2007_09
07
(Fri)23:32

縦断していった台風

 昨日の夕方くらいから暴風に豪雨、今日の朝までつづいておりました。
 これが台風というものだ。
 昨日は仕事から帰る時に傘が風で吹っ飛びそうになって困った。飛ばしてないけど。一緒になって宙に浮きそうになったけど。こんな日に妊婦さん飛んじゃ駄目です(飛んでません)。
 今朝もしとしとしとしとしとしとしとしと(くどいくらいに)雨が降りつづいていて、あーこりゃ多摩川も増水するわけだなあと思ったり(近所ではないので他人事ですが)しながらいつもより七割程度に運転を抑えた電車で普通に職場に行きました。
 旦那は朝早かったので乗車率200%越えてたーと騒いでましたがあたひゃズレ勤(基本的に十時出社)なのでいつもとそんなにかわらなかったです@電車の混雑具合(ちなみに妊娠してからは常に座れる特定の始発駅の電車しか乗ってません:半旦那命令)。雨の被害もそれほどでもなかったかな、昼過ぎにはやんじゃったし。
 これですこしは涼しくなったのかな……でもまだ残暑厳しそう。うへえ。

 昨日読んだ本「天空の瞳 エルスタッドの祝祭と裏切りの密約」
 サブタイトルがすきです。橘香いくのさんの新シリーズ第二弾。
 両思いになった主人公二人なのですが……相変わらず不器用が災いして離れ離れの憂き目にあっております。オレグが悶々とするシーンとか笑えましたが(オイ)。
 それより周囲の意地悪(?)で腹黒(笑)なひとびとが色々と物騒なことをたくらんでいてそちらが面白いです。ふたりはこのまま引き裂かれてしまうのか? みたいな。
 個人的にローアルさんにもっともっと頑張ってもらいたいです。あとグレーテ婆さんにも。

 今日読んだ本「姫なのに王子v ~いばらの向こうは運命の扉?の巻~」
 いじわるな大臣の令嬢が誘拐されてあら大変、な話。
 だけどリリアンヌ嬢強し。どんどんパワーアップしてますね(違)。
 全体的にかわいらしい話なんだけどところどころでハッとさせられる描写があったりして、甘いだけではないのだなあとちょっぴり感慨深くなったりしてます。
 民の娘を母に持つ主人公の王女さまの正義感は王子さまっぽくて、それがまた姫らしくないと小言を言う護衛隊長さんをヒヤヒヤさせてるわけなんだけど……あとがきの嫁姑戦争勃発か!? に爆笑でした。たしかにすごそう。

 Web拍手お返事。
 あまねさやさん>買ってしまいました名前事典! お腹に手ぇあてて色々名前を呼びかけてるのですが胎動したりしなかったりで(笑)、決めるのはまだまだ先になりそうです。旦那と仲良く決めたいです。

 創作的小話。
 何行か書き足したけど枚数は変わってないと思う……
2007_09
05
(Wed)23:35

衝動買い

 財布の中に入れっぱなしだった古本屋の百円割引券の有効期限が今月で切れてしまうことに気づいて仕事帰りに立ち寄って、衝動買いをしてしまいました。
 絶対買わないって思ったんだけどなあ。

「男の子・女の子 幸せになる 名前の事典(成美堂出版)」

 ……ごめんなさい買っちゃいました(自爆)!
 だって通常の半額だったんだもの(オイ)。定価1500円が698円、かなり得した気分(笑)。
 仕事辞めてから図書館で名づけ事典でも借りようかと考えてたのですがどうせなら手元に一冊あってもいいかなぁ……なんて思いまして。最初の子だし。
 ちなみに2005年に出版されたものですが今でも充分通用します(別に今年から使えるようになった漢字なんか興味ないし!)。当時の命名人気ランキング100なんて小説のキャラクターにも使えそうで読んでて楽しいです(オイ)。
 つーかこれが一番新しくて値引率が高かったのだよ(たまひよの名づけ事典も見かけたけど「なんか違う」と思った)。あと「男の子の名づけ事典」「女の子の名づけ事典」みたいに性別で分類されてるのも使いづらそう(というかまだ性別わかっとらん)なので選択肢からは外してます(二人目以降でも使えるかなという打算つきで男女両方仕える本を選びました)。
 余談ですが別の出版社だけど1995年度のものが同じ値段で販売されてて一体誰が買うんだろうと気になったのでした、「二十一世紀の名づけ事典」なんてのもありましたよ(笑)。

 今日読んだ本「~リアランの竜騎士と少年王~ 竜王の帰還」
 リアランシリーズ最終巻。全13巻です。実は長かったみたいです。一冊一冊はそんなに分厚くなくてするするっと読めるんだけど、総括するとやはり奥の深~いお話でありました。
 覇王の竜剣の顛末はなんともバタバタした感じがありましたが(まあ七本も集めるとなると大変だよなー)、おさまるところにおさまったって感じですね。プロローグ的なエピローグも感動的。
 帰還にはじまり帰還におわる、多数のキャラクターが集い、めぐる究極の愛の物語。ふたりにはぜひぜひしあわせになってもらいたいものです。特にアントニオ(ぇ)。

