FC2ブログ
2019_09
18
(Wed)12:09

最愛アンソロ、はじまります。

 九月に入って二度目のブログでございます。気づけば誕生日を過ぎ、ツイッターでは多くのフォロワーさんにお祝いしていただきました。ありがとうございます、さいきん一歳児のけーちゃんの夜泣きや癇癪がそれなりにあって体力消耗してますが、今日も元気に生きてます。眠いけど。

 創作的小話。
 九月に入って告知が出たのでツイッターの方ではちょこちょこお知らせさせていただいております、みのたえ様主催の「最愛アンソロ」、いよいよ開催間近となりました。
 今回は前回の「嫌いアンソロ」とは違い溺愛を前面に出しております。そして無駄に長いです。原稿が終わりません(ヲイ)。
 イベントがはじまり次第、このブログの方でもリンク貼ってご紹介できればと思いますが、今週末は実家に帰るため早くても24日以降になるかな。次のブログ(仮)。
 ひとまずツイッターは休まず稼動していると思うので、興味がありましたらよろしくです。
 タイトルは「白鳥とアプリコット・ムーン ~怪盗妻は憲兵団長に二度娶られる~」、ささゆきテイストどこいった? って感じの西洋風異世界ヒストリカルファンタジー(なんだそれ)です。書いてて楽しいんだよこれが(オイ)!
 久々にドレスやお城や王様が登場する世界観、だけどヒーローとヒロインは憲兵団長と怪盗という異色の組み合わせ。

 ~あらすじ~
 魔法が滅んだ旧大陸から魔法が廃れつつある新大陸へ亡命してきた一族によって建国されたスワンレイク王国。国ができて十年、先住民族との融和政策ですったもんだありつつ平穏を保っていたものの、さいきんは魔法の媒介となる“稀なる石”ばかりを盗む女怪盗アプリコット・ムーンが世間を騒がせていた。
 人的被害はないものの、古代魔術を用いて王家を愚弄する彼女を憲兵団は必死になって追いかけている。

 だけど怪盗アプリコット・ムーンの正体は、憲兵団長ウィルバーが溺愛する妻ローザベルだった!
 ~(以下略)~

 そんなわけで怪盗と憲兵団長が追いかけっこしたり夫婦がいちゃこらしたり怪盗が捕まってあれやこれやR18的な拷問されたりする話です(ヒドい)。まぁ最愛アンソロだからテイスト甘めです。パンケーキに生クリームと薔薇のジャムをかけて召し上がれってな感じ。
 かなり久しぶりのゼロからの新作長編になります。とはいえ怪盗さんの話はずっと書きたかったのですよ。
 実はさーちゃんが生まれた頃くらいにこの手の和風ファンタジープロットを練っていたのですが、没にしていたのです。だけど怪盗が活躍する話はどこかで使いたい、そんな感じであたためていたら、西洋風の物語と化学反応する事態に。
 はじめのうちは短編でさらっと書き上げるつもりだったのですが、次から次へと設定が増えて、八月に執筆開始してから本日までのトータル文字数109000文字……あれあれあれ? そしてまだ終わる気配がない、だと?
 あと五話分くらいで完結はできるはずなのです。目標文字数は12万文字。せっかくだから書籍一冊分がっつり書き上げてWeb媒体の公募でも使えるようにしたいなと(笑)。まぁまずはイベント終了日9/26 23:59完結話公開までに書き上げるのが第一目標。
 最後まで頑張って突っ走っていきますので長編ですがおつきあいいただけるとこれ幸いでございます。

 そんなわけでアルファの方で細々更新している「斎女神と夜の騎士」ですが、ちょこっとお休みします。アンソロの原稿書きあがって落ち着いたらこっちの世界に戻るので……戻れるかな(ヲイ)。とりあえず9/30までには完結部分まで掲載するつもりなのでよろしくお願いします。とりあえずエントリーしているファンタジー小説大賞だけどただいまのランキング1000位以下とか散々なのでもう宣伝する気が失せました(オイ)。現代ファンタジーって難しい……

 読んだ本の話は落ち着いたら、というかいま読んでいる本が大作なのでシリーズ全巻読み終わったら書きます……
 原稿に詰まると大作に手を伸ばしてしまうのは自分の悪癖だなぁ。
2019_09
02
(Mon)13:22