 創作的小話。
 ただいま13枚目くらい。
2007_09
04
(Tue)22:28

葡萄の季節

 精神科にお仕事に行ったら巨峰やマスカットを大量に(どうやら「あたひと赤ちゃんの二人分」らしい)ご馳走になりました。秋の果物の季節なのですねー。冷蔵庫が葡萄で溢れてて圧巻でした(房ごと「もさっ」と入ってた)。PSWの女の子が夏休みを取っていて山梨に行ってるそうでまた葡萄が増えそうだとも言ってました。だけど葡萄ばっかりあっても日持ちあんまししないから早く食べなきゃいけないだろうなぁ。

 今日読んだ本「Romeo×Juliet 赤き運命の出逢い」
 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を元ネタに生まれたアニメーションのアナザーストーリー的なノベライズ。周囲は「ルルーシュ」で盛り上がってたようですが、あたひゃ実は「ロミジュリ」派だったのです(笑)。
 アニメは公式サイトで過去二話分が無料配信されてるので興味のある方は是非覗いてみてください(こちらはもうクライマックスですが)。ベタな恋愛要素が華麗なファンタジー世界と見事に融合して壮大な中世革命劇を生み出しております。ジュリエットが男装して生きのびたなんて設定に萌えます。両親の仇の息子とお約束のように惹かれあうところもまたツボです。浸れます(何)。
 挿絵を担当されているCOMさんはコミックスも出してます。こっちの方がアニメに近い雰囲気が味わえます。これはこれで素敵。
 こうしてみるとシェイクスピアを元によくもまあこんな話を作り出したなぁと感心しちゃうわけです。侮りがたし、古典名作。

 創作的小話。
 旦那に言われていること。
「12時までには寝ること。小説を書くなら日記を書き終えてから書くように」
 ……昨日は創作してて、夢中になってたら12時をちょっとだけ過ぎちゃったため(オイ)、日記書くのを諦めて就寝したわけ。
 ずっとプロット書いてるわけにもいかないのでここいらでと書きはじめたらいろいろ設定が新たに生まれ始めたのです。序章を一気に書き上げ、第一章をちまちま書いているところ。トータルで10枚くらい。
 今夜もこれからすこしだけ書き進めていくつもりです。
2007_09
02
(Sun)23:16

九月になったよ

 夜、もう蝉の声は遠くて、秋の虫が物悲しげに羽音を鳴らしている。
 ちょっぴりメランコリィ。
 今日、仕事から帰ってきて気づいた。
 左腕が、ウゴカナイ。↑全然メランコリィ関係ない。
 ……筋肉痛? ではなさそうだけど、なんか痺れと鈍い痛みが。
 指先は動くのでパソコンは打てるのだが、肘から先が(上腕二頭筋?)なんか違和感。寝たらなおるかなぁ、なおるといいなあ。

 閑話休題。
 昨日は旦那と舞浜イクスピアリで映画を観てきたのでした。旦那リクエストで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を。ちょうど初日で映画の日(一律千円)だったのでふだんではありえないくらいの盛況ぶり。全席指定席だった。まあ、歌舞伎町の映画館行ってたら行列に遭遇してた可能性があったので、それを考えるとイクスピアリまで行ってスムーズにチケット取ってそれなりにいい席で鑑賞できたから良かったかな(笑)。母上が「胎教によくないんじゃない?」なんて心配してたけど鑑賞中はお腹の子もおとなしかったですよ(笑)。
 ストーリーはどこか懐かしいようなそれでいてちょっと新しいようなそんな感じでした。まあ十年以上前の作品なのでおぼろげな部分は忘れてましたが(オイ)。だってテレビでやってた頃、中学生だったんだもん。「残酷な天使のテーゼ」カラオケで歌いまくったよなあ(爆)。そういえばアニメのサントラ家にあったような気がしたけどあれどこやったかなぁ……映画の音楽も良かったデス。あと旦那がけっこうマニアックな知識を披露してくれてたよ。あなたってそういうひとだったのね(何)。
 まあそういうわけであたひと旦那はガンダム世代というよりエヴァ世代だよなーということをしみじみ思うのでありました。

 今日読んだ本「バード・ハート・ビート 夜姫天災!」
 舞姫天翔! の続編。んと、約二年ぶり(汗)。
 続いてたんだ……って驚いた。一話完結だと思ったんだけど、どうやらこちらが完結編らしい。うむー。
 前作の方がドキドキさせられたなぁ、ってのが正直なところ。
 大空を舞う恋と冒険の物語であるのは事実ですが。主人公とお姫様のラブがちょっと少なかったかなぁ(オイ)。でも王様と幼なじみの女給さんのロマンスは期待大ですね~。
 相変わらずミルヴィルが凶暴で可愛くてカッコよい。これからもぎゅるぎゅるいわせてください(笑)。

 Web拍手お返事。
 あまねさやさん>「不要品のためのスペースに家賃を払うのなんて勿体無い」という言葉、身に凍みます! 言いえて妙ですね。不要品の整理整頓、少しずつですが頑張っていきたいです。幸運を呼ぶためにも(笑)!

 創作的小話。
 左腕が痛いので今日はダウン(オイ)。