ようやくはじまる二学期に

 今日からようやく二学期がはじまりましたー。夏休み長かった……ぐったり。
 昨日は家にあったタオルをミシンで雑巾にするお仕事をしてました。そういえば春休みの終わるときもミシン出して縫ってましたね。けーちゃん旦那に外連れ出してもらっている間しかミシン使えないからなかなか集中できないのでどうしても休みの日の午前中とかになってしまふ。
 今回はそれより多く縫えた気がする。慣れもあるのかなぁ……冬休み明けも新しい雑巾がほしいと騒ぎそうなので多めに作っておきました。ざっと10枚。
 そして今日から学校……なのですが、保護者も避難訓練の引渡しとか、下校時の旗当番とか、集金当番とか三日連続で学校行かなきゃいけない状況に陥っているあたひです。あれ。学校はじまったら落ち着けると思ったのに……しょんぼり。
 まぁ、けーちゃんを散歩させるついでに用事をこなす感じなので大変だけど苦ではないです。外に出る分には喜ぶ息子なので。

 創作的小話。
 昨日ツイッターの方で告知が出ましたので、ブログでもさらりとお知らせ。
 みのたえ様主催の「最愛アンソロ」に参加しますです。
 場所はムーンライトノベルズ、日時は9/20 20:00~。タグ「最愛アンソロ」で検索すればおっけー。
 前回は「嫌いアンソロ」でしたが今回は「最愛アンソロ」です。溺愛しちゃいます(何が)。
 原稿はただいま準備中っ(逃)!

 それから昨日からスタートしているアルファポリスのファンタジー小説大賞。
 こちらには「斎女神と夜の騎士 ~星の音色が導く神謡~」をエントリー。今月から朝と夕方の一日二回更新になります。総文字数14万字いくかなーいかないかなー……
 王道ファンタジーとはとても呼べない代物ですが、興味がありましたら読んでみてくださいな。

 あと、季節はずれですがアルファポリスに「雨降る季節に降る恋は」を連れてきました。10000文字弱の短編。ほのぼのBL。
 ふじょさんの梅雨コンに準備した作品の転載です。元ネタが十五年以上前なので文体も幼い感じですが、こんなお話も書くんだよ~ってことで。一日一話、九日には完結予定。

 二学期はじまって落ち着いてきたら他にもアルファさんにメクるで公開していた一般短編などを連れていきたいなと思ってます。いやはや、メクるあのまま消滅しちゃうのかな……短編のデータは手元に残ってるからいいけど、「ふたりしずか another」と「此華天女 春喚ぶ契り」はお陀仏っぽい。まぁ、どちらも全年齢版の元ネタが残っているのでさほどショックはないけど……
 そんなわけでサイトの方もメクるのリンクを外して、ひとまず一般向けの入口をアルファポリスに据えました。作品リンクも徐々に貼り替えていきます。とはいえアンソロの原稿落ち着いてからになるとは思います~(逃)。

 あと、マシュマロに登録してみました。匿名でメッセージが受け付けられるみたいですね。
 小説のこととか何かありましたら気軽にメッセージ投げつけてみてください(あれ?)。お返事はツイッターかこのブログか他の場所か……まぁ届いてから考えます(笑)。
 月の国にウェブ拍手設置も考え中です。アンソロ公開にあわせて準備できればいいかなとゆるーく構想中。ブログのWeb拍手を改装して小説サイトでも使えるようにしてみるのが手っ取り早いかな(ただ拍手の解析見に行っていないからいまどんな状況なのか不明)。お礼画像とかSSとか考えなきゃいけないとなるとそれはそれで大変かも(汗)。だけどこういうのを考えるのも楽しいのでありまふ。抜け出せなくなる……
2019_08
23
(Fri)14:38

髪を切る。

 約一年ぶりに美容院に行って髪を切ってきました。前髪がのびて邪魔っけになっていたほーちゃんも連行です。
 ちっちゃいものクラブのさーちゃんとけーちゃんは義母に預け、久々に美容院でぼけーっとしてました。
 胸元まであった髪を耳くらいまでばっさり切ったのでとても軽いです。これでまた一年くらい放っておけます(オイ)。
 そういえば後十日しないうちに夏休みが終わりますね。去年よりも時間がすぎていくのが早く感じたのは常に動き回るけーちゃんのせいでしょうか(笑)。なんにせよ子どもたちが全員集合していると何もできない……

 創作的小話。
 そういえばビーズログ小説大賞の二次選考は案の定落ちましたので「斎女神と夜の騎士 ~星の音色が導く神謡(ユーカラ)~」をアルファポリスのほうに持っていきました。すこしばかし加筆修正も施して、間に合いそうならファンタジー小説大賞にもエントリーさせちゃおうかなと水面下で作業中です(ボソ)。それほど読まれていないのでカクヨム版を非公開にする予定もいまのところありません(とりあえず落選したからコンテストタグはべりっとはがしたよ)。メクるでもツギクル連携で「斎女神~」を公開していたのですが、相変わらずサーバーエラー中なので作業ができませぬ……

 八月はインプット月間になるかなぁと思ったのですが、読んでいるとやっぱり書きたくなっちゃう模様。
 今週末はムーンさんの方で「真夏の蜜夜」企画があるんですね。興味はあったのですが今回はそれどころじゃないので読むほうで参加できたらいいなと思います。

 そんなわけで九月に入ったら新作のお知らせができるかな(仮)。
 脳内わちゃわちゃさせながらいま一生懸命書いているところです。久々の新作長編、しかも自分が表立って書かない分野だったりするので、公開開始されたらどのような反応が来るか……怖いけど楽しみです(笑)。
2019_08
14
(Wed)13:04

八月になって早……

 夏休みもいよいよ半分を終えたところでございます。ごきげんようです。
 こちらのブログはパソコン開いているときじゃないとなかなか書けないため、ついつい後回しにしておりまふ……

 さて。夏休み入ってすぐにけーちゃんが気管支炎で一週間ほどダウン。はじめて体温計で40℃オーバーというフィーバーを体験したのでした(なんか韻がよい)。ってこれは前回のブログで書きましたっけ。うん。
 その後ですが無事に実家に帰省。そして信州へ家族旅行(旦那は仕事)。かろうじて避暑地でした。駅の方は暑かったけど標高が高い場所に泊まったので朝は爽やかでした。鹿も見たのだ。
 そして戻ってきたらふたたびけーちゃんが発熱→謎の湿疹。かゆいとも痛いとも言わず熱もすぐに下がったためとりあえずお盆休みの間は様子見をしている感じ(既に湿疹なくなってきてる)。突発性湿疹なのか手足口病なのか結局わからない(オイ)。どっちにしろ対処療法しかないからね、とびひと違って(とびひはかゆがるし一気に体中がボツボツできてぐじゅぐじゅで大変なことになるものね←ほーちゃんが二歳のときにとびひでミイラ男みたいになってた……これもたしかお盆の時期で、さすがに救急外来行きました)。本人の機嫌が良いのでお盆が終わる頃には目立つ湿疹もなくなってきていることでしょう。

 読んだ本のこと。
 すっかり忘れかけてますが旅行中はwifiが繋がらなかったので積読をすこしだけ消化してます。

「ピアニストの執愛 その指に囚われて」
 ジャズピアニストのヒーローの人間性が緻密で、淡々としているなかにも熱いドラマがある感じ(何)。ヒロインを大切に思うがゆえの彼の行動が愛おしいです。すべてを知って選んだラストの彼女の反撃(?)が可愛かったです。

「御曹司を誤認逮捕!? 女性警官は俺様コックに美味しくいただかれました」
 初こはく文庫。さらりと読めるけれど、物語が凝縮されている感じ。タイトルでまるわかりですがお仕事一生懸命なヒロインがとっても可愛くて、そんな彼女を落とそうと頑張る俺様コックのさまざまな変化が目に見えて微笑ましい、素敵な恋の物語でした。

 創作的小話。
 夏休み中はインプットに専念する~、と言ってましたが、月の国の方々からインスピレーションをいただいたので即興で書いた短編作品を公開しました。
「義姉を陥れるためのシューベルトピアノソナタ第16番」
 タイトル長いよね! うん、自分でも長いなぁって思ったけど「即興曲」より「ピアノソナタ」にしたかったの(何)。
 ツイッターをご覧の方はご存知でしょうが、ムーンライトノベルズさんの方でただいまイラストイメージ企画なるものが開催されているのです(8/12~8/15まで)。玉子さんが描かれたイラストをもとに短編をみんなで書くという競作企画。こういう企画面白いですよね。機会があればちょこちょこと参加していきたいです。読むのも書くのも楽しいのだ!

 ブログを読んでくださっている方だけにこっそり。
 古参の方はタイトルに記された「シューベルト」の単語に「おや?」と思うかもしれませんね。そう、以前自サイトやメクるで公開していた「シューベルトの妻」が関係しているんです(現在改稿に向けて非公開)。ネタばれになっちゃうのでなんともいえませんがアキフミくんの初恋のお話で……それゆえ「ピアノソナタ」ではその後の闇落ちしたアキフミくんがアレしちゃうわけです。はい(意味不明)。そのうち彼がヒーローの長編現代TL書くので待ってて……(誰に言ってるんだ)!
 あと、自作品において神宮寺って苗字の使用人や執事が多いのは仕様でっせ(セバスチャンみたいなものだよ)。

 そんなわけでいきなりシューベルトがらみのお話が思い浮かんだりしていたわけですが(自分でもびっくりだよ、即興で7000文字書いちゃった)、別の企画のお話も書き始めております。こっちは秋ごろに公開予定。中編のつもり。あれこれプロット考えたけどけっきょく自分の萌えに忠実な話に落ち着きそうな予感。
 あと「恋愛麻酔」第三部が途中になってます……企画が落ち着いたらまたつづき書く(仮)。そういいつつエタり気味な作品がもうひとつあるけど(ただいまメクるがお盆休み中だからデータ拾えない)、こっちも早いうちにどうにかしたいものでありまふ。いっそのことアルファポリスにでも転載するかなー……
2019_07
30
(Tue)11:21

気づけば汗だくの夏休み

 ブログではお久しぶりです。二週間近くあいだを空けてしまいました。やっぱり夏休みは何もできませんね(汗)。
 気づけば小学校も夏休みに入り、我が家のさーちゃんは計算ドリルと漢字ドリルの宿題をさっそく終わらせてしまいました(この娘は何も言わなくても勝手にする……ほーちゃんはまだノータッチで寝てばかりだけど)。
 そして夏休みに入り、歯医者に行ったり(さーちゃんの検診)小学校の面談に行ったり小児科に行ったり(けーちゃんの発熱)歯医者に行ったり(ママの検診)幼稚園行ったり(タイムカプセルを開封するだけの簡単なお仕事)台風が来たり梅雨があけたり……と、先週はパソコンする暇がほとんどありませんでした。その前の週にも子どもたちのアレルギー外来行ってるから病院に何回通ったんだろうという(笑)。来月のあたまにはけーちゃんの一歳半検診もあるとです、まだ問診表書いてない……旅行帰ってきてからでいっか(オイ)。

 それにしても乳幼児の発熱にはびっくりですね。けーちゃん、男の子だからかうえの娘ふたりよりも長引いた感じがしまふ。
 体温計40℃越える表示なんかそうそう見ませんもの。さーちゃんは38℃の発熱を一日で治して学校行ったけどけーちゃんは結局水曜日から土曜日の明け方まで熱出しっぱなし。処方してもらったカロナール座剤4つも頓服で使ってしまった(ぜんぜん熱が下がらなかった……)、ママは抱っこしてて汗だくだし、いやはや、夏の発熱はツライ。
 とはいえいまは回復し、無事に明日から帰省+旅行に行ける模様。そうだこっちの準備もしなくては(逃)!

 先々週に読んだ本「気高き王宮騎士団長の秘めやかな執愛」
 ジュール先生のティアラ文庫作品、ずっと積読にしてました(汗)。婚約していた王宮騎士団長だった彼に突然振られたヒロインが、年月を経て堕ちるところまで堕ちてしまったヒーローを救うために一肌脱ぐ話(違)。古代ギリシャローマ風かと思えば中世へ移行していく狭間の世界観、というところが面白かったです。神秘の男女、という独特の言い回しも素敵。あと訓練士のおじいさまがいい味出してました。

 先週読んだ本「緊縛の檻」
 こちらも積読にしていたジュール先生のソーニャ文庫作品。女性を縛らなくては欲情できないヒーローのバックグラウンドが壮大。複雑な彼の生い立ちから、彼女を愛するに至るまでの軌跡が丹念で、感情移入してしまいました。彼女のことになると他のことが見えなくなる、けして清廉潔白ではないけれど生々しいひとりの男。そんな彼を包み込むように愛するヒロインもまた素晴らしい。ラブシーンも絵画を見ているような気分でした。

 創作的小話。
 明日でアルファポリスさんのドリーム大賞が終了します。投票〆切も明日ですよー。
 ささゆきの「Summer Departures ~キラめく夏色恋野球~」「ハルゲルツ」はどちらも本日完結です(ハルゲルツはお昼ごろ完結しまふ)。青臭い話が大丈夫な方、よろしくです(オイ)。

 それから「正しいアヤマチのおかし方」のアルファ版も本日完結しました。アルファ限定で野原ちゃんと嫁入くんの中学時代のお話(ほぼ別物スピンオフ)もそのうちこっそり掲載します。

 夏休みの間は水面下でぼちぼち「恋愛麻酔」のつづきを書いたり新作の準備したりしてまふ。
 そういえばeロマの一次も発表されましたね、案の定ダメでしたがさほどダメージがなかったのはビーズログのせい(オイ)。懲りずにファンタジーエロスも書きたいっす(なにそれ)。
2019_07
17
(Wed)16:51

あーおどろいた

 ふつか続けての登場になりますごきげんようです。
 さーちゃんがここ数日の低気圧と気温差に負けて発熱して学校休んでました。クラスで他にも熱出してお休みしている子がいるみたい(連絡帳に書いてあった)、たしかに気温差と低気圧にやられると体調不良起こしやすいですね。
 午前中は38℃近い熱があったものの、いまは37℃台に落ち着いているので明日は学校行ってくれると思う……給食今日でおわりだけど(涙)。

 さてさて創作的小話。
 昨日ブログあげてふぅと一息ついた夕方に、こちらの報が齎されました。
 第二回ビーズログ小説大賞の一次通過者発表。
 そういえば去年の秋にちゃっかりタグ入れて応募したっけな、といううろ覚えな気分でページを開いたのですが、予想に反して自分の作品と筆名があったんですよ(ボソ)。ツイッターではひとまずご報告だけしました。思いがけずたくさんの反応をいただいてしまいました、ありがたやー。なのでよけいなこと呟けないなとブログに逃げたという(何)。
 だって想定外だったのです。

 え、うそ、あの作品通っちゃったの? みたいな(酷い)。

 このブログでも何度か紹介している「斎女神と夜の騎士 ~星の音色が導く神謡~」っていうジャンル不明(自分で言うな)な少女小説です(酷い)。もともと数年前に某少女向けラノベの長編賞に紙媒体で応募してなしのつぶてでその後カクヨムコンにこっそり紛れ込ませたら案の定誰からも読まれなくて、仕方ないからメクるに転載して、その後タグ変えて今回再挑戦したら通っちゃったという(ダメだったら今度のアルファポリスのファンタジー小説大賞あたりに供養するつもりだった)……だけどPV200未満の作品をよく通したな編集部(酷い)。誰が読むんだこんな話、って思いながら自分は楽しんで書いてました。だから嬉しいんです、混乱してるけど嬉しいのですはい。だからその嬉しさをブログに綴ります。いえーい(棒読み)。

 以下、ぐだぐだな心の声(たぶん)。
 周りの予選通過者さんを見ると書籍化作家さんやフォロワーさんや知ってる名前がゴロゴロしてるのでたぶん二次はムリだと思うのですが、ネットに戦場を移してから長編ではじめて予選通過できたといっても過言ではないので(たぶん)。それもたくさんの作品が公開されてるカクヨムで、自分の作品に注目してもらえるなんて驚くしかないよね、という(意味不明)。
 あとたぶん、現代部門でエントリーしたから通過できたんだと思う(ボソっ)。ファンタジー部門でも間違ってないと思うんだけど(パラレル現代が舞台のラブファンタジー←この時点で意味不明)、架空の世界が舞台でも現代でよかったらしい……そうか(汗)。

 説明しづらい話しだし、舞台は北海道にある架空の街だし、少女向けと銘打っているものの少年向けラノベの影響受けてる話だし(オイ)、「蛇と桜~」以上に中二病炸裂してる話だけど、自分が書いてきた作品のなかではアクションシーンが多くて映像があたまのなかに浮かぶというか、絵になりやすい物語だったりします。R15程度のレーティングなのでエロはないけど目玉を抉ったり死体が出てきたりそれなりの残酷描写もあります。が、純愛も描いているつもりだし、三人のヒロインどの子も可愛いので(ここにきて親ばか発言)、刺さる読者さんには刺さる作品だと思います(なんかこんなんばっかりだな)!
 そんなわけでありがとうございます、さいきんR18ばっかり書いてたけど、ビーズログとの相性は未だにいいみたいです(選考通過するのこれが二度目なの、以前はえんため大賞ガールズノベルズ部門だったけど)。それにしても去年の秋の自分、何も考えないで応募タグつけてたよな……

 ちなみにカクヨムさんでは細雪さゆき名義になってますね。いちおうR18以外は細雪さゆき名義にしようと思っていたのですが、「たんぺん」をささゆき細雪名義で出しちゃったのでいまではもうどっちでもいいよって匙投げてます(酷い)。メクるでは「ささゆきさゆき」になってるしfujossyは「佐々迪記(さっさゆうき)」だし。
 このあたりも落ち着いたら統一していきたいなぁと思いつつ、まぁしばらくはこんな感じで好き勝手書いていきます。

 そろそろツイッターの固定ツイやホームページの小説紹介ページも変えていきたいな。だけど執筆もしたいし読書もしたい……!
 自分はまだまだ戦えるゾ、そう思わせてくれた吉報でした。
2019_07
16
(Tue)14:59

夏休みはすぐそこに

 ごきげんようです、明日で小学校の給食がおわってしまうという現実に震えている梅雨の昼間でございます。
 今週末で一学期ほんとに終わっちゃうのだね。雨が多かったり寒かったりでぜんぜんプールの授業ができてないと子どもたち騒いでるけど。
 三連休中は案の定何もできませんでした(汗)。あ、でもほーちゃんがけーちゃんをお風呂に入れてくれたの。お姉ちゃん偉いわ。

 ちなみに夏休みに入ったらさらに何もできなくなると思います(涙)。
 まぁ、毎年のことですけどね……

 昨日読んだ本「眠りの森のドクターは堅物魔女を恋に堕とす」
 はじめてLUNA文庫(電子書籍)読みました。ツイッターで感想ツイすると本がもらえるかもしれない企画の対象本になっていた(ついでに積読本になっていた)ので読みました(逃)。
 タイトルはおどろおどろしい感じだけど、物語はとても王道な現代TLです。ヒロイン可愛いしヒーローカッコいいし(執刀シーンが良い)。デートシーンもキュンとしました。あと、当て馬役の姫子さんが悪役らしい悪役で(笑)。さらりと読めるけど素敵なお話でした。

 創作的小話。
 先週の金曜日でひとまず終了したムーンさんでのラブホアンソロ。今回「正しいアヤマチのおかし方」と、「劇薬博士の溺愛処方」の七夕番外編でルナティックラブを登場させたのでした。「劇薬博士~」の方は便乗商法です(笑)。
 その「アヤマチ」ですが、珍しく日間完結済ランキングで10位に滑り込むことができました(日間総合じゃないところがミソ)。自分の作品はランキングとはほとんど無縁だったので(約一作品除く)久々に見られて驚いてました(もちろん嬉しいよ)。
 なによりたくさんの読了ツイありがとうございました! こういうときじゃないとエゴサしない臆病者なので(笑)、また企画があったらちょこちょこ参加できたらいいなと思います~。

 連休中はエディタの方で「恋愛麻酔」の第三部を3000文字弱書き進めてますた。もうちょっと話数がまとめられそうならメクる・プチプリあたりで連載再開できるかな(ただし夏休み中は動けないため早くても九月入ってから?)。転院した先はいろんな意味でヤバかった、という話(何)。ようやくRっぽいシーンもでてくるかな(仮)。
 ムーンさんのほうでは相変わらず第二章をマイペースに検索除外でこっそり気まぐれに更新中です。新着一覧からしか覗けない仕様なのでアクセス解析みても真っ白(笑)。落ち着いたら検索除外解除しますいつになるかわからないけど。

 夏休み入ったら毎度のことですが新作の公開はありませぬ。過去書き散らした短編をメクるやアルファポリスに掲載するくらいかな。二学期入ったら企画や公募に向けてあれこれ準備するつもりですが(仮)。
 そんなわけで夏のあいだの企画は読む側で参加してるかと(笑)。
 積読本もたくさんあるのでこつこつ読み進めたいのですがWeb連載もあちこち手出してるので(気まぐれに読了ツイあげてまふ)、夏休み中にすこしでも多くインプットできたらな、と思います。